‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

特別展「水木しげるとゲゲゲの鬼太郎―妖怪道五十三次―」始まりました!

7月 9日 金曜日

 みなさまお待たせしました。待ちに待った特別展「水木しげるとゲゲゲの鬼太郎―妖怪道五十三次―」がついに始まりました!!

 「ゲゲゲの鬼太郎」は子供から大人まで、誰でも知っている漫画で大活躍のキャラクターです。そんな鬼太郎とその仲間の妖怪たちを皆さんは、どのくらいご存知ですか?作者の水木しげる先生は、江戸時代の有名な浮世絵師である歌川広重の「東海道五十三次」の旅情風景を、妖怪たちが旅したらどうなるか、との思いから「妖怪道五十三次」という作品を作りました。今回の展示会では、水木しげる先生の人生を紹介するとともに、江戸から京都までの各宿場に鬼太郎をはじめ、目玉おやじ、ねずみ男など300体以上にも及ぶ、さまざまな日本の妖怪が登場する「妖怪道五十三次」などを展示紹介します。また、当館所蔵の「百鬼夜行絵巻」など妖怪の歴史にまつわる資料も同時に展示するとともに、妖怪に関するさまざまなイベントを開催します。

 職員一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしております。

■開催期間:平成22年7月10日[土]~9月5日[日]

■開館時間:午前9時~午後5時30分

(展示室への入室は午後5時まで)

■休館日:7月12日(夏休み期間中は無休)

■会場:企画展示室

■観覧料

<特別展>

大人  500円(400円)

65歳以上 250円 (200円)

小・中学生  250円(200円)

<特別展・常設展共通券>

大人  800円(640円)

65歳以上 400円(320円)

小・中学生  250円(200円)

※(  )内は20名以上の団体料金になります。

※小・中学生の方は、常設展は無料です。 

協力/(株)水木プロダクション・(株)やのまん

まもなく開幕! 水木しげるとゲゲゲの鬼太郎   ―妖怪道五十三次―

7月 7日 水曜日

 7月10日(土)にオープンする特別展「水木しげるとゲゲゲの鬼太郎―妖怪道五十三次―」の開催に向けて、ただいま展示準備中です。

 今回はその作業風景の一部を紹介しましょう。

1 妖怪画「妖怪道五十三次」の展示風景

 ゲゲゲの鬼太郎をはじめ、目玉おやじ、ねずみ男、ぬりかべなど300体以上にも及ぶ、さまざまな日本の妖怪が登場する、水木しげるさんの妖怪画「妖怪道五十三次」を壁面に展示しているところです。55枚もの作品を壁面にしっかりと固定させ、バランス良くきれいに壁面に展示します。展示企画者の学芸員の指揮のもと、日本通運の美術品スタッフが作業しています。

2 水木しげる人生絵巻の展示風景

 ゲゲゲ鬼太郎の作者・水木しげるさんの人生を紹介した7メートルもの絵巻をケース内に展示しています。巻物が長いため、紙がやや反っていますが、作品に負担をかけないように展示します。

3 ぬりかべの展示

 大きなぬりかべの模型を仮置きし、会場内でのレイアウトの調整や、露出展示となるため、パーテーション等の設置について検討しています。

 この他にも、鬼太郎人形、妖怪ブロンズ、当館所蔵の百鬼夜行絵巻など、妖怪にまつわる貴重な資料を数多く展示します。

 特別展「水木しげるとゲゲゲの鬼太郎―妖怪道五十三次―」(7月10日~9月5日)、乞うご期待!

知ってますか? 歴博への近道・遊歩道           ~歩いてレキハクに行こう(3)終~

5月 20日 木曜日

 (3)最後に、遊歩道入口から愛媛県歴史文化博物館までを紹介します。

 雨山公園の石畳の道を上がって行くと、歴史文化博物館への近道として便利な遊歩道(上り坂)入口が左手にあります。

レキハクへの近道・遊歩道の入口

 ここから博物館まではちょっとした山道を歩きます。しばらくは階段状の坂道です。ですが随所に手すりがついているから安全です。この遊歩道は、途中まで宇和ミニ四国(坪ケ谷新四国)霊場の道(香川県の札所78~88番)、宇和文化の里俳句フォーラムの受賞作品の句碑が並ぶ俳句の径としても整備されています。階段をのぼっていくと平坦路です。

手すりがついた遊歩道の階段を上る

 新四国78番・郷照寺の石仏を過ぎると、右手に博物館裏口へ入る階段があります。それを進むと博物館の建物(裏側)に到着します。裏口からは入館できないため、愛媛県歴史文化博物館の正面玄関にまわってくださいね。おつかれさまでした。

78番・郷照寺の石仏を過ぎると右折

愛媛県歴史文化博物館の裏口へ到着、正面玄関にまわる

 今回の遊歩道経由の徒歩コース。距離は約2km。所要時間は約20分。万歩計では2026歩(消費カロリー56kcal、脂肪燃焼3.3g)の行程でした。ちょっとしたウォーキング・コースです。心地よい適度な運動感が味わえます。歩くことはメタボ対策などの健康づくりや、過度に自動車に依存した環境を見直すエコ活動に参加することにもつながります。

 また、時間に余裕があれば、博物館の見学とあわせて、西日本最古の小学校の開明学校、民具館、幕末の偉人たち(高野長英、二宮敬作、楠本イネなど)の史跡など、卯之町の町並みをじっくり散策するのもオススメです。

 みなさん今度、来館される際には、歩いて歴史文化博物館へ行ってみませんか。

※遊歩道を歩く方、注意してください!!

 最近、イノシシが早朝・深夜に出没していますので、お一人での散歩等での遭遇にはくれぐれもご注意ください。

知ってますか? 歴博への近道・遊歩道          ~歩いてレキハクに行こう(2)~

5月 19日 水曜日

 次に、(2)中町の町並みから遊歩道入口(雨山公園)までを紹介します。 

 昔の商家が立ち並ぶ中町のつきあたりに宇和先哲記念館があります。記念館前の道を左折、山に向かって明石寺・歯長峠方面に上っていくと、左手に愛媛県立宇和特別支援学校の校門が見えてきます。

宇和先哲記念館前を左折、山に向かって進む

 しばらく進むと、愛媛県歴史文化博物館への遊歩道を示す案内標識があります。それに従って右折。石畳の道に入り、雨山公園に到着。園内には、宇和町出身の近代彫塑の父・白井雨山作の神武天皇立像や、二宮敬作ゆかりの薬草園があります。石畳道を上っていくと、四国88ケ所霊場を模した宇和ミニ四国(坪ケ谷新四国)の大師堂があります。

レキハクへの遊歩道入口案内標識を右折

雨山公園に入り、石畳の道を直進

知ってますか? 歴博への近道・遊歩道        ~歩いてレキハクに行こう(1)~

5月 18日 火曜日

 いつもご来館いただきありがとうございます。

 みなさんはどのような交通手段、ルートで愛媛県歴史文化博物館へ来られましたか? 

 自家用車? 汽車? 路線バス? タクシー? バイク? 自転車? 徒歩?   

 多くの方は自家用車で来られるのではないでしょうか。そこで今回は、JR卯之町駅から博物館へ徒歩でいくコース(遊歩道経由)を紹介します。私も博物館への通勤で日常的に通っています。

 このコースの魅力は、徒歩による最短距離ルートです。とにかく車の交通量が少なく、歩きやすく、ゆっくり歩きながら卯之町の歴史と文化の香りを満喫できます。

 コースは、江戸時代末期~明治初期の商家の面影をのこす中町(なかのちょう)の町並み(国重要伝統的建造物群保存地区)を通り、そこから山中に整備された遊歩道をのぼって博物館に到着します。遊歩道はやや急な階段状の坂道ですが、ここを通るのが博物館への最短コースです。それでは、順を追って、そのルートを3回に分けて紹介しましょう。複雑な道はないので、基本的に迷うこともありませんよ。

 最初に、(1)JR卯之町駅から中町の町並み(平坦路、約12分)までを紹介します。

 卯之町駅を後にし、正面を横切る国道56号線を渡り、「歓迎文化の里商店街」のアーチをくぐります。カラー舗装された商店街通りを直進し、つきあたりを右折します。

駅前のアーチをくぐり、カラー舗装路を直進、つきあたりを右折

 商店街通りに入って、すぐさま駐車場に挟まれた小道を左折します。

すぐさま小道を左折

 小道沿いには食堂屋さんが何軒かあります。レトロチックな看板を見るのも楽しい。そのまま小道を直進、つきあたりを右折します。

地元の食堂店がならぶ小道に入る。つきあたりを右折

 道なりにしばらく進むと、中町の古い町並みに到着します。歩くにつれ、次第に江戸時代の町並みにタイムスリップした心地がします。

中町の町並みに到着 

 

ポーラ・コレクション 美人の化粧術展

2月 16日 火曜日

 

特別展「ポーラ・コレクション 美人の化粧術 ~姫君からモダンガールまで~」は、本日開幕しました。
観覧料は以下のとおりです。
■特別展
大人  500円(400円)
65歳以上 250円 (200円)
小・中学生  250円(200円)
■常設・特別展共通
大人  700円(580円)
65歳以上 350円(280円)
※(  )内は20名以上の団体料金になります。
※小・中学生は常設展は無料です。

職員一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしております。

お知らせ テーマ展「吉田藩大工棟梁ニ宮家の図面展」の開催について

11月 26日 木曜日

平成21年11月14日(土)から平成22年1月31日(日)まで、常設展示室内の文書展示室で、テーマ展「吉田藩大工棟梁二宮家の図面展」を開催します。

 s-DSC_0006

 二宮家は、江戸時代に吉田藩大工町(だいくまち)の棟梁として代々吉田藩に仕え、昭和49(1979)年に最後の棟梁が没するまで約300年にわたって吉田地方の社寺建築に携わりました。安政の大地震の時にも倒れることなく、現在も二宮家建築の社寺が残っています。

 大工棟梁の家がこれほど長く続き、ともに図面が残ることは県内において、たいへん珍しいことです。二宮家文書は、平成20年に吉田町内の民家で発見されました。東雲女子短期大学特任教授犬伏武彦氏、酒井純孝氏(愛媛県建築士会)の協力を得ながら、当館で調査研究・整理を進めてまいりました。県内でも最古級の図面を約30点を紹介しています。

 <主な展示資料>

(1)二宮長六作「吉田藩陣屋蟇股」(竹に雀紋) 江戸時代後期 当館蔵s-DSC_0017

 江戸時代後期に活躍した長六(ちょうろく)は、16歳の時に住吉神社の設計をするほどの天才肌で、名工として全国にまで名前が知られました。吉田藩の陣屋は幕末に再建され、大工棟梁二宮長六の代表作でした。吉田藩主伊達家の家紋(竹に雀紋)の蟇股が、現在も残っており、匠の技を見ることができます。

 

(2)二宮善治郎作「神殿姿図」 文化6(1809)年 個人蔵

s-DSC_0010

 二宮善治郎が19歳の時に作成した図。代々二宮家は、棟梁となるために、幼い頃から教育を受けていたことが伺えます。

(3)寺院 本堂側面図 江戸時代  個人蔵

s-DSC_0009

 吉田地方のみならず、城川町龍澤寺にまで二宮大工の足跡が残っています。

 二宮家の図面の特徴は、柱が特に太いことです。これは、耐震性が高いことを示し、実際には、安政の大地震にも耐えうる設計でした。

 江戸時代中期以降、農村部をはじめとして人口が増加し、それにともなって大工の数が不足しました。江戸時代後期には、全国的に流行した華やかな意匠を得意とする長州大工が数多く南予地方に入って来ましたが、二宮家は伊予吉田地方の伝統建築を守り続けました。

  これまで、江戸時代の伊予の社寺建築において、地元大工の足跡について、不明な部分が多かったのです。このたびの図面の発見により、伊予吉田地方において、300年以上も続く伝統建築の名工として二宮家が存在したことが確認されました。こつこつと地道な働きをされた先人の技をご覧いただくとともに、伊予における建築史の奥深さを感じとっていただければ幸いです。

観覧には、常設展示観覧料が必要です。

「広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展」開幕

9月 15日 火曜日

広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展

特別展「広重と北斎の東海道五十三次と浮世絵名品展」は、本日開幕しました。
観覧料は以下のとおりです。
■特別展
大人  500円(400円)
65歳以上 250円 (200円)
小・中学生  250円(200円)
■常設・特別展共通
大人  700円(580円)
65歳以上 350円(280円)
※(  )内は20名以上の団体料金になります。
※小・中学生は常設展は無料です。

職員一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしております。

ナイト☆ミュージアム

8月 13日 木曜日

本日8月13日(木)から15日(土)までの3日間、愛媛県歴史文化博物館は、21:00まで開館しています。

 幻想的な光を放つ約200個の“あんどん”が皆さんをお出迎え!!

やわらかな光に包まれた歴博で一緒に夏の夜を楽しもう。

企画展関連イベント情報

5月 14日 木曜日




 今週末の16日・17日に企画展「えひめ発掘物語2&絵で見る考古学」関連イベントを実施します。参加者は募集中ですので、詳しくは博物館までお問合せください。



16日は

■15:00~17:00

「早川和子先生のたのしいイラスト教室」

 会場:オリエンテーションルーム 参加料:300円

■17:00~17:30

早川和子氏による似顔絵サイン会(関連書籍購入者限定)



17日は

■10:30~11:00

早川和子氏による似顔絵サイン会(関連書籍購入者限定)

■11:00~12:00

ギャラリートーク 

 講師:早川和子氏 参加料:企画展観覧券が必要です

■13:30~15:00

講演会「考古イラストレーターってなに?」

 講師:早川和子氏 参加無料

■15:30~16:00

早川和子氏による似顔絵サイン会(関連書籍購入者限定)



 非常に内容の濃い2日間になる予定です。あいにく天気はよくないようですが、この機会に是非博物館までお越しください。

Page 14 ⁄ 16« 最初へ...101213141516