‘お知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

鉄道・路面電車の写真募集開始!

11月 25日 水曜日

以前のブログでもお伝えしたように、当館では平成28年度特別展として「TRAIN WORLD!」を予定しています。
 特に今回は、鉄道の高速化や電化を1つのテーマとして取り上げます。現在資料調査を行っているところですが、この11月から鉄道・路面電車の写真について募集を開始しました。早速、神戸の河渕則彦様から10点もの写真をお送りいただきました。ありがとうございます。ここでその一部をご紹介します。どれも懐かしい名車ばかりです。
写真の募集は来年3月までです。応募していただいた方には、開幕前に招待券をお送りします。伊予鉄道では、坊っちゃん電車から電化・ディーゼル化した写真、国鉄・JRでは準急・快速・急行・特急列車の写真など、懐かしい写真をぜひ送り下さい。お待ちしています。→ くわしくはこちら

1984年12月
冬の伊予灘に沿って走る特急「しおかぜ」
伊予上灘-下灘  河渕 則彦 氏撮影

1985年3月
上灘鉄橋を行く急行「うわじま」
向井原-伊予上灘  同氏撮影

1986年3月
内山線開業記念列車
伊予中山  同氏撮影

1986年12月
宇和盆地の「わらぐろ」とキハ185系
伊予石城-上宇和  同氏 撮影

特別展「四国遍路と巡礼」の関連講座のお知らせ

11月 8日 日曜日

平成27年11月1日[日]、愛媛大学法学部教授の胡光氏を講師にお迎えして、「四国遍路と伊予の霊場」と題して関連講座を行いました。九州からの遍路日記である「佐治家文書」や、四国霊場第52番札所・太山寺の中国・九州方面からの遍路の落書きなどの新史料の調査研究成果などをご紹介いただきました。従来の四国遍路研究が関西方面からの視点で行われている傾向のなかで、九州や対岸の中国地方の遍路の実態がわかる大変興味深い発表でした。また、四国遍路と道後温泉の効能についてもお話しいただきました。

11月8日(日)には四国遍路研究家の喜代吉榮徳氏を講師にお迎えして、関連講座「へんろ石と隔夜碑から四国遍路を読み解く」を行いました。へんろ石とは、道しるべの石以外に、広くへんろに関わる石のことをいいます。今回の講座では、真念以前の古いへんろ石として、天正19・1591年の「辺路七度成就碑」、寛文元・1961年の「四国三恵碑」、延宝4・1676年の「五百日隔夜念仏廻向碑」、太山寺の天和3・1683年の千日隔夜碑などを中心に紹介いただきました。江戸時代前期の四国遍路の文献史料が乏しいなか、へんろ石から見た四国遍路の実態や、太山寺などの四国霊場に確認される「南無阿弥陀仏」の六字の円形字名号(宝珠名号)碑や版木から、四国における隔夜信仰の貴重な事例について解説いただきました。

特別展「四国遍路と巡礼」の関連講座も後半へ突入です。

・11月15日(日)13:30~15:00「成尋阿闍梨の天台山・五臺山への巡礼」講師:伊井春樹(当館名誉館長)

・11月22日(日)13:30~15:00「四国遍路と巡礼展の見所」講師:今村賢司(当館専門学芸員)

いずれも参加費は無料(事前申込み優先)となっていますので、ふるってご参加ください。

特別展「四国遍路と巡礼」の関連講演会を開催しました。

10月 29日 木曜日

平成27年10月25日[日]、四国大学文学部教授・四国霊場第4番札所大日寺住職の真鍋俊照氏を講師にお迎えして、「弘法大師空海と四国遍路を考える」と題して講演会を行いました。

講演会では、足摺岬にある金剛福寺の霊験譚などから補陀落渡海の事例や、若き日の空海が山岳修行者として四国の海岸や付近の山を主な修業地としていたこと、修験道が四国遍路に与えた影響、悟りの空間としての曼荼羅と四国遍路絵図との関係などについて、スライドを上映しながら詳しくお話しいただきました。

特別展「四国遍路と巡礼」の関連講演会と図録刊行のお知らせ

10月 16日 金曜日

①特別展「四国遍路と巡礼」の関連講演会のお知らせ

現在開催中の秋の特別展「四国遍路と巡礼」の関連講演会を下記のとおり、10月25日(日)に行います。ふるってご参加ください。

【関連講演会】
「弘法大師空海と四国遍路を考える」
日時/平成27年10月25日[日]13:30~15:00
講師/真鍋俊照氏(四国大学文学部教授・四国霊場第4番札所大日寺住職)
※参加費無料。お問い合わせ先 歴史文化講座係 0894-62-6222

【真鍋俊照氏プロフィール】
1939年生まれ。高野山大学文学部仏教学科卒業。東北大学大学院修了、博士(文学)。専攻は美学・美術史。平成26年の四国霊場開創1200年記念に開催された四国4県のミュージアム連携特別展「空海の足音 四国へんろ展」の総合監修者。主な著書に、『密教曼荼羅の研究』(1975、美術出版社)、『曼荼羅の美術』(1979、小学館)、『弘法大師行状絵詞(上)、(下)』(1983、中央公論社)、『空海のことばと芸術』(2002、NHK出版)、『四国遍路―救いと癒しの旅―』(2012、NHK 出版)などがある。

②特別展図録「四国遍路と巡礼」刊行しました!

特別展「四国遍路と巡礼」が開幕しましたが、展示内容を詳しく解説した特別展図録も完成しました。A4版208頁、1500円でミュージアムショップにて販売されておりますので、ぜひお買い求めください。図録は郵送で取り寄せることもできます。

四国遍路と巡礼 2015年10月10日発行 A4版208頁

【内 容】

第1章 聖地と巡礼

聖地・巡礼への誘い/西国三十三所巡礼/伊勢参宮/熊野詣/高野詣/吉野・南都巡礼/京・大坂巡礼/金毘羅詣/四国遍路/その他の巡礼・参詣/六十六部廻国巡礼/ウツシ霊場

第2章 西国三十三所巡礼と四国遍路

西国巡礼(巡礼者の姿)/西国巡礼(巡礼装束・道具類)/道中記録類/四国遍路(巡礼者の姿)/四国遍路(巡礼装束・道具類)/細田周英と四国遍路絵図

第3章 遺された四国遍路資料―遍路・札所・地域―

松浦武四郎の四国遍路/遍路の所持品/遍路と札所・地域

論考

「へんろ石と隔夜碑から四国遍路を読み解く」 喜代吉榮徳

「江戸時代の四国遍路の宿泊について」 稲田道彦

「四国遍路と伊予霊場」 胡光

「四国遍路が描いた絵日記―「中国四国名所旧跡図」―」 井上淳

「札所の茶堂と近世の砥部焼碗」 石岡ひとみ

「史料紹介 巡礼旅の道中支出記録と餞別・留守見舞控―松山藩領南久米村商家の西国・四国・伊勢巡礼関係記録―」 山内治朋

「細田周英筆「四国徧禮図」と木版「四国徧禮絵図 全」について」 今村賢司

項目・資料解説

図版目録

主要参考文献

協力機関・協力者

鉄道・路面電車の写真を募集します!

10月 15日 木曜日

 当館では、平成28年度特別展として「TRAIN WORLD!」を予定しています。
 特に今回は、鉄道の高速化や電化を1つのテーマとして取り上げます。そこで、皆さん
から関係する写真を募集して展示します。伊予鉄道では、坊っちゃん電車から電化・ディ
ーゼル化した写真など、国鉄・JRでは準急・快速・急行・特急列車の写真など、懐かし
い写真をぜひ送り下さい。お待ちしています。→ くわしくはこちら


昭和55年 小松駅 特急しおかぜ1号 宇和島行き

昭和54年 伊予桜井駅 急行いよ 高松行き 

歴代 特急しおかぜ。
右から181系 しおかぜ 昭和47年登場。
185系 しおかぜ 昭和61年登場。
(2000系 しおかぜ 平成3年本格運転。)
(8000系 しおかぜ 平成5年本格運転。)

シルバーウィークの催しのご案内

9月 11日 金曜日

シルバーウィークももうすぐですね!
歴博では、シルバーウィーク期間中、さまざまな催しを行います。
この機会に、ふるってお越しください!

9月19日(土)
【新常設展】「密●空と海‐内海清美展」後半章がいよいよ開展します!
密●空と海
【オープニングトーク・展示解説】「和紙芸術による弘法大師空海の世界」
日時 9月19日(土)10:30~12:00
会場 多目的ホール(先着250名)
テーマ 「和紙芸術による弘法大師空海の世界」
話し手 内海清美先生(和紙彫塑家)
聞き手 大本敬久(愛媛県歴史文化博物館学芸員)
参加費 無料 ※事前申込み不要(当日受付)
内海清美氏

9月20日(日)
【歴史体験】室町時代の衣装を着てみよう
室町時代の衣装「直垂(ひたたれ)」と「打掛(うちかけ)」を着ることができます。
対象 小学校中学年~高学年
日時 9月20日(日)13:00~15:00
会場 エントランスホール
参加費 無料
室町時代の衣装(打掛)
室町時代の衣装(直垂)
9月21日(月・祝)・9月23日(水・祝)
【展示解説会】新常設展「密●空と海‐内海清美展」後半章 展示解説会
講師 大本 敬久(当館学芸員)
日時 9月21日(月)・23日(水)13:30~
会場 新常設展示室
参加費 無料
展示解説

9月19日(土)~9月23日(水・祝)期間中は毎日実施します!
【ワークショップ】古銭をつくろう
日時 9月19日(土)~9月23日(水・祝)
   13:30~16:00
会場 こども歴史館(定員 各日10名)
材料費 500円(友の会会員は1回半額)
古銭をつくろう

【ワークショップ】和紙の灯り~オリジナルあんどんづくり~
日時 9月5日~10月4日の土・日・祝日
   10:00~12:00/13:00~16:00
会場 こども歴史館
材料費 400円(友の会会員は1回半額)
和紙であんどん

【ワークショップ】オリジナル和風メモ帳をつくろう
時間 9月5日~10月4日の土・日・祝日
   10:00~12:00/13:00~16:00
会場 こども歴史館
材料費 200円(友の会会員は1回無料)
※針を使います。小さなお子様は保護者と一緒にご参加ください。
和紙でメモ帳

◎問い合わせ先
愛媛県歴史文化博物館 企画普及グループ
〒797-8511西予市宇和町卯之町4-11-2 
TEL 0894(62)6222 FAX 0894(62)6161

9月19日 弘法大師空海講演会を開催します。

9月 10日 木曜日

「和紙彫塑による「弘法大師空海」の世界 密●空と海―内海清美展」の展示更新まであと10日を切りました。

ただいま9月19日(土)のリニューアルオープンに向けて、設営作業に入っています。

その展示リニューアルのオープニング企画として、この展示作品の作者 内海清美(うちうみきよはる)氏の講演会兼展示解説会を開催します。和紙芸術について、弘法大師空海について語っていただきます。お楽しみに。

日時:平成27年9月19日(土)10:30~12:00
会場:愛媛県歴史文化博物館 多目的ホール
テーマ 「和紙芸術による弘法大師空海の世界」
話し手:内海清美先生(和紙彫塑家)
聞き手:大本敬久(愛媛県歴史文化博物館学芸員)
※事前申込み不要(当日受付)・先着250名・参加費無料

ハーモニカたんすの音を聞いてみよう!昔のくらし探検隊、夏のくらし編

8月 4日 火曜日

 暑い夏がやってきました。
 愛媛県歴史文化博物館でも、民俗展示室2を夏仕様に模様替えしております。
 この時期にだけ展示室で見られるのが、蚊帳です。クーラーや網戸のなかった時代は、眠る時に虫よけのために蚊帳を吊っていました。蚊帳の中では風は通るが虫は入れないのでぐっすり眠ることができます。

 昔のくらしでも、暑い夏を涼しく過ごす工夫がされていた様子を見ていただけます。
 さらに!
 見るだけでなく、昔の道具をさわったり動かしたりして体験できる「昔のくらし探検~夏のくらし編~」が開催されることになりました!
 普段なら上がれない家の中に入ったり、触ることができない道具を動かしてみたり、学芸員やボランティアさんと一緒に探検に行きませんか?
 夏のくらしということで、蚊帳に入って不思議な空間も体験していただけますよ。
 さらに今回は、にわかに注目を浴びているハーモニカたんすの音色も聞いていただく予定です。
 実はハーモニカたんす、昨年度に修繕を行いました。引き出しの一つの金具が外れてしまったのです。当館所蔵のハーモニカたんすは、幸いにも製造者である家具屋さんが現在も営業されています。その家具屋さんへ修繕をお願いしました。

 更に、ハーモニカたんすを丸ごと運んで直してもらうのではなく、引き出し一つだけだったことも幸いでした。この機会に、ハーモニカたんすの手入れの方法などもお聞きできました。

 そして、この写真が引き出しを抜いた奥の部分で、「ハーモニカ」たる所以です。ハーモニカの部品に似ていると思いませんか?引き出しを開け閉めするたびに、空気がこの部分を行き来して「ファ~ファ~」と音が出る仕組みになっています。

 しかし、いくら言葉で説明しても「百聞は一見にしかず」というのが蚊帳やハーモニカたんすです。「昔のくらし探検隊~夏のくらし編~」でぜひ体験していただきたいと思います。
 昔の道具やくらしに興味がある人なら誰でも探検隊の仲間になることができます。
 れきはくでお待ちしています。

開催日 8月9日(日)
時間  13:30から
定員  先着20名(当日申し込み)
参加費 常設展観覧料が必要です。
ただし小中学生は無料です。

8月8日(土)、キティちゃんがあそびにくるよ♪

8月 2日 日曜日

8月8日(土)、特別展関連イベントとして、キティちゃんが歴博にあそびにやってきます♪
アリスキティ
©’76,’15 SANRIO APPROVAL No.SP561056

キティちゃんの歌やダンスで、楽しいショー!
みきゃんも応援にやってきます!
ご家族連れで、ぜひお楽しみください。

キティちゃんがあそびにくるよ♪
8月8日(土)
(1)11:00~11:30
(2)13:00~13:30
(3)15:00~15:30

各回先着300名 整理券配布あり
場所 多目的ホール
参加費 共通観覧券が必要(当日券)

※整理券は、整理券配布所にて配布いたします。整理券は(1)9:45~10:15、(2)11:45~12:15、(3)13:45~14:15の時間帯に先着順にて配布いたします。整理券の番号が座席の番号になっており、座席の変更はいたしかねます。ご了承ください。総合案内にて共通観覧券をご購入のうえ、整理券配布所へお越しください。混雑が予想されますので、時間に余裕を持ってお越しください。
みきゃん

出前授業 戦後70年企画 学び伝える戦時下のくらし

7月 24日 金曜日

戦後70年にあたり当館が企画した出前授業も、これまでに高校1校、小学校5校のご協力を得て実施しました。その一部をご紹介します。

今月16日(木)、西予市立皆田小学校を訪問しました。6年生16名の皆さんの元気な挨拶で授業が始まりました。まず、ヘイタイ双六や兵隊人形など紹介し、子どもの世界にも戦時色が表れていたことを説明しました。また、昭和15年と16年以降の通知表を紹介して、名称が尋常小学校から国民学校へ、評価が10段階から優良可へ、体練科に武道が設けられた事を説明しました。当日は終業式であったため、通知表には児童たちの関心も高かったようです。

次に、千人針や空襲の話をしました。千人針に込められた女性たちの思いや焼夷弾の恐ろしさを感じてもらいました。そして、空襲時にかぶっていた防空頭巾、女性がはいていたもんぺ、警防団がかぶっていた鉄兜の体験資料を身につけました。「暑い」、「重い」などの感想がありました。

防空頭巾・鉄兜・もんぺを体験する児童たち

最後に、配給制度や切符制度、代用品の話をしました。愛媛県では、1日1人当たりの米の配給が全国平均(2.3合)を下回る1.6合だったため、芋などで補っていたこと、切符がないと衣料品が買えなかったことなどを説明しました。特に、代用品の紙製洗面器には児童たちも驚いている様子でした。

紙製洗面器の説明を聞く児童たち

この授業が戦争の悲惨さと平和の大切さを考える機会となったなら幸いです。出前授業は今後も受け付けますので、社会科や総合的な学習の進度に応じて、お気軽にお問い合わせください。お待ちしています。