‘れきはく・今日の出来事’ カテゴリーのアーカイブ

ギャラリートーク「奇想天外!お化け浮世絵を楽しむ」

8月 23日 木曜日

7月29日に予定していました特別展「夏の歴博 おばけ大集合」のギャラリートーク(講演会)。台風のため、延期になっていましたが、8月21日に開催することができました。

講師は、国際浮世絵学会常任理事の中右瑛先生。

平日午前中の開催にも関わらず、浮世絵ファン、博物館友の会会員など多くの方にご参加いただきました。

展示されている浮世絵一点一点に込められたストーリーをわかりやすく、面白く、裏話も交えながらのトークに、参加者も聞き入っていました。

この特別展「夏の歴博 おばけ大集合ー浮世絵にみる妖怪の世界ー」は、9月2日(日)までとなっています。会期終了も間近になってきました。妖怪、浮世絵にご興味のある方は、ぜひ、ご観覧ください。

中右先生によるギャラリートーク

紙芝居の上演(南予被災地支援事業)

8月 20日 月曜日

平成30年7月豪雨のため、南予地方、特に大洲市、西予市、宇和島市では地域行事や公共施設、機関でのイベント中止が相次いでいますが、西予市宇和町を中心とする住民ボランティアが発起人となって、子どもたちに夏休みの思い出をつくってもらおうと8月19日午後、卯之町の町並みにある池田屋の裏庭などで「虹の輪まつり」が開かれました。地元の飲食店などが屋台を出したり、水鉄砲などの昔ながらのゲーム、ライブ、マジックなどのショーも披露されました。愛媛県歴史文化博物館からは、現在開催中の特別展「夏の歴博 おばけ大集合!」にあわせて、おばけなどの昔話、伝説をテーマとしたさまざまな紙芝居を会場に持参し、参加した子どもたちに出張紙芝居(れきはく紙芝居)を楽しんでもらいました。

なお、この出張紙芝居に加えて浮世絵スライドショーを西予市野村町の子ども対象でも行う予定です。8月22日(水)9:30~12:00に、西予市民図書館野村分館にて開催します。対象は未就学児から小学生。参加無料です。クールシェアスポットとなっている野村図書館にて、紙芝居を楽しんでみませんか?

池田屋の蔵での紙芝居

平成30年度博物館実習の終了

8月 19日 日曜日

8月14日(火)~19日(日)の6日間で実施した30年度の博物館実習も無事に終了しました。

今年度、当館では8名の実習生を受け入れました。期間中に実習生は、歴史・考古分野の実物資料の整理を行い、特別展「夏の歴博 おばけ大集合‐浮世絵にみる妖怪の世界」の展示学習、平成30年7月豪雨による水損資料の整理補助、「教員のための博物館の日」やワークショップなどの各種イベントの受付・運営補助などに取り組みました。

博物館実習を通じて、博物館の裏側で学芸員による地道な資料収集・整理、調査・研究、展示などの活動の実態や、来館者への接客業務、博物館と人を結びつける普及活動の大切さを学ぶことができたのではないかと思います。実習生の皆さん、6日間お疲れ様でした。

歴史資料の整理

考古資料の整理

特別展の展示学習

「教員のための博物館の日」 準備

水損資料の整理作業

イベントの対応

「教員のための博物館の日 2018」開催報告

8月 18日 土曜日


8月17日(金)に今年も「教員のための博物館の日」を開催しました。参加者は小学校・聾学校・盲学校の教員、社会教育施設職員と様々な学校・職種の方にご参加いただきました。
10時~16時過ぎまでの長時間に亘り、貸出教材「れきハコ」を用いた実践講座やバックヤードの見学、各種体験講座など非常に内容の濃いものでしたが、参加いただいた方のアンケートには「教員が博物館の良さを体験する必要があると思いました。」や「実践された授業を紹介していただいたので、とてもわかりやすかったです。」という好感触のご意見が多数ありました。
この講座は、学校の先生方に博物館に足を運んでいただき、博物館のことをもっと知っていただく目的のものですが、また昨年とは違う「気づき」が担当した学芸員にもありました。






【動画】NHK現地中継・特別展「夏の歴博・おばけ大集合!」

8月 2日 木曜日

7月31日(火)はNHK松山放送局の夕方ニュース「ひめポン!」で、
特別展「夏の歴博・おばけ大集合-浮世絵に見る妖怪の世界-」を取り上げていただきました。
現地(展示室)からの生中継。4択クイズも交えながらの展示紹介でした。
その動画は、9月2日までの会期中、以下のアドレスで公開されています。
展示室内の様子や、みどころが紹介されていますので、ぜひクリックして、ご覧ください。

NHK松山放送局「ひめポン!動画」

http://www.nhk.or.jp/matsuyama/himepon/movie/movie_180731-1.html

中間発表「OBK48~夏の妖怪・選抜総選挙~」

7月 31日 火曜日

現在、開催中の特別展「夏の歴博・おばけ大集合!―浮世絵にみる妖怪の世界―」の展示会場では、ご来場いただいたみなさまから、お気に入りの妖怪(おばけ)を選んだり、キャッチコピーをつけたりするイベント「OBK48~夏の妖怪・選抜総選挙~」を行っていますが、本日、7月31日付けで、その中間結果を発表します。

投票総数268票。その中で、現在、1位となったのは、歌川国芳「相馬の古内裏」に描かれた「大髑髏(おおどくろ)」。獲得票数は48票でした。



それに続くのが歌川芳藤「五拾三次之内 猫の怪」の「化け猫」。獲得票数は35票。

そこに「お菊」(24票)、「小町桜の精」(20票)と続いています。

月岡芳年「新形三十六怪撰 皿やしき於菊の霊」



月岡芳年「新形三十六怪撰 小町桜の精」

子どもから大人まで、浮世絵を、じっくり見る、観る試みとしての「OBK48」。

ぜひご来場いただき、気に入った妖怪(おばけ)を投票してみてください。

次回は8月のお盆頃に中間発表をする予定です。

「OBK48~夏の妖怪・選抜総選挙~」
 NO.1妖怪を目指す妖怪たちを君の力でプロデュースしよう!素敵なキャッチコピーを考えて推し妖怪をスターの道へ導こう!
投票数の多かったトップ7の妖怪を選出し、その妖怪に1番ふさわしいキャッチコピーを考えてくれた7名の方には歴博グッズや妖怪グッズをプレゼント!
途中経過はHPやブログで公開するので、チェックしよう!
■応募期間/平成30年7月14日[土]~9月2日[日]
■場所/愛媛県歴史文化博物館 企画展示室
■参加費/当日の特別展観覧券または共通観覧券が必要です。
■応募方法/展示室内にある投票コーナーでキャッチコピーを記入して投票。

トイレ使用可能(通常開館) 特別展「夏の歴博・お化け大集合!」も開幕!

7月 16日 月曜日

西予市宇和町にある愛媛県歴史文化博物館。

現在、当館は通常どおり開館しております。

周辺では断水が続いている地域もありますが、

博物館内は、トイレ使用可能です。

軽食のレストラン、ミュージアムショップも営業しています。

そして、ちょうど夏休み向けに、

子ども向けのワークショップも各種、取り揃えています。

7月17日は休館ですが、それ以降は夏休み期間無休となっています。

7月14日には、予定通り、特別展「夏の歴博・お化け大集合!-浮世絵にみる妖怪の世界-」が開幕しました。

浮世絵の世界を、子どもから大人まで楽しみながら観覧できる企画も行っています。

●「OBK48~夏の妖怪・選抜総選挙~」
NO.1妖怪を目指す妖怪たちを君の力でプロデュースしよう!素敵なキャッチコピーを考えて推し妖怪をスターの道へ導こう!投票数の多かったトップ7の妖怪を選出し、その妖怪に1番ふさわしいキャッチコピーを考えてくれた7名の方には歴博グッズや妖怪グッズをプレゼント!途中経過はHPやブログで公開するので、チェックしよう!
■応募期間/平成30年7月14日[土]~9月2日[日]
■場所/愛媛県歴史文化博物館 企画展示室
■参加費/当日の特別展観覧券または共通観覧券が必要です。
■応募方法/展示室内にある投票コーナーでキャッチコピーを記入して投票。

●「夏の歴博・妖怪クロスワード!」
展示室に潜む妖怪を探しながらクイズに答えて1つの言葉を導き出そう!
■開催期間/特別展会期中は毎日(休館日を除く) 9:00~17:30(シート配布は17:00まで)

この夏、ぜひ、西予市宇和町の愛媛県歴史文化博物館にお越しください。

水損資料レスキューワークショップ

6月 27日 水曜日

6月24日の体験講座「災害にあった文化財―水損資料―を救う」で
水損資料レスキューのワークショップを行いました。

災害にあった文化財について話したあと、
資料の水洗いと乾燥の方法を体験していただきました。
今回使用した資料は、襖の裏貼り文書、写真、冊子です。

資料の水洗いは「フローティング・ボード法」という方法で行います。
これは、水に浮かべた発泡スチロールの板に不織布で挟んだ資料を乗せて洗う方法です。
一枚物の紙資料なら効率よく洗うことができます。

乾燥は「エア・ストリーム法」を用いました。
この方法は、段ボールと吸水紙で資料の水分を抜き、扇風機の風で乾燥させる方法です。
フラットな状態でプレスしながら乾燥させるので、資料に変な乾燥シワができるのを防ぎ、一度に大量の資料を処理できるのが特徴です。

参加者方に好評だったのが、写真の洗浄でした。
写真は古文書などよりも、参加者の方に身近な資料だったので、レスキューの実感があったようです。
今回は学芸員が仕込んだ、水損風の汚れた写真を洗っていただきました。

写真はほとんどの方が所有しており、大切な思い出の品です。
被災地で写真をレスキューするということは、被災された方の心の支えにも繋がることだと思います。

水洗いするとどうしても多少の色落ちはありますが、きれいになります。
泥だらけになってしまっても、救えるものがたくさんある!
ということを、多くの方に知っていただければと思います。

ふすまはがし!

4月 20日 金曜日

今月のボランティア資料整理は「ふすまがはし」をおこないました。
「ふすまはがし」とは、古いふすまの下張りに使用されている古文書を剥ぐ作業をいいます。
今回使用したふすまは、旧川舞村(八幡浜市五反田)の郡役所支所跡地から回収したものの1枚です。すでに表層の一部がはがれ、下張りの古文書が確認できる状態でした。

ふすまに水を吸い込ませ、糊をふやかしながら1枚1枚はがしていきます。
下張りは何層にもなっていて、途中の層からは山水画や墨書なども現れました。

どうにかすべての裏貼り文書をはがすことができました。
今回はがした裏貼り文書は、
6月24日の体験講座「災害にあった文化財―水損紙資料―を救う」において
水損資料レスキューワークショップの水洗いと乾燥で使用いたします。
興味関心のあるかたはぜひご応募ください!詳細は歴博HPをご覧ください。

歴博の桜も満開!

3月 30日 金曜日

歴博に上る坂にある桜もほぼ満開。校歌に「桜が丘」と出てくる宇和高校のしだれ桜もきれいです。
「花嵐」の言葉もあるように、桜が咲くと、雨や風の日が多くて、花の命は短くてというのがふつうですが、今年はずっと晴天。今週末も天気はよさそうです。花見がてら、出かけてみませんか?
そして、歴博の駐車場に入ると、何やら紅い色が目に入りました。なんと、まだ3月だというのに、サツキの花が満開。このところの初夏のような陽気につられたのでしょうか?

さて、現在の歴博の展示は、4月8日(日)まで、特別展「研究最前線 四国遍路と愛媛の霊場」とテーマ展「おひなさま」です。まだ、ご覧になっていない方はぜひ。

また、先週から考古展示室で、テーマ展「縄文時代の精神文化」が始まっています。「縄文のビーナス」と呼ばれる上黒岩岩陰遺跡の線刻礫や、いろいろな種類の耳飾りが展示されています。

さて、私事ながら「ojyamamushi」は、本日をもって消えます。アナザースカイの下で、歴博の発展を祈りつつ。引き続き歴博をご愛顧たまわりますようお願い申し上げます。

Page 3 ⁄ 181234510...最後へ »