‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

正月は1月2日(月)から開館しています!

12月 25日 日曜日

いろいろなできごとがあった2016年も、残るところあと1週間になりました。歴博は、月曜日が休館日ということもあって、明日26日(月)から一足早く年末年始の休みに入らせていただきます。今年1年のご愛顧、誠にありがとうございました。
年明けは、正月2日からの営業です。お正月らしく、羽子板やコマをつくったり、絵馬を描くワークショップのほか、れきはく謎解きラリー「失われた『はに坊』のココロを取り戻せ!」などもやっていますので、初詣帰りに、ご家族おそろいでお立ち寄りいただければ幸いです。1月3日には、おめでたい「伊予万歳」の公演もあります。
展示の方は、常設展示のほか、テーマ展「松山城下図屏風」と「没後50年永井刀専展」をやっています。

ちょんまげ姿がトレードマークの永井刀専氏。その風貌からしても、いかにも職人という感じですが、新聞の題字から、風刺漫画、それに商品広告にスタンプ、さらには道後温泉などの版画まで、実にいい仕事をしています。今回は、没後50年ということで、永井刀専の職人技の一端を、文書展示室でご覧いただけます。

企画展示室では「松山城下図屏風」を今年もお披露目。平成25年に新たに発見され当館で所蔵しているもので、三之丸御殿があり、御幸寺の横に千秋寺が描かれていることから、元禄・宝永期(1700年前後)の松山城下を描いたものだということがわかっているそうです。まだ、ご覧になっていない方は、ぜひ一度じっくりと観られて、現在の松山との比較をしてみてください。私が印象に残ったのは、堀端から中ノ川にかけては今の市街地の区画ができあがっているのに対し、中ノ川から石手川にかけてや、城北の今の愛媛大学や日赤病院があるあたりには何もないということでした。
また、吉田初三郎が描いた昭和の松山の鳥瞰図も展示していますので、見比べてみてください。それから2017年に生誕150年を迎える正岡子規の実家の図面もあります。
なお、展示をご覧いただいた方には、レストランでぜんざいのサービスがありますので、あったまってお帰りください。正月2日、3日限り、なくなり次第終了です。
それでは、2017年も歴博をよろしくお願い申し上げます。

今週末は「れきはく開館記念イベント」開催!

11月 9日 水曜日

歴博は平成6年11月にオープンし、今年で22周年。今回は「22」ということで、11月12日(土)、13日(日)の2日間にわたり、開館記念イベントを開催します。
毎年恒例の「どんぐりマルシェ」には、食べ物、雑貨・衣類のお店など、今年も30ブース以上の出店があります。そして、指定管理者も奮発して、常設展、特別展「自転車ヒストリー」の観覧料が2日間「無料」と、出血大サービスを行ってくれます。(ただし、「弱虫ペダル」原画展だけは有料です。)
そして、11月12日(土)には、「高校生 食育ふるさと料理マルシェ」が歴博で開催されます。出場校10チームが、地元の食材を活用して開発した1品メニューを、1食200円でご試食いただけます。ご飯ものあり、メインディッシュあり、デザートありとバラエティに富み、使う材料も「伊予の媛貴海」スマや三崎のイセエビなどオリジナリティにあふれていますので、乞うご期待。
駐車場が満杯になる可能性が高いので、ご不便をおかけしますが、下の宇和高校の農場を臨時駐車場にして、そこからシャトルバスを運行する予定です。
13日(日)には、朝9時からおもち・お菓子くばりがあるほか、11時と1時半からの2回、特別展「自転車ヒストリー」の展示会場で、昔なつかしい街頭紙芝居の実演もあります。
小さなお子さんが体験できるワークショップもあり、一日中楽しめますので、この週末、ご家族おそろいで、西予市の歴博にお越しください! スタッフ一同お待ちしております。

秋の企画展示 準備着々!

9月 8日 木曜日

歴博では、8月末で夏の企画展示が終わり、9月17日(土)から秋の企画に模様替えします。ただ今その準備の最終段階。
まずは、特別展「自転車ヒストリー」。先日、自転車博物館サイクルセンターと自転車文化センターから今回の特別展のためにお借りした自転車たちも、トラックでの長旅の疲れもなく無事到着し、現在、会場の飾りつけの真っ最中。

入り口では、八幡浜の菊池清治邸で発見された我が国最古級の三輪自転車がお迎えします。その後、時代に沿って、自転車が写る愛媛各地の懐しい写真とともに、戦前のサイドカー付荷物自転車、軍需用ジュラルミンで作られた戦後直後の自転車、ママチャリから憧れだった子ども自転車、そして最新鋭のスポーツバイクまで、自転車の移り変わりを実物展示を交えて紹介していきます。
さらに、天皇陛下ご一家と自転車の関わりのコーナーや、自転車に乗ってやってきた街頭紙芝居、昭和30~40年代の自転車屋さんの風景も再現しています。
たぶん愛媛はもとより四国で、これだけ本格的に自転車の歴史をたどる展示を行うのは初めてのことと思います。「自転車新文化」を推進する愛媛ならではの展示に乞うご期待!
そして、今回、人気の自転車漫画「弱虫ペダル」の原画展も同時開催できることになりました。
また、クラシックな歴史ファンの方には、テーマ展「南予の戦国乱世」を同時期に開催しています。終盤戦を迎えている“えひめいやしの南予博2016”のイベント帰りに、ぜひお立ち寄りください。
見どころ満載の秋の歴博、9月17日(土)リニューアル・オープンです。今しばらくお待ちください。

PS)常設展等は、今も通常営業しています。

鉄道工作~列車はカーブをどうまがる~

8月 24日 水曜日

皆さんは鉄道がなぜカーブをまがることができるか考えたことがありますか?車ならハンドルがあり、左右のタイヤの角度や回転数が変化してまがることができます。しかし、鉄道にはハンドルはありません。レールがまがっているため、その上を走る鉄道もまがると考える方もいらっしゃるでしょう。実は車輪に大きな秘密があるのです。それを工作で実証する講座を8月28日(日)午後1時30分から開催します。
半径30㎝のカーブと列車を作り、どのように車輪が動くか観察します。これは、特別展「TRAIN WORLD!」(8月31日まで)の関連講座です。もし、興味があれば自宅で半径を短くして急カーブを作り、限界を調べるのもおもしろいかもしれません。また、車輪の幅(車体長)を変化させて、通過できるカーブの限界値を調べたり、カーブをよりスムーズにまがるにはどうしたらいいか調べると、立派な自由研究にもなります!
夏休み最後の日曜日、ぜひ博物館で「TRAIN WORLD!」の世界を堪能して下さい。講座のお申し込みは、博物館までご連絡ください。お待ちしています。
電話 0894-62-6222  定員 20名(参加費1,000円)

①下書きをする

②列車に見立てた車と線路に見立てた板をはり走行させる

③余裕があれば急カーブなどに挑戦!

8月30日 焼畑映画上映会を開催します

8月 23日 火曜日

四国(愛媛県・高知県)は昭和30年代まで全国有数の焼畑農耕地でしたが、現在ではそのほとんどが失われています。今回は民族文化映像研究所が制作した日本各地の焼畑に関する映画を上映し、消えつつある四国山地の焼畑文化を考えてみたいと思います。

【日時】平成28年8月30日(火)13時~17時

【上映作品】民族文化映像研究所制作
「椿山―焼畑に生きる―」(高知県)1977年 95分
「奈良田の焼畑」(山梨県)1985年 34分
「西米良の焼畑」(宮崎県)1985年 43分

【会場】愛媛県歴史文化博物館多目的ホール

【申込み】事前申込み不要・当日受付

【参加費】常設展観覧券が必要・友の会会員は参加費無料

【主催・お問い合わせ先】愛媛県歴史文化博物館友の会民俗クラブ
西予市宇和町卯之町4-11-2  0894-62-6222(担当:大本)

8月20日(土)夏休み子ども講座「教えて!村上海賊」のご案内~自由研究やレポートにも!~

8月 15日 月曜日

夏休みもお盆を過ぎましたが、お子さんの夏休みの宿題はいかがでしょうか?
歴博では、常設展示室の魅力をこれまで以上にお伝えする試みの一つとして、夏休み子ども講座「教えて!村上海賊」を開催します。

このイベントは、当博物館の中世展示をみながら、このほど「日本遺産」に認定された村上海賊について、学芸員が子ども向けに分かりやすく解説するものです。
展示品のスケッチや、甲冑や陣羽織を着て、戦国時代の軍船「小早」に乗る体験もできます。

学習した成果をまとめれば、夏休みの社会科の自由研究に役立つかも。
ぜひお越しください!

日時 平成28年8月20日(土)13:30~15:00
定員 親子10組(当日受付・先着順)
対象 小学生及びその家族
集合 開始5分前に、歴史展示室2入口にお集まりください。
参加費 常設展示観覧券が必要(小中学生は無料、一般(高校生以上)510円・65歳以上260円)
持参物 筆記用具をご持参ください。写真を自由研究に使いたい方は、カメラもご持参ください。
中世展示室の様子

もうすぐ夏休み! 歴博は夏休み企画満載!

7月 13日 水曜日

もうすぐ夏休みですが、歴博は7月16日(土)から夏休みモードにチェンジします。ただ今その準備の最終段階。

まずは、特別展「TRAIN WORLD!」。月曜日に「ダンボール“しおかぜ”」が入り口に入って、あとは微修正段階。小学生くらいまでの子どもさん連れのご家族にとっては、子どもさんが1/6サイズの「坊っちゃん列車」に何回も乗ったり、ダンボールしおかぜで遊んだりして、なかなか動こうとしないかもしれません。もちろん展示は、鉄道ファンの方にもご満足いただけるようにダイヤグラムやなつかしい写真、それに模型なども織り交ぜて充実したものになっています。

子どもさん連れの次の目的地は、恒例のお化け屋敷でしょうか? 今年は「呪われた人形師の家」。暗がりの中で人形の眼が怪しく光ります。
それからエントランスホールの体験学習室では、「うごく!お絵かき水族館&お絵かきサーキット」を開催。子どもさんが描いた絵がモニター画面の中で、まさに水を得た魚のように動きます。そのほかエントランスではおしゃれなヘアピンを作ったりするワークショップもやっています。

女性の方には、文書展示室で開催しているテーマ展「南予の裂織」が興味深いかもしれません。歴博友の会「裂織クラブ」の皆さんが作っていただいた真っ赤な「裂織リンゴ」の木が迎えてくれます。古くなった木綿の着物などを裂いてヨコ糸に使う裂織は、独特のリサイクル文化。週末には実演の計画もあるようです。
その隣の考古展示室では「発掘 南予の遺跡」を開催中。南予各市町の遺跡から発掘されたお宝を展示しています。土器などの立体パズルにも挑戦してみてください。
また、エントランスにある和紙彫塑家・内海清美氏が弘法大師空海の生涯を表現した「密●空と海」は昨年秋から後半10章を展示中。先日、照明の調整を行い、元の鮮やかな色合いがよみがえっています。
そして、常設展示室は、じっくり見ていると時間を忘れてしまうくらいのボリューム感があります。ぱっと見わかりにくいかもしれませんが、展示替えも逐次行っています。
本当に一日中、歴博に滞在していただいてもよいくらいの展示・イベント内容となっていますので、今年の夏は、ご家族おそろいで、あるいはご夫婦、気の合うお友達同士で、ぜひ、歴博にお越しください。スタッフ一同、心よりお待ちしています。

片岡愛之助さん見物の駐車場に「歴博」はいかが?

5月 22日 日曜日

5月28日(土)、「歴博」のある西予市に、最近何かと話題の片岡愛之助さんがやってきます。15:30から卯之町の町並みで「お練り」があるそうですが、その駐車場として「歴博」はいかがでしょうか?

歴博から、卯之町の町並みまでは、博物館の裏手を抜けて徒歩10分弱。下りですし、天気が良ければ木もれ日の中をちょうどいい散歩コースかと思います。コジュケイが「チョットコイ、チョットコイ」と啼いているかもしれません。帰りは登りになるので、多少負荷がかかりますが、ミニ四国88か所や「俳句の径」と名付けられた宇和文化の里俳句フォーラム受賞作の句碑などを見ながらゆっくりと。

歴博でも、当日16:30から鹿踊りシンポジウムが開催されます。西予市城川町窪野の八ッ鹿踊りの実演のほか、東北地方から専門家を招いて、東北地方から伝わったとされる南予の鹿踊りの系譜などについてパネルディスカッションが繰り広げられる予定です。

さらにお時間があれば、当日は19:30まで開館時間を延長していますので、開催中の「愛媛・お祭り博覧会2016」をのぞいて帰ってください。獅子の形をした東北の鹿踊りの頭と南予各地の鹿踊りの頭を見比べて体感していただければ幸いです。

南予の文楽(人形浄瑠璃)公演

4月 29日 金曜日

皆さんは、文楽(人形浄瑠璃)をご覧になったことがありますか?
「歴博」では、5月5日(木)こどもの日の午後、「えひめいやしの南予博2016」の一環として、南予の文楽(人形浄瑠璃)公演があります。

愛媛で文楽と言えば、内子座で毎年行われる文楽公演を思い浮かべられる方が多いかもしれませんが、南予には西予市三瓶町の朝日文楽、西予市明浜町の俵津文楽、大洲市肱川町の大谷文楽、鬼北町の鬼北文楽が今も伝承されており、朝日文楽、俵津文楽、大谷文楽は、昭和52年に県の無形民俗文化財に指定されています。

かく言う私も阿波の人形浄瑠璃のさわりを少し拝見したくらいで、恥ずかしながらきちんとした文楽公演を通しで観たことがないので、今回、文楽デビューをさせていただこうかと思っています。

三味線と太夫の語りに人形遣いが、三位一体となって表現される文楽。今回、実演いただく朝日文楽と俵津文楽は、それぞれ地元で、太夫、三味線、人形遣いの「三業」を演じれる方を育てておられるとのこと。まさに伝統文化の継承です。

下の写真は、お昼に館内のレストランに行った際、雑誌コーナーに何気なく置かれていた一冊。平成21年度に「歴博」で特別展を開催した際の図録でした。

れんげまつりの帰りは「歴博」へ!

4月 28日 木曜日

「歴博」は、西予宇和ICから車で5分。今週末の4月29日(金)昭和の日、西予市では恒例の「れんげまつり」が開催されます。会場のれんげの花も咲きそろい、田んぼの中には稲わらでつくった巨大なマンモス像が立ち、準備も万端の様子。


れんげまつりの帰りには、ぜひ「歴博」にお立ち寄りください。ただ今、特別展「愛媛・お祭り博覧会2016」を開催中。

南予各地の牛鬼の顔の違いや、今も江戸時代の絵巻そのままにお練り行列が繰り広げられる吉田秋祭りの祭礼図と関羽が乗った実物の屋台を見比べたり、伊曾乃神社や別子銅山、松山祭りの江戸時代の祭礼図など、見られたことのない展示が目白押しです。

PS)今回が初ブログです。多忙な学芸員とはちょっと違った素人目線で、「歴博」の時々の様子をお伝えしようと思っています。

Page 3 ⁄ 131234510...最後へ »