‘特別展おすすめ情報’ カテゴリーのアーカイブ

特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界」展示紹介(6)

7月 29日 火曜日

歴博で開催中の特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界―夏休みは歴博へ急げ!の段―」の内容紹介もいよいよ6回目。今回は「伊予と忍者の段」の紹介です。

忍者といえば伊賀や甲賀がすぐに思い浮かびますが、伊予には忍びはいなかったのでしょうか?
このことに関する史料を展示しています。

一つは「清良記」という軍記物です。これは南伊予の大森城(現宇和島市三間町)を本拠とした土居清良(どいきよよし)という武将の一代記ですが、この中で丹後(たんご)・丹波(たんば)という二人の忍び頭が清良に仕えていたとの記述があります。

「清良記」によれば、丹後・丹波は普段は博労(牛馬の売買)やさまざまな商いをしながら、近隣地域や他国の情報を収集し、清良に報告していたようで、戦時には敵陣に忍び込み、戦力を偵察して報告したりしています。
清良に忍びの技を語る場面もあり、その中で、丹後は、秋に屋敷に侵入する技として、あらかじめ鳴く虫を飼い慣らしておき、いざ忍び込む際にその虫を放して、虫の鳴く声で侵入する際の気配を消す「虫合わせ」という術があると記されています。
清良記巻九
「清良記」の別の場面では、丹後・丹波の仲介で土居清良のもとに近江国甲賀の鉄砲鍛冶を呼び寄せ、鉄砲の生産を始めたとの記述もあり、尼子さんがしばしば「乱太郎」の中で言及される「忍者と火器の結びつき」を示唆しており興味を惹かれます。

丹後・丹波の名は確実な史料には登場せず、彼らが実在した人物かどうかを確かめるすべはありませんが、在地勢力同士が戦闘行為に至る以前にさまざまな偵察や諜報活動を担う存在がいたこと、それぞれの在地領主の支配領域を超えて活動する博労や商人はさまざまな情報を入手し、それを必要に応じ領主たちに伝える存在であったことは、戦国期の伊予でも十分に有り得たことではないでしょうか。

もう一つは、幕府の隠密が四国の城郭を偵察した時の記録です。寛永4年(1627)8月から10月にかけて、幕府は公儀隠密を伊予はじめ四国に派遣し、外様大名の各居城と城下町を実地に調査させました。伊予では松山城・今治城・大津城(大洲城)・宇和島城が対象となりましたが、この時に隠密が作成した調査報告書と絵図の写しが残されています(いずれも伊予史談会蔵)。企画展示室内では宇和島城・大津城(大洲城)の絵図及び探索書の写しを展示しており、同時開催している「松山城下図屏風の世界」展の中で松山城の絵図の写しを展示しています。
幕府隠密大津城見取図
幕府の隠密は、遠望及び郭内への侵入による観察、事前に侵入させた情報提供者や城に出入りする職人からの聞き取りのほか、大津城では二の丸東側(この隠密は方位を90度誤認しており、実際は南側)は「足」にして300足=1町4反2間だったと記され、約52センチメートルの歩幅で二の丸の堀に沿って歩き、ひそかに長さを計測したことが分かります。

幕府の忍者が伊予で実際に使ったこの「歩測の術」は、エントランスでも体験できますので、ぜひお試し下さい!

特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界」展示紹介(5)

7月 28日 月曜日

歴博で開催中の特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界―夏休みは歴博へ急げ!の段―」の内容紹介も5回目。
今回は、「「兵庫水軍」と「村上水軍」の段」の紹介です。

作中にしばしば登場する、兵庫第三協栄丸率いる「兵庫水軍」は、忍術学園と友好的な海賊の集団です。
作中で、忍者と水軍の武器や戦法が似ていることにしばしば言及されていますが、この「兵庫水軍」は、戦国時代、芸予諸島を拠点として瀬戸内海で活動した村上水軍をモデルにしています。

海城を拠点とした村上氏らは、平時には海上交通の安全保障を担い、戦時には焙烙火矢などの火器類を駆使して海上での戦闘に従事しましたが、こうした海賊衆の性格は作中でもしっかりと描き込まれています。
この展示コーナーでは、村上水軍ゆかりの資料と、兵庫水軍が描かれているコマを並べて展示し、両者を比較しています。

関船
両者を見比べると、乱太郎が関船に乗っている風景が目に浮かぶようです。
通行安全証
上は天正9年(1581)に能島村上氏の当主・村上武吉が厳島の神官に与えた通行安全証(複製)、下は兵庫水軍の通行安全証のコマです。

両者を比較すると、いずれも中央に家名の一字を大きく墨書している(村上氏は「上」、兵庫水軍は「兵」)のがみてとれますが、よくみると、左下に発給者(差出人)として当主の名を入れるという様式(村上氏は「武吉」、兵庫水軍は「兵庫第三協栄丸」)も再現しています。
さらに資料に注目すると、旗の上辺を固定していたと思われる横木が旗とともに伝存していますが、改めてこのコマを子細にみると、この横木や結び目も忠実に描かれているのです!

このように、両者を比較することで、村上氏の史料や水軍書に基づいて兵庫水軍が描写されていることがよく分かります。このようなことを知ると、「乱太郎」の見方が変わるのではないでしょうか。
この展示をごらんになられた「乱太郎」ファンのみなさまが、兵庫水軍を媒介として、村上水軍をはじめとする中世伊予の歴史にも興味を持っていただければ…と思っています。

ぜひご自身の目で、両者を比較してみてください。

8月10日(日)は原作者の尼子騒兵衛さんをお迎えしておはなし会が開催されます。
サイン会も開催(各回先着100名)。詳しくはこちら。ぜひぜひご参加ください!

特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界」展示紹介(4)

7月 27日 日曜日

歴博で開催中の特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界―夏休みは歴博へ急げ!の段―」の内容紹介も4回目に突入しました。
今回ご紹介するのは、「「乱太郎」原画と忍者道具の段」です。

このコーナーは、尼子騒兵衛さんが描く絵本・コミックの原画や、尼子さんが長年収集された忍者に関する武器・武具コレクションを展示しています。

「乱太郎」の原画は、CGを一切使わない、温かさと力強さあふれる作品になっており、尼子さんが紡ぎ出す豊かな表現世界に大人も子どもも目を奪われます。
初公開の原画も多数!創作過程の下書きも初出品いただきました。
絵本画像
表紙画像
あの先輩や、この先輩も勢揃い・・直接会いにきませんか?
落乱主要人物たち
特に担当の一押しは、コミック最新巻本編の直筆原稿をずらりと展示したコーナー。
もちろん全て初公開。圧巻です!
55巻原画展示
尼子さん所蔵の忍者道具コレクションはこちら。いずれも貴重な品々です。

尼子騒兵衛さんコレクション1

尼子騒兵衛さんコレクション3

8月10日(日)は原作者の尼子騒兵衛さんをお迎えしておはなし会が開催されます。
サイン会も開催(各回先着100名)。詳しくはこちら。ぜひご参加ください!

特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界」展示紹介(3)

7月 26日 土曜日

歴博で開催中の特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界―夏休みは歴博へ急げ!の段―」の内容紹介、第3回です。

のれんをくぐると(のれんの意匠にもこだわっています。ぜひ展示室でご確認ください!)、次の展示コーナー「「忍たまの友」夏休みのほしゅうじゅぎょうの段」です。
このコーナーでは、戦国期の刀や火縄銃などの中世の資料をみながら、忍たまクイズにチャレンジしたり銭つぼ復元のパズルに取り組んだりします。
小さなお子さんでも安心して問題と答えがみられるよう、新しい造作も取り入れました。
ほしゅうじゅぎょうの段
ギャグを基調としている「乱太郎」ですが、実は一貫して室町・戦国時代の世相風俗を丁寧に反映した世界観で描かれており、戦国時代の人々の暮らしぶりをのぞかせてくれます。
クイズの問題と答えはすべて「乱太郎」の作中にでてくる内容を元にしており、本作は入念な時代考証が施されていることを知ることができます。歴史にくわしくなれますよ!

きり丸のぜにつぼパズル。完成すると中で永楽銭が輝きます。手こずる人が続出中・・
ぜにつぼパズル
大人の方でも、一発で全問正解は難しいかも?
夏休みの補習授業、ぜひあなたもチャレンジしてみてください。

7月30日(水)・31日(木)は、「乱太郎印のえひめ野菜を使ってにんじゃピザをつくろう!」のイベントを開催します(協力:JA全農えひめ)。まだ参加可能なので、希望される方は博物館までお問い合わせください。
また、8月10日(日)11:00からと13:30から、原作者の尼子騒兵衛さんをお迎えしておはなし会が開催されます。おはなしの後はサイン会も開催(各先着100名)。
いずれも詳しくはこちら。ぜひご参加ください!

忍術学園の看板の大きさは?

7月 25日 金曜日

特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界」の各展示コーナーを順次ご紹介していますが、ここでは閑話休題として、準備の際の裏話を一つ。

担当が特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界」展を企画したとき、展示室の入口には忍術学園の看板を置こう、と決めていました。
そこではたと困ったのが、「忍術学園の看板の大きさはどれくらいなのだろう?」ということ。

忍術学園の看板が最もしっかり描かれているのは、原作第52巻の一連のエピソードです。
何者かに奪われた忍術学園の看板を取り返す話の中で、忍術学園の事務員・小松田秀作が忍術学園を立てて持っているシーンがP104に描かれています。
このコマを手がかりにして、忍術学園の看板の大きさを割り出してみよう、と思いました。
『落第忍者乱太郎』52巻P104(あさひコミックス)
小松田秀作は16歳。町の忍術塾を卒業後、忍術学園で事務員をしている設定です。
彼の身長は明らかにされていませんが、一般的に、戦国期の日本人の成人男性の平均身長は160cmを超えることはなく、157cm~159cmだとされています。
また、文部科学省が継続的に行っている学校保健の統計調査でも、1910年の16歳男性の平均身長は157.3cmです。
他の成人忍者と比べても、彼の身長が特別に小柄な印象は受けません。
このことから、小松田秀作の身長を157cm前後と仮定しました。

再び原作のコマをみると、忍術学園の看板は、小松田の目線のやや下程度の長さに描かれています。
コミックス上で小松田秀作の頭のてっぺんから足元までの長さを計測すると60mm、看板の長さは48.5mmでした。

以上の小松田秀作の仮定身長とコミックス上の長さの倍率を元に換算すると、看板の長さは約127cm、幅は約29cmと推定されました。長さ約4尺2寸、幅約1尺となります。
この検討は個人差を無視した一般論に基づいていますし、実際は造作の都合上、きりのよい長さ130cm、幅30cmで製作しましたので、当然誤差があるものと思いますが、大きくはずしてはいないはずです。

「忍術学園」の書き文字は、尼子さんの原作から忠実に再現。
原作では上部に穴があけられていますが、今回は展示室入口の都合上、天井からワイヤーで吊して掲示せざるを得なかったので、看板を掛ける金具がないのに穴だけ空いていてもかえって違和感があるのでは・・と思い、あえて穴はあけませんでした。

こうして展示室の入口に、このたび製作した忍術学園の看板が掛けられました。
製作した看板
ほんのささいなディスプレイですが、ひそかな検討の成果を感じていただければ幸いです。

特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界」展示紹介(2)

7月 24日 木曜日

歴博で大好評開催中の特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界―夏休みは歴博へ急げ!の段―」。
展示コーナー紹介の第2回目です。

展示室に入ると、はじめに飛び込んでくるのは「忍タマたちといっしょにあそぼう!の段」です。
このコーナーでは、「乱太郎」の遊び絵を大きく引き伸ばして展示しています。
キャラ探しや間違い探しなど、絵の中の世界で遊んでいただきます。
いっしょにあそぼう
絵自体が謎解きや遊具になっている「遊び絵」は、古く浮世絵の時代から作られていましたが、忍たま乱太郎の原作者、尼子騒兵衛さんは、原作「落第忍者乱太郎」を連載している朝日小学生新聞の元旦号に、毎年遊び絵を掲載されています。
本コーナーで、体いっぱいに引き延ばされた作品を楽しみながら、尼子さんの「遊び」の精神を体感いただければ幸いです。

「ひみつのこべや」というミニコーナーもあります。中は身長140cm以下のお子さんしか入れません。中はどうなっているのでしょうか・・どきどき・・。
ひみつのこべや
ちなみに、展示されている遊び絵作品の一つ「きみの忍者度チェック!」を担当が試すと、「ドクたまレベル」でした。忍者の道はけわしい・・
忍者度チェック

特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界」展示紹介(1)

7月 23日 水曜日

先日開幕した特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界-夏休みは歴博へ急げ!の段­-」、おかげさまでご家族連れをはじめ、多くの方々にご覧いただいております。

「忍たま乱太郎」の特別展はこれまで他県でも開催されていますが、本展は、尼子事務所様の全面的な監修、ご協力をいただきながら、愛媛歴博ならではの独自の切り口で構成した展覧会になっています。
どんな内容なのか、少しずつご紹介しましょう!

まずは展示室の入口から。
受付の横には、「忍術学園」の看板が。大きさや文字にもこだわっています。
忍術学園看板
受付の前には、写真撮影コーナーがあります。
忍者衣装や、忍術学園生徒の着付けをして撮影もできますよ!
子ども用だけでなく、大人用もあります(大人用は4年生の衣装になります)。
写真撮影コーナー
展示室に入ると、まずは原作者の尼子騒兵衛さんの写真、乱太郎・きり丸・しんべヱの三人の色紙とぬいぐるみがお出迎え。

気になる展示の中身は次回から・・乞ご期待!

7月30日(水)・31日(木)は、「乱太郎印のえひめ野菜を使ってにんじゃピザをつくろう!」のイベントを開催します(協力:JA全農えひめ)。
また、8月10日(日)11:00からと13:30から、原作者の尼子騒兵衛さんをお迎えしておはなし会が開催されます。おはなしの後はサイン会も開催(各先着100名)。
いずれも詳しくはこちら。ぜひご参加ください!

テーマ展の準備も同時進行中

7月 9日 水曜日

先日、特別展「忍たま乱太郎―忍者の世界-」の設営作業の様子を紹介しましたが、同時開催のテーマ展「松山城下図屏風の世界」の準備も同時進行中です。

テーマ展の設営作業では、入り口看板がこんな感じで仕上がっていきました。

7月2日には、香川県立ミュージアムから借用さえていただいた「高松城下図屏風」が搬入され、列品作業が行われました。

併せて、テーマ展タイトルにもあがっている新収蔵史料「松山城下図屏風」も日通作業員さんにお手伝いいただいて列品しました。

「松山城下図屏風」と「高松城下図屏風」、この二つが並ぶとグッと展示室の完成が近づいたような感じがします。
作業はまだまだ残っていますので、ラストスパートをかけて頑張ります。

特別展同様、テーマ展もお楽しみに!!

忍たま乱太郎展の設営がはじまりました

7月 3日 木曜日

忍たま乱太郎展の設営がはじまりました。

あっという間に、何もなかった展示室に図面通り仕切りの壁が建ちます。

こちらは、出力紙を貼って仕上げているところ。

床置きのシート設置中。
こちらも図面通りぴったりおさまりました。

こちらは、今回の展示のために製作した新しい什器。ちょっとおもしろい仕掛けを組み込んでいるので、早速みんなで代わる代わる試してみました。もちろん、納得の出来栄えです!!

全貌は7月12日(土)から展示室でお楽しみいただけますので、ぜひ特別展「忍たま乱太郎―忍者の世界―」にお越しくださいね。

特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界」を開催します

6月 25日 水曜日

愛媛県歴史文化博物館では、7月12日(土)から特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界―夏休みは歴博へ急げ!の段―」を開催します。

「忍たま」の愛称で知られる、忍者のタマゴたちが主人公のアニメ「忍たま乱太郎」。尼子騒兵衛先生の原作『落第忍者乱太郎』も累計890万部を突破し大人気です。

乱太郎は「えひめ野菜」のイメージキャラクターで、物語にしばしば登場する「兵庫水軍」は、村上水軍がモデルになっています。
今回、貴重な「乱太郎」原画や尼子先生秘蔵の忍者道具コレクションを大公開します。あわせて村上水軍や、伊予での忍者の活動も紹介。体験コーナーも盛りだくさん!
乱太郎たちと忍者の世界を探検しながら、子どもたちが歴史への興味を持つきっかけづくりとなる展覧会です。

特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界」

【展示概要】

1 開催期間
 平成26年7月12日(土)~9月15日(月・祝)
 9時~17時30分(入館は17時まで)
 8月13日~17日は18時30分まで延長(入館は18時まで)
 休館日 7月14日、9月2日、9月8日
 (夏休み期間は無休)

2 観覧料
〈特別展〉
 大人(高校生以上)  550円(450円)
 65歳以上・小中学生 280円(250円)
〈常設・特別展共通券〉
 大人(高校生以上)  850円(680円)
 65歳以上      450円(360円)
 小中学生       280円(250円)
 ※( )内は20名以上の団体料金。

3 主催・特別協力
 主催 愛媛県歴史文化博物館
 展示監修 尼子事務所
 特別協力 JA全農えひめ、JA愛媛野菜生産者組織協議会、朝日学生新聞社、朝日新聞出版、ポプラ社

4 展示構成
 忍タマといっしょにあそぼうの段
  忍たまキャラクター探しや迷路など、忍たまの楽しい巨大遊び絵がいっぱい!
 「忍たまの友」夏休みの補習授業の段
  忍たまたちと一緒に、中世の歴史をクイズで学ぼう!
 「忍たま乱太郎」原画と忍者道具の段
  尼子騒兵衛先生の貴重な原画と尼子先生コレクションの忍者道具を多数展示!
 「兵庫水軍」と「村上水軍」の段
  「兵庫水軍」の原画と、モデルとなった「村上水軍」の歴史的史料を比較展示。
 伊予と忍者の段
  伊予でも忍者がいた!?忍者が登場する軍記物や、忍者が作った伊予の城絵図を紹介。

5 体験ワークショップ
 忍者衣装を着て忍たまたちと写真をとろう!
  特別展開催期間中の9:00~17:30 (8/13-8/17は18:30まで)
  参加費 特別展観覧券が必要
 ゴム手裏剣を投げてみよう
  特別展開催期間中の9:00~17:30 (8/13-8/17は18:30まで)
  材料費 ゴム手裏剣実費が必要(1枚150円)
 忍術学園長からの密書を探せ!
  特別展開催期間中の9:00~17:30 (8/13-8/17は18:30まで)
  参加費 特別展・常設展共通観覧券が必要
 オリジナル手裏剣マグネットづくり
  特別展開催期間中の土・日・祝日及び8/13-8/15の9:00~12:00/13:00~16:00
  材料費 350円 (友の会会員も有料)
 折り紙変形手裏剣づくり
  特別展開催期間中の土・日・祝日及び8/13-8/15の9:00~12:00/13:00~16:00
  材料費 100円 (友の会会員は1回無料)
 忍者の歩測を体験しよう!
  特別展開催期間中の9時~17時30分 (8/13-8/17は18時30分まで)
  参加費 無料
 ・・など

6 関連イベント

(1)尼子騒兵衛先生おはなし会 ―忍者と水軍―
乱太郎の創作秘話や、忍者と水軍の関係を楽しくお話しします。サイン会もあるよ!

日時 8月10日(日)
11:00~(開場10:30)/13:30~(開場13:00)
(入場整理券及びサイン整理券の配布は共に9:00より開始いたします)
場所 多目的ホール
参加費 いずれも常設展・特別展共通観覧券が必要(当日券のみ)
※サインは、各回先着100名

(2)えひめ野菜でにんじゃピザをつくろう (協力:JA全農えひめ)
にんじんとちりめんじゃこを使ったピザづくり。トッピングには乱太郎印のえひめ野菜を使用します。

にんじゃピザ

日時 7月30日(水)・31日(木)・8月20日(水)・21日(木)・9月6日(土)・7日(日)の6日間
[1]10:00~11:00/[2]11:00~12:00
場所 エントランスホール
定員 各回10名 ※往復はがきによる事前申込制、応募多数の場合は抽選となります
参加費 800円(友の会会員も有料)

申し込み方法 往復はがきに、参加ご希望の日時・お名前・参加人数・住所・電話番号などをご記入の上、下記問い合わせ先へお送りください。応募締め切りは、参加希望日の2週間前まで。当日必着です。

〒797-8511 愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
愛媛県歴史文化博物館 企画普及係 にんじゃピザ担当
TEL 0894-62-6222