‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

資料紹介「まぼろしの一銭陶貨」~テーマ展「戦時下の人々」から~

8月 3日 木曜日

今日はテーマ展「戦時下に生きた人々」の中から、「3 留守を守ったお母さん」のコーナーで展示している「まぼろしの一銭陶貨」を紹介します。
明治以降、日本の貨幣は金・銀・銅を主な材料として作られました。戦争の長期化と軍需優先のあおりを受けて、昭和8(1933)年に純ニッケル硬貨が作られました。この背景には軍需資材としての利用価値が高いニッケルを輸入して、貨幣として備蓄しようとした意図があり、昭和13(1938)年にニッケル硬貨は回収され、次はアルミニウム硬貨が作られました。しかし、アルミニウムは飛行機の材料となるため、2度にわたり量目が変更されました。10銭硬貨の場合、昭和16(1941)年に1.5gから1.2gへ、昭和18(1943)年には1.2gから1gになったのです。アルミニウムに続いて作られたのが南方の占領地でとれる錫や亜鉛を使った硬貨です。しかし、戦況の悪化で南方から錫や亜鉛も手にはいらなくなります。
そこで、政府が考えたのが粘土を材料とした陶貨です。有田焼や瀬戸焼で有名な佐賀県、愛知県などの陶器メーカーが作りました。表には富士山、裏には桜花の模様があしらわれています。昭和20(1945)年の敗戦によって使用されることなく、粉砕されたのですが、少量ながら市場に出回っています。なお、一銭という単位の貨幣が作られたのは、不発行ながらこの陶貨が最後となりました。お金を通じて戦争を捉えてみると、戦争を身近にイメージできるかもしれません。
8月6日(日)には自由研究応援講座「戦争を調べよう」(事前申し込み必要)を行います。ぜひ、ご参加ください。展示は9月3日(日)まで開催しています。

               表


              裏

「高校生食育ふるさと料理マルシェ」

11月 15日 火曜日

11月12日(土)、さわやかな秋晴れの下、えひめいやしの南予博2016イベント「高校生食育ふるさと料理マルシェ」が歴博特設会場で開催されました。

オープニングでは、野村高校筝曲部の軽やかな箏の調に乗って、川之石高校の書道部の書道パフォーマンスが披露されました。

出店は9校10チーム。南予の食材とその他の県産食材を組み合わせた、高校生が開発したオンリーワンのふるさと料理が披露・販売されました。

開会式前からチケット販売ブースには長蛇の列。お目当てのテントの前にも長蛇の列。料理を求めるお客さんにも、提供する高校生にも笑顔があふれていました。

6名の審査員による試食・審査により、グランプリには川之石高校の「ヒマ杉しらす丼」が選ばれました。しらす丼の中にまさかの甘夏マーマレード!これには驚きましたが、新鮮なしらすにじゃこ天、ミニトマト、削りかまぼこ等々、栄養バランスを考えた一品が評価されました。

館内では、学芸員による「愛媛・食の歴史展示解説」を行いました。考古・歴史・民俗の各視点から愛媛の食の歴史をふれかえる充実した時間でした。

教員のための博物館の日2016in愛媛県歴史文化博物館

8月 19日 金曜日

8月19日(金)教員のための博物館の日2016を開催しました。

小・中・高校の先生、博物館職員、市町教育委員会職員と、様々な職種の方々の参加がありました。

内容は、以下の通りです。

オリエンテーション 博物館を活用しよう・れきハコの紹介

博物館で学ぶ① 博物館の裏側探険

博物館で学ぶ② 綿から糸作り体験・昔のくらしと道具体験

博物館で学ぶ③ 出前授業体験

A歴史文書コース 伊能忠敬と伊予、戦時下のくらし

B考古民俗コース 土器や石器にふれてみよう、地域の祭りや伝統行事

参加された方の感想には、初めて見る博物館の仕事への驚きや、授業活用へのヒントが得られたことなどが、たくさんつづられていました。

Nゲージ走行会始まる!

8月 14日 日曜日

特別展「TRAIN WORLD!」(8月31日まで)の関連イベントであるNゲージ走行会が始まりました(15日まで)。今回は、特急「宇和海」、「ソニック」、「しらさぎ」など各地を代表する列車のほか、28両編成の貨物車も登場しました。普段はあまり気にしない貨物車ですが、28両も連結して走行すると圧巻でした。親子連れの多くがスケールの大きさと様々な列車の走行に暫し足をとめて眺めていました。 
今回のイベントでは、事前にお申し込みいただいた1日20名の方に、Nゲージの運転体験もしていただきました。まず、伊予鉄道鉄道クラブの方から操作方法を教わって出発です。本物にそっくりのハンドルを握り、アクセルやブレーキを調整して走ります。自分の操作がNゲージに伝わっていることで、実際に列車を運転している感じになり喜んでいる様子でした。約10分間の体験でしたが、最後は駅にピッタリとストップ!
さて、明日はどのような車両が走るのでしょうか?引き込み線にはアンパンマン列車など様々な列車が並んでいました。何が走るかはお楽しみです。ぜひ、ご来館いただきNゲージの世界を感じてください。お待ちしています!

会場 当館エントランスホール
模型走行 10:00~16:00(15日は15:00まで)
運転体験する子どもたち
運転体験をする子どもたち
ジオラマ写真
ジオラマも豊富な巨大線路

特別展「TRAIN WORLD!」開幕!

7月 18日 月曜日

今月16日(土)から特別展「TRAIN WORLD!」(8月31日まで)が開幕しました。開幕当日から多くの方々にご来館いただきました。親子連れに人気なのが「ダンボールしおかぜ」と「ミニSL坊っちゃん列車」です。「ダンボールしおかぜ」では、体験用の制服を着て運転席で写真を撮られていました。中には「これは8000系しおかぜだよ!」と鉄道に詳しい子どももいてびっくりしました。「ミニSL坊っちゃん列車」では、硬券に似た記念切符をお渡しして改札するのですが、子どもたちは喜んで何度も乗車していました。
鉄道史に関心のある方は、東京オリンピック頃の予算本線のダイヤグラム、瀬戸大橋線開通時のヘッドマーク、伊予鉄道の電化に関するパネルなどに興味を示されているようでした。本展は「高速化と電化」を中心に県内の鉄道史を振り返っていますが、観光列車や四国新幹線構想など鉄道の新しい取り組みや将来についてのコーナーも設けています。「予土線の鉄道ホビートレインが大好きなんです」とか、「四国に新幹線ができると大阪までこんなに早くいけるの」という声が聞こえていました。
エントランスホールでは鉄道に関するショップも開設しています。おもちゃはもちろん、鉄道に関連した食器類や文房具など、お楽しみ商品がいっぱいです。もうすぐ夏休み!「TRAIN WORLD!」へレッツゴー

制服を着て、はいチーズ!

記念切符をもらって出発!

体験学習講座「親子教室 文楽(人形遣い)に挑戦!」

6月 10日 金曜日
6月4日(土)、体験学習講座「親子教室 文楽(人形遣い)に挑戦!」を開催しました。
西予市三瓶町の朝日文楽保存会の協力を得て、実際に使われている文楽人形の操作や人形遣いの衣装着用などを体験していただきました。

文楽は3人で一つの人形を遣います。3人の役割は次の通りです。
○主遣い…人形本体を支え、頭と右手を操る。頭の微妙な動きで、次の動きを他の二人に伝えるチームの司令塔。人形の重さは約5~10㎏。これを左手一本で支え続ける。
○左遣い…人形の左手を操る。自分の右手で人形の左手の動きを表現。
○足遣い…人形の着物の裾を両手で操り、足の動きを表現。

1本の演目は約30分間から50分間。その間人形を支え操り続けるのは、並大抵のことではありません。
講座を担当した朝日文楽保存会の谷本さん(当館職員)は「人形は主遣いの心を映して動いているため、物語の情景を考え、役になりきることが必要。主遣い、左遣い、足遣いの3人の息がぴったり合ったとき、はじめて人形が生きているように見え、お客様に感動を与えることができる。」と語ってくれました。

朝日文楽保存会 谷本さん

卯之町の町並でミニ講座を開催

11月 7日 土曜日

西予市経済振興課 Tさんからのご依頼を受けて、先日、西予市宇和町卯之町の町並で開催しているミニ講座の講師を務めてきました。

歴博の麓に広がる卯之町は、かつて宇和島藩の在郷町・宿場町として栄えました。
江戸中期から昭和初期の建築物が軒を並べた町並は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。
卯之町の町並

ミニ講座の会場となったのは、町並を代表する建物の一つ、旧末光家住宅。
明和7年(1770年)の建築とされ、卯之町の町並みに残る住宅では最古のものです。
末光家から同住宅の寄贈を受けた西予市では、毎月第一日曜日にこの住宅を一般に公開し、ミニ講座や作品展などの催しを行っています。
当館はこれまでも本講座に協力させていただいており、さまざまな学芸員が講師を努めています。
旧末広家住宅
今回、担当が歴博から持参したのは、可動する手回し式蓄音機とSPレコード。
旧末光家住宅の中で、蓄音機の解説と実演をしてみようという試みです。
実演の様子
江戸時代中期に建てられた住宅の屋内に、蓄音機ならではの温かな音色が響き、40名ほどの参加者一同、和やかなひとときを過ごすことができました。
解説・実演の様子

なお、同日は宇和特別支援学校生徒の皆さんが、通学や学校活動で慣れ親しんだ古い町並みへの想いをつづる学習発表もありました。
生徒の皆さんのご発表は本当に感動的で、地域との連携について、担当も想いを新たにした次第でした。

ギャラリートーク&サイン会開催!!

8月 29日 土曜日

今日は、待ちに待ったハローキティデザイナー山口裕子さんをお迎えしてのギャラリートーク&サイン会でした。
エントランスでは、同時開催中の「砥部分校デザイン科×ハローキティアート展」をご覧いただきました。
制作した砥部分校の生徒さんたちが山口さんに自分の制作したキティちゃんについて説明しているところ。

展示室で行われたギャラリートークは大盛況。
参加されたみなさんからの質問を山口さんから丁寧にお答えいただきました。

トークの後は、皆さんお待ちかねのサイン会。
一人一人とお話ししながら図録にサインしていただきました。
県内のみならず、お隣の高知県や愛知県からお越しのお客様もいらっしゃいました。

山口さん、お忙しい中、愛媛までお越しいただきまして本当にありがとうございました。

ハローキティアート展は、残すところ明日、明後日2日間。
皆さま、ぜひこの機会をお見逃しなく。

「ハローキティにアートしよう」3回目開催

8月 3日 月曜日

今回もたくさんのお客さんに参加していただきました。ありがとうございました。
素焼きの真っ白なキティちゃんへの最初の一筆目はとっても勇気がいるようですが、みなさん凄い集中力を発揮してどんどん筆が進みます。

それでは、3回目のワークショップ制作分をご紹介しましょう。
今日もとってもカワイイキティちゃんが勢揃い。絶対に同じキティちゃんはいませんヨ。

次回のワークショップ「ハローキティにアートしよう」は最終回になります。
8月23日(日)午前10時~/午後1時30分~
8月3日現在、午前午後ともに空席あります。

皆さまのご参加お待ちしています。
事前予約は、当館企画普及グループ(電話:0894-62-6222)まで。

©’76,’15 SANRIO

和田竜さんに「村上海賊の世界」展をご覧いただきました。

10月 12日 日曜日

10月10日(金)、2014年本屋大賞を受賞した小説「村上海賊の娘」の著者、和田竜さんに、4館合同特別展「村上海賊の世界」展をご覧いただきました。
本日、愛媛県庁での「愛顔(えがお)のえひめ文化・スポーツ賞」授与式があり、そちらにご出席されたので、それに合わせてのご観覧です。

展示をご覧になる和田竜さん

歴史文化博物館の出展資料をはじめ、「村上海賊」を切り口にした県立4館の多様な資料と魅力を楽しんでいただけました。

4館合同特別展「村上海賊の世界」は、10月19日(日)まで愛媛県美術館(松山市堀之内)で開催中(歴史文化博物館ではございません。ご注意ください。くわしくはこちら
会期も残すところあと一週間となりました。
入場無料です。ぜひごらんください!

Page 1 ⁄ 212