テーマ展「愛媛の近代都市」開幕!

9月 20日 木曜日

15日からテーマ展「愛媛の近代都市~松山・今治・宇和島を中心に~」(~平成31年1月27日)が開幕しました。特別展「古地図で楽しむ伊予」(~11月25日)との同時開幕です。特別展が近世の絵図を中心に村の姿を紹介するのに対して、テーマ展は近代の地図を中心に都市の姿を紹介します。
明治21(1888)年、市制が公布され、人口25,000人以上を「市」としました。市長は市会が内務大臣に推薦した者から天皇が裁可しました。市は「郡」に属さず、郡と対等に位置付けられました。明治23(1890)年、郡制が公布され、郡に官選の郡長と郡会議員がおかれました。選任市長と官選郡長は、内務大臣の意向を反映した人事という意味で内務省の末端組織でした。ここに町村-郡市-知事-内務大臣という構造ができました。現在でも地方自治法で町村は郡に属すことになっており、一郡一町になっても郡は消滅しません。郡は行政単位としていきているのです。
本展では、郡制が廃止される大正12(1923)年までに市制を施行した松山市(明治22年施行)・今治市(大正9年施行)・宇和島市(翌年施行)を取り上げました。例えば「松山市全図」(大正2年)からは交通の発達、武家地の再編、連隊の駐屯、道後温泉や松山城の観光化を知ることができます。また、「今治港図絵」(昭和9年)からは繊維工業の発達に加え、四国初の開港場として物流の盛んな都市となった様子が伝わります。「宇和島市街地図」(昭和8年)からは内港や須賀川の浚渫・埋立・付替によって市街地を確保しつつ、商業や行政機能を発揮していった姿を垣間見ることができます。都市地図から松山・今治・宇和島が、近代化を模索した軌跡をたどることができます。吉田初三郎が描いた松山や宇和島の資料も拡大して展示しています。ぜひ、特別展に続きテーマもご覧ください。

展示室入口 


展示室風景


「松山市全図」  


「宇和島市街地図」

古地図 ぞくぞく列品中!

9月 14日 金曜日

特別展「古地図で楽しむ伊予」の列品作業が着々と進んでおります!

今回は大型絵図を展示するために

巨大なマグネット板を新しく作成しました。

マグネットで古地図を固定するので

資料への負担が少なく安全に展示することができます。

古地図は折りたたんで保管されているので

開いたときは折りシワが強いのが難点。

それを慎重に伸ばしながら固定してきますが

折り目も古地図の重要な歴史なのです。

古地図がどのように折りたたまれていたのか・・・

何枚の紙が継ぎ合わされてできているのか・・・

古地図の折り目や継ぎ目にも注目して、じっくりご覧下さい。

第48回空襲・戦災を記録する会全国連絡会議で共催展実施

9月 13日 木曜日

去る8月24~26日、愛媛大学において第48回空襲・戦災を記録する会全国連絡会議松山大会が行われました。戦後73年がたち、戦争体験者・空襲体験者は少なくなりました。この大会では、戦争の悲惨さと平和の尊さを後世に伝えるため、全国各地から空襲・戦災を調査・記録している団体が集い、調査研究や活動成果などの発表が行われました。
 当館でもこの大会において学芸員が記念講演を行うとともに、松山大会実行委員会との共催展を行いました。3人の学芸員が展示の準備を行い、当館が収蔵する(1)空襲関係資料(焼夷弾の殻、消火手砂弾、メガホン、鉄兜、防空カバーなど)、(2)戦時下の子ども資料(軍艦の文鎮、ヘイタイ双六、国民学校の通知表、勤労動員の写真、ドイツ国旗であるハーケンクロイツのボタンが施された子ども服など)、(3)国防婦人会の資料(たすき、千人針、日の丸の旗、共同作業の写真、出征兵士祈願祭の写真など)を展示しました。
 展示は2日間で、目立つ場所ではありませんでしたが、それでも大会参加者約50名の方々にご覧いただきました。全国の方々が交流される場所において、小規模でも実行委員会と共催展を開催できたことは、新たな博物館活動の展開につながるものと思いました。

展示会場の風景

秋の特別展 準備中!

9月 9日 日曜日

9月15日(土)から始まる

秋の特別展「古地図で楽しむ伊予」の準備がはじまりました!

今日は展示室一番奥の高さ約5メートルの壁面に大型出力で作製した

「元禄伊予国絵図」「元禄伊予国絵図(宇和郡)」を

貼るという作業をおこないました。

「元禄伊予国絵図」は実物の約70%のサイズで

「元禄伊予国絵図(宇和郡)」は原寸大で作製しております。

写真は「元禄伊予国絵図(宇和郡)」を貼っているところ!

4分割で出力したものを慎重につなぎ合わせます。

なるべくシワがでないように調整し

約4時間かけて2点の古地図が完成しました!

人と比べるとこんなに大きいのです。

大迫力間違い有りません!

上の方は肉眼だとどうしても見にくくなりますので

双眼鏡やオペラグラスのご持参をオススメいたします。

ぜひ、江戸時代の伊予国の様子を間近にご覧ください。

また、テーマ展「愛媛の近代都市~松山・今治・宇和島を中心に~」も

9月15日よりはじまります!

お楽しみに!

特別展「古地図で楽しむ伊予」

テーマ展「愛媛の近代都市~松山・今治・宇和島を中心に~」

会期:9月15日(土)~11月25日(日)

関連講座は10月6日(土)から

関連イベントとワークショップは9月15日から始まります。

詳しくはHPをご覧下さい。

【参加者募集】内海清美先生ギャラリートーク

9月 6日 木曜日

弘法大師空海の生涯を紹介する歴博「密●空と海」。平成24年の開展から6年。9月15日(土)より空海の生涯の名場面を紹介する名場面展へと展示内容が一新されます。その展示のオープニングにあわせて、和紙彫塑家・ 内海清美氏に「密●空と海」の総合芸術としての魅力や制作に係るこぼれ話などを展示室内で内海氏本人による展示解説をしていただきます。 参加無料。事前申し込み不要です。

ギャラリートーク「和紙芸術による弘法大師空海の世界」

話し手:内海清美氏(和紙彫塑家)

日 時:平成30年9月15日[土]10:30~12:00

会場:新常設展示室

ギャラリートーク「奇想天外!お化け浮世絵を楽しむ」

8月 23日 木曜日

7月29日に予定していました特別展「夏の歴博 おばけ大集合」のギャラリートーク(講演会)。台風のため、延期になっていましたが、8月21日に開催することができました。

講師は、国際浮世絵学会常任理事の中右瑛先生。

平日午前中の開催にも関わらず、浮世絵ファン、博物館友の会会員など多くの方にご参加いただきました。

展示されている浮世絵一点一点に込められたストーリーをわかりやすく、面白く、裏話も交えながらのトークに、参加者も聞き入っていました。

この特別展「夏の歴博 おばけ大集合ー浮世絵にみる妖怪の世界ー」は、9月2日(日)までとなっています。会期終了も間近になってきました。妖怪、浮世絵にご興味のある方は、ぜひ、ご観覧ください。

中右先生によるギャラリートーク

紙芝居の上演(南予被災地支援事業)

8月 20日 月曜日

平成30年7月豪雨のため、南予地方、特に大洲市、西予市、宇和島市では地域行事や公共施設、機関でのイベント中止が相次いでいますが、西予市宇和町を中心とする住民ボランティアが発起人となって、子どもたちに夏休みの思い出をつくってもらおうと8月19日午後、卯之町の町並みにある池田屋の裏庭などで「虹の輪まつり」が開かれました。地元の飲食店などが屋台を出したり、水鉄砲などの昔ながらのゲーム、ライブ、マジックなどのショーも披露されました。愛媛県歴史文化博物館からは、現在開催中の特別展「夏の歴博 おばけ大集合!」にあわせて、おばけなどの昔話、伝説をテーマとしたさまざまな紙芝居を会場に持参し、参加した子どもたちに出張紙芝居(れきはく紙芝居)を楽しんでもらいました。

なお、この出張紙芝居に加えて浮世絵スライドショーを西予市野村町の子ども対象でも行う予定です。8月22日(水)9:30~12:00に、西予市民図書館野村分館にて開催します。対象は未就学児から小学生。参加無料です。クールシェアスポットとなっている野村図書館にて、紙芝居を楽しんでみませんか?

池田屋の蔵での紙芝居

平成30年度博物館実習の終了

8月 19日 日曜日

8月14日(火)~19日(日)の6日間で実施した30年度の博物館実習も無事に終了しました。

今年度、当館では8名の実習生を受け入れました。期間中に実習生は、歴史・考古分野の実物資料の整理を行い、特別展「夏の歴博 おばけ大集合‐浮世絵にみる妖怪の世界」の展示学習、平成30年7月豪雨による水損資料の整理補助、「教員のための博物館の日」やワークショップなどの各種イベントの受付・運営補助などに取り組みました。

博物館実習を通じて、博物館の裏側で学芸員による地道な資料収集・整理、調査・研究、展示などの活動の実態や、来館者への接客業務、博物館と人を結びつける普及活動の大切さを学ぶことができたのではないかと思います。実習生の皆さん、6日間お疲れ様でした。

歴史資料の整理

考古資料の整理

特別展の展示学習

「教員のための博物館の日」 準備

水損資料の整理作業

イベントの対応

「教員のための博物館の日 2018」開催報告

8月 18日 土曜日


8月17日(金)に今年も「教員のための博物館の日」を開催しました。参加者は小学校・聾学校・盲学校の教員、社会教育施設職員と様々な学校・職種の方にご参加いただきました。
10時~16時過ぎまでの長時間に亘り、貸出教材「れきハコ」を用いた実践講座やバックヤードの見学、各種体験講座など非常に内容の濃いものでしたが、参加いただいた方のアンケートには「教員が博物館の良さを体験する必要があると思いました。」や「実践された授業を紹介していただいたので、とてもわかりやすかったです。」という好感触のご意見が多数ありました。
この講座は、学校の先生方に博物館に足を運んでいただき、博物館のことをもっと知っていただく目的のものですが、また昨年とは違う「気づき」が担当した学芸員にもありました。






「縄文」好きの皆さまへ -特に「縄文女子」必見です!-

8月 16日 木曜日

最近、テレビや雑誌等で「縄文(JOMON)」と名の付くものをよくよく目にします。東京上野にある国立博物館でも「縄文-1万年の美の鼓動-」展が開催されており、国宝や重要文化財をはじめ、全国の遺跡で出土した名だたる資料が並んでおり、改めて縄文人たちの高度な技術や、その美意識の高さに驚きます。
このように巷では、「縄文」がブームのようですが、何を隠そう当館でも縄文時代に関するテーマ展を開催中です。そのタイトルは、ジャ!ジャン!!「縄文時代の精神文化-心のよりどころ-」。なんだか少し硬いタイトル(T_T)ではありますが、この展示では、縄文人たちが「心」のよりどころにしていたと考えられる資料を、県内全域より集めて展示しています。

現在考古展示室で開催中のテーマ展を、縄文女子の私が案内しますね。顔は弥生顔ですが…(本人談)


例えばその展示資料には、まつりや祈りに使っていた土偶(足だけですが…)や石棒をはじめ、縄文女性が身に付けていた耳飾りやペンダント、亡くなった子どもを埋葬する際に用いた土器、十字形や円盤形をした用途不明な石器など、その数は約200点。なかでも必見なのは、国史跡・上黒岩岩陰遺跡(久万高原町)で出土した鹿角製の耳飾り、これは現在、日本列島最古の耳飾りとして位置づけられています。

わぁ!これが全国的にも有名な上黒岩岩陰遺跡で出土した線刻礫!細い線で長い髪や乳房が描かれているんだぁ。


また展示室内には、多種多様な土器パズル7個も用意しており、子どもさん逹にも楽しく学んでいただけると思います。
本展は9月3日(月)まで開催しておりますので、「縄文」好きの方はもちろん、そうでない方も、ぜひお見逃しなく。

ジャーン!これが縄文時代の女性たちが身に付けていた耳飾りで~す。


その耳飾りの1つ。約3,000年前のもので、松山市谷田Ⅱ遺跡から出土したそうです。


こんな感じで「耳たぶ」にあなをあけて身に付けていたのね。ちょっと痛そう。


ぜひ土器パズルにも挑戦してみてね。すごく楽しいよ!

Page 1 ⁄ 10712345102030...最後へ »