‘館蔵資料紹介’ カテゴリーのアーカイブ

今治市相の谷1号墳の出土遺物(2)禽獣画象鏡と保存処理

6月 27日 水曜日

処理前の画象鏡
処理前の画象鏡

 前期古墳に顕著な副葬遺物に銅鏡があります。銅鏡は被葬者の生前の地位や身分を示す威信財として副葬されたと考えられます。相の谷1号墳では、後円部の竪穴式石槨から2面の銅鏡が出土しています。
 今回紹介する禽獣画象鏡(面径12.6cm)は、鳥像と獣像をモチーフにした中国製の銅鏡の一種です。破片で出土し、約41片に分割していました。出土した状況については、調査に参加された正岡睦夫氏は「西壁の中央部よりやや南寄りに位置し、破片となって検出された。原位置を移動し、後に破砕されたものである。」とされています。どの段階で破片になったかは不明ですが、割れ方からは石槨内の撹乱時又は、土圧による破砕の可能性が強いと考えられます。
 今回の保存処理作業では、クリーニングの結果、新たに二文字の銘文を判読することが可能になり、更に獣像の表現が明確になりました。また、割れていた破片を接合し、欠損している部分は樹脂で復元しました。

処理後の画象鏡
処理後の画象鏡

 銘文については従来「作竟真大」が判読されていましたが、クリーニングの結果、「氏」と「山」が新たに判読することができました。その結果、「(龍?)氏作竟真大(巧上有)山(人)」という銘文を復元することが可能です。鏡の銘文は七言句をつなげるものが多く、類例から「(龍?)氏作竟真大巧上有山人不知老」の一部を省略したものと考えられます。 
 獣像の表現では、鳥像の羽根、嘴、頭部、脚部と獣像の脚部の表現がより明確となりました。獣像は脚部と胴部の表現から虎の可能性が高いと考えられます。
 この鏡の類例としては、福井県風巻神山4号墳出土鏡、福岡県野方塚原遺跡出土鏡、奈良県黒石山古墳出土鏡があり、日本出土鏡の中でも類例が少ない中国鏡です。近年の中国鏡の研究成果を援用すると、本鏡は2世紀後半から3世紀初頭に製作されたもので、製作地は華北東部に求めることができる資料です。
(資料目録第16集『今治市相の谷1号墳』は当館友の会が増刷して販売しています。入手方法は友の会のページをご覧ください。)

今治市相の谷1号墳の出土遺物(1)40年前の発掘調査

6月 26日 火曜日

 今治市湊町に所在する相の谷1号墳は、全長約80mの県内最大規模の前方後円墳です。この度、博物館では資料目録第16集として、『今治市相の谷1号墳出土遺物』を作成しました。この目録は、約40年前に発掘調査されたこの古墳の出土遺物を再調査し、報告したものです。数回に亘って、この目録に収録した資料と新しくわかった成果を紹介したいと思います。

調査当時の相の谷1号墳
調査当時の相の谷1号墳(西北方より)/正岡睦夫氏提供

古墳の発見と発掘調査
 1965年9月、東予新産業都市地域の埋蔵文化財包蔵地の調査を担当していた故松岡文一氏(当時愛媛大学工学部教授・県文化財専門委員)が宅地造成中に発見されました。その時に、県下最大の規模をもつ前方後円墳であること、破壊寸前にあることが報告されました。その結果、工事は一時中止され、緊急学術調査として発掘調査が実施されることになりました。

第1次調査(1966年3月5日~25日)
 調査前の状況としては、測量の結果、全長82m、前方部幅40m、後円部径50.28mの前方後円墳で、墳丘は二段築成で、全体にわたり葺石がめぐり、その間に多くの埴輪片が残存していることがわかりました。この時の調査では、後円部を中心に墳丘と主体部が調査されています。
 「発掘日誌」によると、墳丘に5箇所のトレンチを設定し、それぞれを掘削し、葺石、根石を検出するとともに、墳丘西側で括れ部の検出が行われています。また、後円部では主体部の確認及び内部の掘り下げが行われています。
 内部主体である竪穴式石槨は、全長7.1mの長大なものであることが確認されています。しかし、天井の蓋石はなく、側壁も6~7割は崩されて板石を失い、その高さは正確には分らない状況でした。
 副葬品はほとんどのものが副葬された位置から移動した状態で確認され、次の資料が出土しました。
 禽獣画象鏡1面・鉄剣・鉄刀・刀子・鉄斧・やりがんな・その他の鉄器片
 また、墳丘では、円筒埴輪・朝顔形埴輪の他、中世の土器が出土しました。

第2次調査(1967年3月5日~4月)
 第1次調査の補足調査として、後円部の内部主体の調査と前方部及びくびれ部で葺石・根石の検出が行われました。前方部の調査は西側の墳丘を全面発掘して、葺石や平坦部の敷石、埴輪などを中心に行われました。
 内部主体の調査では掘り下げが行われ、ダ龍鏡・鉄剣・刀子・円錐形銅製品が検出されています。
 前方部の調査では、北西側の前方部に連接するくびれ部で葺石層が存続していることが確認されました。その結果、前方後円墳の周囲には二段築成の葺石列が存在することが確認されました。
 この2度に亘る発掘調査後には調査は行われておらず、墳丘には未調査の部分があり、発見・調査後、約40年を経た現在においても、検討課題があります。

(資料目録第16集『今治市相の谷1号墳』は当館友の会が増刷して販売しています。入手方法は友の会のページをご覧ください。)

中国四国名所旧跡図2 泉州堺濱図

6月 22日 金曜日

中国四国名所旧跡図2
 画帖を開くと最初に「泉州堺濱図」が登場する。田原本を出発した西丈は、竹内街道か長尾街道か、どちらかを辿って堺に出たものと思われる。西丈は「堺濱」と記しているが、これは堺港があった大浜地区を指すものと考えられる。

 画面右側には、二つの波止と右側の波止の付け根に燈台が見える。堺市立図書館のデジタル郷土資料展の解説によると、堺港の燈台は、元禄2年に初めて市中の商人の寄金で建築されて以降、明治10年の洋式燈台まで7期にわたり、位置を変えながら建て替え続けたとあるが、この燈台がその第何期にあたるのかは不明である。

 画面左側にはたくさんの船が着けられ、浜辺で盛んに魚の売買が行われている。赤い魚が見えるのは、当時堺名物であった桜鯛であろうか。大浜海岸では江戸時代このような魚市が立ったようで、それは住吉大社の夏越祓神事に際して、神輿がそのお旅所である堺の宿院頓宮(しゅくいんとんぐう)に渡御(とぎょ)するのに合わせて、魚市が立ちようになったことに由来する。この魚市は、現在でも堺の夏の風物詩として行われる観光イベント「堺大魚夜市」になり、姿を遺している。

 そして、画面の上側には遠くはるかに須磨、明石の陸地と、その手前の瀬戸内海には白い帆を上げたたくさんの廻船が見える。西丈を須磨、明石を望んで、その地名を織り込んだ和歌を一首詠んでいる。
 「須磨明石おがめハげにも一の谷そふしやさかひ(堺)の浦乃きかせハ」

 石垣で築かれていたと思われる燈台の土台を白く描くなど、部分的な誤りはあるものの、西丈は単純な構図の中に江戸後期の堺の特徴を描き出している。

展示予告「異界・妖怪大博覧会」13―百鬼夜行絵巻9―

6月 21日 木曜日

当館所蔵の「百鬼夜行絵巻」に描かれた「妖怪」シリーズの第8回目。

7月10日開幕の企画展「異界・妖怪大博覧会」にあわせて、この「百鬼夜行絵巻」を素材とした特製妖怪シールを現在作成中です。このシールは、展示会期中に行われるイベントの一つ、クイズラリー「めざせ妖怪博士!」(中学生以下対象)の参加者への記念品として配布する予定です。

クイズラリー「めざせ妖怪博士!」は、8月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)のいずれも13:00~16:00に行います。(申し込みは不要です。)


19 お歯黒女性の妖怪
女性がお歯黒(既婚者だということを示す証)をする様子。よく見れば、口元は耳まで裂けているし、足は人間の足ではない。妖怪も結婚するということか?


20 鰐口の妖怪
鰐口(わにぐち)は、お寺の正面の軒につるされた円形で扁平の仏具。参詣者がこれをたたいて鳴らす。「鰐口」だけに、体も実際の鰐のようだ。

展示予告「異界・妖怪大博覧会」12―百鬼夜行絵巻8―

6月 17日 日曜日

当館所蔵の「百鬼夜行絵巻」に描かれた「妖怪」シリーズの第7回目。

この「百鬼夜行絵巻」は、縦37センチ、幅(全長)11メートルの寸法です。7月10日からの企画展「異界・妖怪大博覧会」では、何とかガラスケースで11メートル幅のスペースを確保して、全場面を展示します。(なお、今回、紹介する妖怪は、絵巻の終盤部分に描かれているものです。)


17 馬具の妖怪
顔の形は、馬具の一種である鐙(あぶみ)。乗馬の際に足を踏み掛けるための道具である。馬の背に固定する鞍(くら)も見える。よく見ると足は馬の足だ。


18 謎の赤い妖怪 
異様な形の赤い妖怪。前足だけしかない。小さい尻尾のようなものも見える。赤い布を全身に覆っているのか、それとも本来の姿なのか不明。

中国四国名所旧跡図1

6月 16日 土曜日

中国四国名所旧跡図1
 「中国四国名所旧跡図」は、その名のとおり大和国田原本(奈良県田原本町)の仏絵師西丈が中国・四国地方の名所旧跡を描いたものである。縦29.5センチ、横44.5センチの画帖で、題の記された表紙と76枚の彩色された絵が綴じられている。絵は和泉国の堺に始まり、山陽道沿いに摂津・播磨・備前に進み、それから海を渡って讃岐・阿波・土佐・伊予を廻り、最後は66番札所雲辺寺で終わっている。そこから考えるに、この画帖は西丈が自ら行った四国遍路と金毘羅参詣の旅を、記録として描き遺したものと考えられる。

 教行寺を中心とする寺内町として発展した田原本において、西丈は仏画を描く仕事をしていたと考えられるが、絵を生業としているだけあって、描き慣れている感がある。描く対象は港町、寺院、名勝、旧跡、そして時には得体の知れない生物にまで及ぶが、意外にもその絵はあまり写実的ではない。描くものの本質をとらえるためか、極端にデフォルメされており、そのことでかえって、西丈が旅で眼にしたものが生き生きと伝わってくるような、何とも不思議な味わいの絵である。

 このシリーズでは、西丈と一緒に四国遍路をした気分になって、「中国四国名所旧跡図」に描かれた世界を紹介する。

30年式銃剣

6月 15日 金曜日

30年式銃剣

 本資料は、三十年式小銃用として開発された銃剣です。三八式や九九式歩兵銃など、日本軍のほとんどの銃器に装着でき、終戦まで使用されました。いわば日本軍の基幹銃剣でした。本資料の大きさは、全長52.センチ、刀身49.2センチ、重量は610グラムです。戦場で刃を研いたでしょうから、もとの大きさや重量よりは目減りしていると思われます。

 本資料の特徴は、ツバの部分がフック状になっており、木製の柄の部分がねじ止めで、鞘の先端が丸みを帯びていることです。これらは、初期型にみられる特徴です。また、刻印から兵廠東京工廠か造兵廠小倉工廠で制作されたことがわかりました。

 三十年式銃剣は、それ以前の村田式両刃型から、ストレ-トではありますが、片刃型となり、日本刀に近いものとなりました。日露戦争では三十年式小銃に取り付けられ、白兵戦が行われました。ちなみに、有名な三八式歩兵銃は三十年式小銃を改良して、日露戦争後に制定されたものです。日露戦争における勝利によって、日本陸軍は白兵突撃主義を、海軍は大鑑巨砲主義に偏重していきますが、本資料はまさに白兵突撃主義を象徴する資料と言えるでしょう。

展示予告「異界・妖怪大博覧会」11―百鬼夜行絵巻7―

6月 14日 木曜日

当館所蔵の「百鬼夜行絵巻」に描かれた「妖怪」シリーズの第6回目。

7月10日開幕の「異界・妖怪大博覧会」では、展示室内だけでなく、博物館館内のいたるところに「百鬼夜行絵巻」に描かれた妖怪を題材として、等身大?(1m20cm程度。ただし、妖怪の実際の大きさは不明・・・。)の妖怪人形パネル(人ではないので単に「妖怪パネル」?)を配置します。今回、紹介する妖怪たちもパネル化される予定です。博物館内で、妖怪パネルを探したり、見つけたりするだけでも楽しむことができるように工夫したいと考えています。


15 農具の妖怪
左の妖怪は、頭に農具の箕を戴く。右の妖怪は、顔が竪杵の形をしていて、木臼を搗いている。穀物を脱穀する様子であり、妖怪も農作業をするというのか?


16 分銅と天秤ばかりの妖怪 
顔の形は重さを計るための道具である「分銅」。肩には「天秤ばかり」を荷っている。何かに追われて逃げているような表情にも見える。

村上節太郎写真18 オイコで荷物を運ぶ女性 昭和31年

6月 7日 木曜日

村上節太郎写真4-447
 村上節太郎の写真から頭上運搬を撮影したものをしばらく紹介してきたが、所変われば品かわるで、地域により運搬方法は様々である。宇和海沿岸に目を転じると、オイコ(背負梯子)やカルイカゴ(背負籠)で荷物を運んでいる写真が圧倒的に増えてくる。

 この写真もそうした一枚で、「石垣の里」として知られる外泊(愛南町)で撮影されたものである。女性の右側には台風や冬の強い季節風を防ぐために積まれた石垣がそそり立ち、石垣を縫って走る道もすべて石張りでつくられている。その細い山道を女性がオイコで荷物を背負い運んでいく。オイコをよく見ると、荷物がすべり落ちないようにカギが付いたものが使われている。女性は日々の暮らしの中で重い荷物を背負い、何度この山道を上り下りしたことであろうか。

展示予告「異界・妖怪大博覧会」8―百鬼夜行絵巻6―

6月 4日 月曜日

当館所蔵の「百鬼夜行絵巻」に描かれた「妖怪」シリーズの第5回目。

「百鬼夜行絵巻」も展示する企画展「異界・妖怪大博覧会」は7月10日からです。開幕まであと1ヶ月にせまってきました。

今回の妖怪も少々風変わり。「百鬼夜行絵巻」というよりも「百器」つまり、まさに器物の妖怪です。


12 花瓶の妖怪
器物は百年経つと魂を持つといわれており、この花瓶も例外ではない。三本足、三本の指、そして三つの目という異形。しかし生けられた花は案外、鮮やかだ。


13 楽器の妖怪 
この妖怪は鞨鼓(かっこ)という楽器を頭に戴いている。細長い撥(ばち)で打って音を鳴らすが、妖怪自ら演奏し、舞っているようにも見える。


14 洗濯をする妖怪 
頭には角のようなものが二本あるためか、表情は般若のように険しい。歯は黒いので、お歯黒をした既婚の妖怪か。盥で洗濯をしているようにも見える。

※ちなみに、今回の企画展で「百鬼夜行」関連で展示する主な資料には、次のようなものがあります。お楽しみに。
 妖怪絵巻(国立歴史民俗博物館蔵)
 今昔画図続百鬼(香川大学附属図書館蔵・神原文庫)
 百鬼夜行拾遺(香川大学附属図書館蔵・神原文庫)
 画図百器徒然袋(香川大学附属図書館蔵・神原文庫)
 怪物画本(香川大学附属図書館蔵・神原文庫)
 暁斎百鬼画談(香川大学附属図書館蔵・神原文庫)