‘館蔵資料紹介’ カテゴリーのアーカイブ

民俗展示室にこいのぼり

4月 14日 土曜日

ゴールデンウィークが少しずつ近づいている某日、民俗展示室に恒例のこいのぼりが登場しました。

この真鯉(黒い鯉)と緋鯉のこいのぼりは、若松旗店(八幡浜市)が製作したもの。昭和25年頃に、今では珍しくなった手描きでつくられています。

民家をバックにおもしろそうに泳いでいる博物館のこいのぼりをぜひ見にきてください。

中国四国名所旧跡図38 八坂八浜

4月 2日 月曜日

遍路道の難所を「遍路ころがし」というが、牟岐浦(牟岐町)を過ぎたあたりから始まる八坂八浜も「遍路ころがし」の一つであった。浅川(海陽町)にかけての約8キロメートルに及ぶ海岸は、岩礁と砂浜が交互に続く風光明媚な景観で、一つ坂を越えるたびに、その景観は表情を変えていった。

西丈の絵には「サハセ村」の文字があるので、八坂八浜の中間の辺りに位置する鯖瀬からの風景を描いたものであろう。複雑な海岸線とともに、馬を連れて歩く馬子の姿を描き込んでいるが、弘法大師伝説の一つ、鯖大師の話しを意識してのことであろう。

四国を巡っていた弘法大師空海がここを歩いていると、鯖を積んだ馬をひく馬子が通りかかった。大師がその鯖の一尾を所望したところ口汚く断られてしまう。その直後、馬が腹痛をおこして立ち往生すると、これに驚いて、僧は大師に違いないと詫びて鯖を献上する。大師は加持水を馬に与えると、馬はたちまち元気になったという。西丈はこの伝説を下敷きにして、八坂八浜の絵に馬子とともに、弘法大師をイメージした赤い着物を着た僧侶を描き込んだのではなかろうか。

文化元(1804)年5月22日の晩、牟岐浦の手前、辺川に宿泊した英仙は、翌23日に八坂八浜を歩いている。「海南四州紀行」は、その模様を次のように記している。

牟岐浦から八坂八浜に入る。牟岐浦の出口には、餅屋宗七という店があり、花餅饅頭を売っていたので、ここで休んだ。牟岐浦辺りから海の浪が荒く打ち付けている。土佐から鰹の腸を売りに来ており、耐えがたいほどのにおいがした。
一つ目の坂を登ると、峠の右側にここから東寺まで21里という道標があった。四つ目の坂の左側に草庵があり、「行基葊」という表札が懸かっていた。そこの歌に「大坂ヤ八坂々中鯖一ツクレデナンヂカ馬ノハラ病(息)メ」とあった。鯖瀬村という所である。七つ目の坂の手前、阿波の浦の松屋與八で昼食をとった。香の物と上等のお茶でもてなされた。また、脚気の薬も施された。

八坂八浜に入る最初の牟岐浦には、饅頭屋さんがあったようである。ここで小休憩して、腹ごしらえをして歩いたのだろう。4つめの坂の左側にあったとされる草庵は、本尊行基菩薩を祀った鯖瀬庵(鯖大師)である。馬子とやりとりしたのは、弘法大師ではなくて、行基とする話も伝わっている。

西丈は絵の余白に、「八坂かさかなかさハ一つきよき(行基)にくれてむまの原やむ」と書き付けているが、『海南四州紀行』の鯖瀬庵で紹介されている歌と瓜二つになっている。鯖大師にまつわる歌は他にも残っているが、旅人がそれぞれのアレンジを加えながら、似たような歌が今に伝わっているのだろう。

中国四国名所旧跡図37 阿波国月衣村御水庵セツタイ

3月 28日 水曜日

右上に記された絵のタイトルには「月衣村」とあるが、「月夜村」の書き間違いと思われる。22番平等寺から南に3キロメートル行ったところにあった月夜村の御水庵を西丈は描いている。

昔、弘法大師がここに野宿しようと石の上に座り、手を洗おうとしたが水がない。そこで山の岸を杖で突いたところ、清らかな水が湧き出たという伝説の地に御水庵は建っている。また、大師は不思議に思い水が湧く所を掘っていたところ、水底に一つの石を見つけた。その石に薬師像を彫ろうとした時に、西山にかかっていた三日月が沈もうとしていた。そこで大師が今少しと祈ると、三日月は元に戻り薬師像を刻むことができた。月夜村の名前の由来である。

西丈の絵には、左側に大きな杉の木が描かれているが、この木は阿南市の天然記念物として現在も残っている。江戸時代の記録には、庵の前に大師の腰掛石(座禅石)があるとしているが、右下の注連縄が張られた平たい岩が腰掛石であろうか。庵の前に2人の旅人が腰掛けているのも、御水庵にまつわる大師伝説を意識してのことであろうか。境内には草葺きの曲り家が描かれているが、御水庵について、松浦武四郎は「止宿セるによし」と記しているので、遍路に宿を提供していたものと思われる。

中国四国名所旧跡図は、4月8日(日)まで開催中の特別展「研究最前線 四国遍路と愛媛の霊場」に展示中です。

中国四国名所旧跡図36 阿州太龍寺岩谷図(龍の岩屋)

3月 24日 土曜日

慈眼寺で「海内無双の霊場」を体感した西丈は、来た道を横瀬村(徳島県勝浦町)まで戻り、18丁(約1.9キロメートル)の坂を登って20番鶴林寺を参詣。それから那賀川を舟で渡り、家が4、5軒だけあった若杉村から再び20丁(約2.2キロメートル)の坂を登ると、21番太龍寺に辿り着いた。阿波では「一に焼山、二にお鶴、三に太龍」といわれており、いずれの坂も「へんろころがし」とされる難所であった。

太龍寺を訪れた西丈は、ここでも札所に関心が向かわず、さらに奧の院へと足を伸ばしている。そこは女人禁制とされており、文化6(1809)年に四国遍路の旅を行った京都の商人升屋徳兵衛一行は、ここに残る女性1人に荷物を預けて、3人で奧の院へと向かっている。女性の夫の病気快復を祈願しての旅であった。

太龍寺の奧の院へは30丁ほど(約3.2キロメートル)で、何度も道を折れ曲がりながら下りていく。老樹が鬱蒼としており、日光も通さない「四国第一の閑地」とされる場所に、弘法大師空海が法力により龍を封じ籠めたという、龍の岩屋がぽっかりと口を開けていた。

承応2(1653)年に遍路を行った京都智積院の僧澄禅も、同行衆8人で話し合って太龍寺で引導僧を白銀2銭目で雇い、松明を手に龍の岩屋を訪れている。天保4(1833)年の松浦武四郎の時代になると、岩屋の前に大師像と不動尊を安置した庵ができており、そこで12文払って案内人を頼み、やはり松明を灯しながら岩屋に入っている。

西丈が描いているのも、まさにそうした場面である。龍の岩屋の入口は「高さ六尺、巾二尺余」とあるので、高さ180センチに幅がわずかに60センチほど。煙管をふかしている荷物番を残して、その狭い入口から次々に人が入っていく様子が描かれている。

残念ながら西丈は、龍の岩屋内部のスケッチを遺していない。その代わりに、先の京都の商人升屋徳兵衛の旅日記別冊にその様子が詳しく記されている。その記述に導かれながら、内部の様子を紹介する。

升屋一行も案内人を頼み、松明ではなく一人ずつ蝋燭を手に持ち、岩屋へと入っている。中は水が流れて河のようになっており、水の響きが「いかづち」のように聞こえた。地上と違い猿一匹もいない淋しさで、肝にこたえた。ホラ貝石、砂付石、はかい石、御はた岩、獅子岩、太鼓岩、龍見帰石、大師腰懸岩と鍾乳石が続く。龍の背割岩もあったが、それはまさしく龍の鱗のように見えた。そこを通るには、身を横たえて7、8間(約13~14メートル)ほど進まなければならず、水に濡れてしまった。その先には2尺余りの黄金不動尊やいろいろな仏像があった。千畳敷という所は、天井が白い岩、地が鼠色の岩になっており、20間(約36メートル)四方ほどの広さがあった。五つの梯子のほか、所々に三脚も架かっており、寒い日に行く事は叶わない。穴龍といって、注連縄を張っている所もあった。見事な岩屋であったが、恐ろしい所でもあった。

西丈は普通の遍路が訪れる札所以外に、修行者が行くような所にも足を伸ばし、絵を描いている。龍の岩屋は消滅して現存しないだけに、西丈の残した絵は、かつての番外札所の姿を今に伝える貴重な史料といえる。

中国四国名所旧跡図は、4月8日(日)まで開催中の特別展「研究最前線 四国遍路と愛媛の霊場」に展示中です。

中国四国名所旧跡図35 阿州灌頂寺(慈眼寺)穴禅定

11月 30日 木曜日

20番札所鶴林寺の奧の院、慈眼寺の本堂からさらに600メートルほど奥山に入って行くと、観音堂と3間四方ばかりの浅い池中に弁天社の小さな祠があった。その背後には、所々に穴が開いた石灰岩質の岩山。西丈は『四国遍路道指南』が「ふしぎの峰」と記すこの奇怪な景観をダイナミックに表現している。

岩山を少し登った所には、細長い亀裂型の鍾乳洞が口を開けている。その開口部に行くには、そのままでは滑って登れないので、梯子がかけてあり、21段あがると辿り着くことができた。そして、そこからさらにもう一つの梯子を16段上が上がった所に小さな岩穴があり、蔵王権現を祀っていた。このあたりの岩は「皆石鍾乳に而白し」と記す旅日記もあるが、西丈の絵はそうした岩の質感もとらえている。

この鍾乳洞に入るのも修行の一つであった。貞享4(1687)年刊行の『四国遍路道指南』では「俗胎内くゞりといふ」とあるが、江戸時代中期の旅日記からは、修験道で高い山に登って行う修行である「禅定」の文字が使われるようになる。西丈も絵の脇に、現在も使われている「穴禅定」の文字を記している。

穴禅定に入る時には、慈眼寺から案内人が付き、寺で借りた白い帷子を着て入った。中は暗闇なので松明を灯したが、天保頃の松明代は1人前55文であった。地理学者として知られる古川古松軒の宝暦14(1764)年の「四国道之記」には、「岩穴の中へ数百歩入る事有り、必ず入るべからず」と記されている。実際に中に入った古松軒は、「中途より穴数も多く殊の外狭き難所ありて、大ひにこまることなり」と後悔したようで、その恐怖からかこの穴の中で亡くなった者もいたと記している。しかし、好奇心旺盛の西丈はもちろん岩穴に入ったようで、内部の様子をもう一枚のスケッチに遺している。

洞窟は、龍がのたうつように奥へ奥ヘと続いていく。その長さは、記録により21間、30間余り、34,5間と様々に記されているが、40~60メートルほどであろうか。松明を灯した案内の先達に随い、狭い所では身を左に右にしながらくぐり抜けていく。

西丈は洞窟内に様々な形状のものを描いているが、記録と一致しそうなのは、法螺貝、大師袈裟掛の石(仏旙に似たるもの数條垂下するもの)、両界曼荼羅、錫杖、三尊の阿弥陀如来、普賢菩薩、不動明王あたりであろうか。一番奧に「灌頂座」とあるが、これは弘法大師が護摩の秘法を修行したと伝えられる護摩檀のことであろう。行き詰まった所の8畳ぐらいの広さの空間に、自然石でできた護摩檀があり、戸帳石、花立、花皿、三重塔などがあったという。その手前に蛇が見えるのは、弘法大師が護摩により得度させたという大蛇と思われる。松明のわずかな明かりの中で見出した自然の奇蹟を、西丈はそのイメージのまま一気呵成に描き出している。

松浦武四郎は、鶴林寺奧の院を「海内無双の霊場」と記しているが、西丈も同じような感慨を持ったのか、この一帯だけで4枚のスケッチを描き残している。

中国四国名所旧跡図34 阿州鶴ノ奧之院灌頂寺(慈眼寺)

10月 5日 木曜日

灌頂ヶ滝を谷越しに見ることができる場所には、不動堂があった。西丈が描く絵にも、前の道沿いに小さな建物が描かれているので、これが不動堂であろう。46番浄瑠璃寺から遍路に出た英仙本明の「海南四州紀行」には、灌頂ケ滝の箇所に「此方ニ堂アリ、茅屋疏ナリ、一間半ニ二間不動木像坐ス」と記している。そこから少し登って橋を渡り、くねくね曲がる道を一丁ごとに設けられた丁石を辿るように800メートルほど登って行くと、20番鶴林寺の奧の院、慈眼寺に到着する。西丈は慈眼寺のことを、灌頂ケ滝に因んで灌頂寺と記している。

石灰岩質の奇怪な岩を背景に、曲り家の草屋が2棟。文化元(1804)年の「海南四州紀行」は、「寺鍵作、茅屋麗ナリ」と記すが、鍵作とは曲り家のことをいうので、西丈の絵と一致する。そのうちの左側の1棟に向かい、袈裟を着た僧侶と随者が歩いている。草屋には、山から樋を伝って水を引いていた様子も描かれている。おそらく左側が本堂と思われるが、そこには本尊の大師作とされる十一面観音、不動尊が安置されていた。人里離れた山中のためか、松浦武四郎の「四国遍路道中雑誌」には、「行暮候節は止宿をゆるす」と記されている。

中国四国名所旧跡図33 阿州灌頂瀧

9月 14日 木曜日

西丈は正規の札所よりも、そこから少し外れた奧之院や番外霊場を好んだのか、そうした所にも積極的に足を伸ばしている。19番札所立江寺を参拝した後も、20番札所の鶴林寺には直接行かず、奧之院の慈眼寺に向かっている。谷川に沿って歩き、山に入っていくと、谷を隔てた向こうに雄大な滝が西丈を迎えた。灌頂ヶ滝である。

勝浦川の支流、藤谷川の上流部にあり、落差約80メートル。付近は古生界の泥岩のほか、塩基性海底火山噴出物と石灰岩が分布しているが、西丈は墨をにじませながら、滝周辺の岩肌を巧みに表現している。このモノトーンの色調の中に、赤く燃え上がる火の玉。滝の半ばに浮かんで見える火の玉の正体は?

灌頂ヶ滝は、四国山地東部の旭ヶ丸(1020m)を中心とする山なみ南面の水を集めて落下しているが、滝の半ばで岩に当たり霧散するため、晴天で風が吹くと虹となって輝いた。この虹を人々は「不動尊のご来迎」と称して拝んでいた。西丈は左下に「不動御朱光」と記しており、不動尊を虹ではなく、赤い光の中に見出している。元禄2(1689)年刊の『四国遍礼霊場記』には、「天晴日移る時火焔たち、此時不動明王降臨あり、故に不動の滝ともいふ」と記す。西丈はまさしくこのイメージで灌頂ヶ滝を描いている。

西丈は滝に感動したのか、和歌を書き留めている。

くわん頂の瀧に旭かさせはとそ不動表われもおなし灌頂
朝にさす影に不動も行水のあまりに我も垢をそゝかん

また、あわせて「栗林子猷」という人物の句も書き留めている。

焔なる汗を灌ん瀧の水

中国四国名所旧跡図32 阿州長尾城村チル瀧

9月 7日 木曜日

大きな崖を勢いよく落下する滝。落ちた先でも急流となり、画面右から左へ流れ下っていく。その川縁に藁屋が2棟。対岸に渡すように真ん中が高くなった木の橋が架けられている。対岸には道が続いているようだ。

左上には「阿州長尾城村チル瀧」という文字が記されている。これを手がかりに、19番の立江寺から灌頂ヶ滝の間で探してみたが、長尾城村に該当する地名が見つからない。音でいうと「ナガオジョウ」。もしかすると那賀川下流北岸の中之庄村(阿南市)ではないかと考えてみたが、ほとんどが低地の穀倉地帯ので、西丈が描く景観と大きく異なる。

ルート上の滝といえば、立江寺の奧の院星谷寺に、岩窟のようになってところで、滝を裏側から見ることができる裏見の滝がある。文字情報と一致しないが、あるいは裏見の滝を描いたものであろうか。西丈の場合、旅日記が残されておらず、絵だけで読み解かないといけないので、特定できない絵が何枚かある。

資料紹介「聖戦必勝態勢昂揚」~テーマ展「戦時下に生きた人々」から~

8月 28日 月曜日

テーマ展「戦時下に生きた人々」ものこり一週間となりました。今日は最後に、「5 まだまだがんばれ、がまんしろ!」のコーナーで展示している「聖戦必勝漫画昂揚」を紹介します。
戦前の漫画界は、いくつものグループに分かれていました。例えば、「日本漫画会」(北沢楽天、岡本一平)、「漫画連盟」(麻生豊、宍戸左行)、「新漫画派集団」(杉浦幸雄、横山隆一)、日本漫画界系の若手集団「三光漫画スタジオ」(松下井知夫、根本進)、漫画連盟系の若手集団「新鋭漫画グループ」(秋好馨、南義郞)などがありました。しかし、昭和15(1940)年に第2次近衛内閣が新体制運動を表明して大政翼賛会がつくられると、政党だけではなく新聞や漫画なども統合されました。若手の三光派と新鋭派が「新漫画派集団」に合同を持ちかけたことで「新日本漫画家協会」が設立されました。そして、翌年にはベテランを含めた「日本漫画奉公会」となります。
本展では「日本漫画奉公会」(会長北沢楽天、副会長田中比左良、顧問岡本一平、幹事細木原青起)が描いた「聖戦必勝態勢昂揚」を展示しています。多くの子どもが入った風呂を沸かすお母さん(池田永一治)、防毒マスクをかぶっている女性(北沢楽天)、油の取れる蓖麻(ヒマ)という植物を植える少女(細木原青起)などが描かれています。本来、笑いや笑顔を引き出すはずの漫画家たちも、大政翼賛会の傘下にあっては、戦意を昂揚させ国民に苦しい生活を我慢させるものしか描くことができなかったのです。漫画家をとおしても本テーマ展が目的とした戦争の悲惨さと平和の大切さを感じ取ることができます。 
テーマ展は9月3日(日)まで開催しています。ぜひ、ご来館下さい。


防毒マスクをかぶっている女性(北沢楽天)


多くの子どもが入った風呂を沸かすお母さん(池田永一治)

資料紹介「千人力と血染めの鉢巻き」~テーマ展「戦時下に生きた人々」から~

8月 24日 木曜日

今日はテーマ展「戦時下に生きた人々」の中から、「4 飛べなかった特攻隊員」のコーナーで展示している「千人力」と「血染めの鉢巻き」を紹介します。
特攻隊とは、戦死を覚悟しての体当たり攻撃です。飛行機では「桜花」、潜水艦では「回天」、船艇では「震洋」などがありました。展示室では、学徒出陣で海軍に入った特攻隊員を紹介しています。この方は昭和20(1945)年8年10日に相模湾に来ることが予想されたアメリカ艦隊への特攻を命じられました。13~15日、千人力のジャケットと腹巻きを身につけ、血書の鉢巻きを巻いて、いつでも離陸できる態勢をとっていました。千人力とは千人針の赤い糸さえ無くなったため、「力」という文字を千個押したものです。そして、鉢巻きは、女性たちが小指を切って皿にためた赤い血で「桜花」と書いて贈ってくれたものでした。結局、アメリカ艦隊は相模湾に現れず、15日の終戦を迎えたのでした。
当時、特攻隊は英雄とみなされていました。この方は生きて終戦を迎えましたが、簡単に喜べるものではありませんでした。仲間たちは特攻で戦死したのに自分は生き残った、故郷に帰っても生きて帰った特攻隊員として世間の目は冷たかったそうです。兵士と言えば、海外で戦ったイメージがありますが、国内にこのような兵士がいたことを知ることも大切です。
テーマ展は9月3日(日)まで開催しています。ぜひ、ご来館下さい。


               千人力


               血書の鉢巻

Page 1 ⁄ 23123451020...最後へ »