‘れきはく・今日の出来事’ カテゴリーのアーカイブ

浮世絵摺りに挑戦!

7月 22日 土曜日

7月15日から特別展「トリックアート 大江戸物語」が始まりました!

関連イベントとして、特別展会期中の土曜日に

「浮世絵摺りに挑戦!」が行われています。

 

今回摺るのは「六十余州名所図会 伊予西条」という浮世絵です。

「六十余州名所図会」は歌川広重が日本全国の名所を描いたシリーズで、

石鎚山の壮大な風景を愛媛の名所として描いています。

 

この浮世絵は五色摺りとなっているので、一色ずつ丁寧に摺っていきますよ!

薄い色から順番に重ねていきます。

まずは黄色のインクを、版木にのせます。

 

次ぎに紙をのせて、ずれないように気をつけながら摺ります。

 

黄色の次は、赤→緑→青→黒の順番で

同じように重ね摺りしていきます。

 

黒まで重ねたら、完成です!

 

一色だけだと、何を書いているのか分かりませんが

五色重ねることで綺麗な浮世絵が完成します。

江戸時代、大流行していた浮世絵が

どのようにして作られていたのか

実際に体験してみてください!

 

 

浮世絵摺りに挑戦!

日時:特別展会期中毎週土曜日 13:00~15:00

※8/11~8/15の夏休みイベント期間は除く

場所:エントランスホール

参加費:特別展もしくは共通観覧券が必要

 

特別展「トリックアート 大江戸物語」は9月3日(日)まで!

西予市宇和文化の里施設との連携

7月 19日 水曜日

7月15日(土)から、西予市宇和文化の里施設と歴博との相互割引を開始しました。歴博で、宇和文化の里施設(開明学校・宇和民具館)入館券をご提示いただくと、歴博の常設展・特別展・共通観覧券が団体割引料金となり、逆に歴博の観覧券を宇和民具館で見せていただくと、開明学校・宇和民具館の入館料が団体料金(50円引き)となるというものです。
西予市宇和文化の里とは、歴博が宇和にできた時から、いろいろと協力しあってきたところですが、お互いのお客様に、ついでだから少し周遊してみようかというきっかけとなって、のんびりと歴史や文化に触れあっていただければ幸いに思います。
歴博では、7月15日(土)から、夏の特別展「トリックアート大江戸物語」が始まっていますが、そのトリックアートの一つに桶の中を走って逃げる「桶泥棒」というのがあります。桶と言ってもプラスチック製の風呂桶くらいしか思い浮かばない方も多いと思いますが、ちょうど宇和民具館では、企画展「桶と樽のある暮らし」を開催しています。歴史のある宇和では、今も桶や樽を使っておられる醤油屋さんや酒屋さんがあり、桶を作っておられる職人さんもいらっしゃいます。宇和民具館の中にも、歴博のポスターがあって、しっかり宣伝していただいてました。
7月16日(日)には、今回の特別展の関連体験講座「江戸時代のくらしに学ぶ」が開催され、受講者の方々と一緒に、宇和民具館や末光家住宅など卯之町の町並み散策をしてきました。

館蔵品の鎧兜が大洲へ!

7月 16日 日曜日

資料の貸出作業が行われました。

今回貸出するのは、大洲藩主加藤家ゆかりの鎧兜3点。

大洲市立博物館の特別展「大洲のお殿様」(7/22~9/12)で展示されます!

では、貸出作業の様子をご紹介!

ますは貸し出す資料の状態を確認していきます。

鎧兜はパーツが多いのですが、隅々まで細かく確認しますよ!

そして、その様子は調書に記録しておきます。

確認作業が終われば、梱包作業へ。

「薄葉紙(うすようし)」という薄い和紙で

痛んでいる所や傷つきやすい所などをカバー。

胴体も、擦れて痛まないようにグルグル巻いて保護します。

最後は箱に入れ、隙間を埋めて動かないようにして 完成!!

兜も梱包していきます。

薄葉紙は包むだけではなく

クッションや紐としても活用されます。

薄葉紙、すごいんです!

今回貸出した資料は、大洲でご覧になれます。

ぜひ、大洲市立博物館に足をお運び下さい!

大洲市立博物館

特別展「大洲のお殿様」

平成29年7月22日(土)~9月10日(日)

ルー大柴さん「トリックアート大江戸物語」を体験!

7月 15日 土曜日

本日7月15日から歴博 夏の特別展「トリックアート大江戸物語」が始まりました。一番最初の入館者は、カップルのお二人。仲良く写真を撮られていました。
それから本日は午後から、「名水サミットin西予」が当館で開催され、そのゲストのルー大柴さんが午前中、打合せで先に来られて、特別展を見ていただきました。さすがに決めポーズもばっちりです。

ちょうど入館されていた子どもさんとも一緒にポーズ。最後は、スタッフと一緒に記念撮影。

「トリックアート大江戸物語」は、9月3日〔日〕まで。楽しい写真を撮りに、ぜひいらっしゃってください。スタッフ一同お待ちしております。

香川元太郎さん講演会「迷路はこんなにおもしろい」

5月 3日 水曜日

ゴールデン・ウィークも後半の5連休の初日。朝の高速道路下り線は、伊予インター手前2キロで渋滞が発生していました。最初は事故かと思ったのですが、明神山トンネルを出ると、あらフシギ! 普通に流れ出して、さっきの渋滞は何だったの? といった感じでした。
さて、歴博の特別展「迷路絵本 香川元太郎のフシギな世界」も、今日は香川元太郎さんご本人に来ていただいて講演会。講演会と言っても、子どもたちと一緒に「かくし絵」を見つけたり、迷路を解いてみたりといった形で進むのですが、頭が固くなってしまった大人と違って、子どもは難なく迷路をクリアしていき、本当にすごいなと感心しました。

松山市出身の香川さんの迷路の原点は、小さい頃、入りくんだ路地を通り抜けた体験。その後、松山城を皮切りにお城に興味を持つようになり、大学で美術を学んだ後、歴史考証イラストの世界へ。そして、息子さんにせがまれて描いた迷路が好評だったのにヒントを得て、「迷路絵本」の企画を思いつかれたそうです。
7月には、迷路絵本シリーズ最新作「おもちゃの迷路」がPHP研究所から出版予定で、ただ今、制作の真っ最中とか。
香川さんの講演会・サイン会は、明日5月4日(木)10:30からもあります。朝9:00からエントランスホール総合案内横で整理券を配布予定。原作者と一緒に迷路の楽しみ方を味わう、またとない機会ですので、ぜひご来館いただければ幸いです。

特別展「迷路絵本」ベビーカー内覧会

4月 22日 土曜日

4月22日(土)の特別展「迷路絵本 香川元太郎のフシギな世界」開幕に先立ち、21日(金)に未就学児連れの親子対象の「ベビーカー内覧会」が行われました。

ベビーカー内覧会には、10組、約30名の参加者があり、親子で迷路などに挑戦していただきました。

巨大な床迷路を、歩きながら解いて楽しんだり、

香川元太郎さんの迷路絵本をパネル化して、迷路、かくし絵、クイズにチャレンジ。

高さ240センチにひきのばした壁迷路で、かくし絵をさがしてみたり、

展示室全体が立体迷路風になっており、クイズに挑戦しながら、正解すれば次に進むことができる。

今回の展示は、かくし絵・迷路絵本作者で歴史考証イラスト画家の香川元太郎さん(松山市ご出身)の作品を体感できる内容になっています。

会期は4月22日(土)から6月25日(日)までとなっています。ぜひご来場下さい。

特別展「迷路絵本 香川元太郎のフシギ世界」の内容はコチラ
http://www.i-rekihaku.jp/exhibition/index.html#ehon

【設営中】特別展「迷路絵本 香川元太郎のフシギな世界」

4月 16日 日曜日

4月22日(土)開幕の特別展「迷路絵本 香川元太郎のフシギな世界」。

現在、展示室内の設営中です。

立体迷路風となる展示室内に、壁パネルを建てる作業がひと段落。

その壁面は、香川元太郎さんの迷路作品を大きく引き伸ばしています。

『物語の迷路』にでてくるガリバー旅行記。

展示担当者よりも、大きいガリバーのできあがりです。

これからクイズパネルや、原画作品を列品する予定です。

なお、開幕前日のベビーカー内覧会は現在、参加者募集中です。

日時:4月21日(金)10:30~17:00
定員:30組
観覧料:無料
※要事前予約〈お申し込み先〉愛媛県歴史文化博物館 TEL:0894-62-6222

桜の花もほころび始め、今日から新年度スタート!

4月 1日 土曜日

歴博にある桜のつぼみも、ようやく何輪か花が開き始めました。
子どもさんたちは春休み中ですが、テーマ展「おひなさま」は4月3日(月)まで。婚期が遅れないように? 月遅れの3日までで、しまわせていただきます。
好評開催中の特別展「はに坊と行く! えひめの古墳探訪」も、来週4月9日(日)まで。まだご覧になられていない方は、ぜひご来館いただき、ハンドブックサイズの展示図録をお買い求めいただいて、花見がてら子どもさんたちと一緒に、近くの古墳を訪れてみられるというのはいかがでしょうか?

ところで、考古展示室では、「久万高原町発掘50年の足跡」が、3月末から始まっています。久万高原町の遺跡と言えば、昭和36年に発見された「上黒岩岩陰遺跡」が全国的にも有名ですが、歴博にも出土品の一部を収蔵しており、このほど資料目録「久万高原町上黒岩岩陰遺跡出土遺物」として、まとめさせていただいたところです。
展示では、上黒岩岩陰遺跡の発掘・調査研究のあゆみと当館収蔵資料、それに近年調査が進められている「上黒岩第二岩陰遺跡」、さらには高知県境の高地にある珍しい弥生遺跡「猿楽遺跡」などについてもパネル展示をしています。

今日から新年度がスタートです。4月1日付の人事異動で転入が2人、新規採用が1人、臨時職員や指定管理者側のスタッフも5人ほど入れ替わって、気分も新たに、お客様をお迎えする体制が整いました。春休みの一日、歴博でのんびりと過ごされるというのはいかがでしょうか? 皆様のご来館をスタッフ一同お待ちしております。

特別展関連講座のご報告

3月 14日 火曜日

特別展「はに坊と行く!えひめの古墳探訪」は好評開催中ですが、関連講座の結果についてご報告します。

3月12(日)には体験学習講座「東予の古墳探訪」を行いました。参加者約30名。今回写真展示をしている今治市妙見山1号墳、同野々瀬古墳群を現地で見学いただくとともに、出土品を展示している同相の谷1号墳を見学していただきました。また、車窓からの見学になりますが、西条市天神古墳群の近くを通るルートで実施しました。参加者には5歳から80代の方までおられ、展示室では体験することができない古墳探訪の魅力を感じていただいたことと思います。

3月4日(土)には考古講座「えひめの埴輪を探る!」(講師:山内英樹氏)を開催しました。参加者約30名。これまでの研究成果をわかりやすく解説していただきました。受講者には小学生の姿もありました。

2月18日(土)には考古講座「特別展「はに坊と行く!えひめの古墳探訪のみどころ」」を開催しました。参加者約50名。今回の展示の趣旨・開催経緯・みどころを簡単に紹介しました。講座終了後には展示解説も実施しました。

講座にご参加いただいたみなさんにお礼申し上げます。
3月26日(日)13:30から展示解説も実施します。是非ご参加ください。特別展は4月9日(日)までです。皆様のご来館をお待ちしております。

「古墳探訪」してきました

3月 10日 金曜日

歴博では、現在、特別展「はに坊と行く! えひめの古墳探訪」を開催中ですが、昨日、特別展関連企画「ヘルシー歴史ウォーク笠置峠を歩こう」に参加してきました。

まず、我々が向かったのは、JR伊予石城駅の北東にある「岩木赤坂古墳」。古墳時代中期、5世紀後半の古墳で、道路拡幅工事にあわせて20年前に一部だけ発掘調査が行われたということだそうですが、前方後円墳の可能性もあるということです。ここで採集された鉄製の甲冑の破片(写真)が、現在、歴博で展示されていますが、なんと畿内で製作されたのと同じものだということで、当時からモノも人も、かなり広範囲に動いていたようです。

次に、白壁の土蔵のある立派な古民家の多い集落内を通って、山に入ったところにある「河内奥ナルタキ古墳群」へ。ここは、古墳時代後期、6世紀後半から7世紀の古墳で、まるい形をした円墳が2つ残っており、手前の円墳の横穴式石室の中には入ることができます。中は、大きな石をきちんと積んで壁にし、結構広い空間となっていました。

続いて、奈良~平安の時期の寺院跡と考えられている「西ノ前遺跡」の横を通って、笠置街道登り口へ。この岩木地区は、古代南予の中心で、「宇和郡」の役所も置かれていたのではないかということです。
笠置街道は、八幡浜と宇和平野を結ぶ道で、シーボルトの娘イネも、この道を通って宇和に来たと言われています。また、九州方面などから来るお遍路さんも、この道を通ったようで、道の傍らには遍路墓も残っています。また、草花の隣には、地元のボランティアの方の手作りの解説板があり、案内標識も随所にあって迷うことなく、約50分で標高400mの峠の茶屋に到着。
峠には、お地蔵さまがあり、台座には、あげし(明石寺)二里十丁、いずし(出石寺)五里、やわたはま(八幡浜)二里という文字が見えます。

さあ目指す「笠置峠古墳」は、もう少し。この古墳は、四国の西南部では一番古いもので、4世紀の初め頃につくられたということです。古墳の上からの見晴らしは抜群で、宇和平野が眼下に見下ろされ、佐田岬半島もはっきり望めます。墳丘には、遺体が納められていた「石槨」が復元され、その周りには、地元の住民の方も手伝って「葺石」が積まれています。

この日は、風が強かったので、古墳の下の風の当たらないベンチの周辺で昼食をとり、再び笠置街道を釜倉(八幡浜市)まで下りました。かなり急な下り坂でしたが、落ち葉がうまくクッションとなり、20分ほどで全員無事、完歩することができました。

今回の特別展は、県民の皆様に、県内の古墳を訪れて楽しんでもらうためのきっかけとなればという趣旨ですので、ぜひご覧になっていただき、今回の特別展にあわせて制作した図録を片手に、気候もよくなっていますので、近くの古墳を探訪していただければ幸いです。

Page 1 ⁄ 131234510...最後へ »