‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

「ハローキティにアートしよう」3回目開催

8月 3日 月曜日

今回もたくさんのお客さんに参加していただきました。ありがとうございました。
素焼きの真っ白なキティちゃんへの最初の一筆目はとっても勇気がいるようですが、みなさん凄い集中力を発揮してどんどん筆が進みます。

それでは、3回目のワークショップ制作分をご紹介しましょう。
今日もとってもカワイイキティちゃんが勢揃い。絶対に同じキティちゃんはいませんヨ。

次回のワークショップ「ハローキティにアートしよう」は最終回になります。
8月23日(日)午前10時~/午後1時30分~
8月3日現在、午前午後ともに空席あります。

皆さまのご参加お待ちしています。
事前予約は、当館企画普及グループ(電話:0894-62-6222)まで。

©’76,’15 SANRIO

和田竜さんに「村上海賊の世界」展をご覧いただきました。

10月 12日 日曜日

10月10日(金)、2014年本屋大賞を受賞した小説「村上海賊の娘」の著者、和田竜さんに、4館合同特別展「村上海賊の世界」展をご覧いただきました。
本日、愛媛県庁での「愛顔(えがお)のえひめ文化・スポーツ賞」授与式があり、そちらにご出席されたので、それに合わせてのご観覧です。

展示をご覧になる和田竜さん

歴史文化博物館の出展資料をはじめ、「村上海賊」を切り口にした県立4館の多様な資料と魅力を楽しんでいただけました。

4館合同特別展「村上海賊の世界」は、10月19日(日)まで愛媛県美術館(松山市堀之内)で開催中(歴史文化博物館ではございません。ご注意ください。くわしくはこちら
会期も残すところあと一週間となりました。
入場無料です。ぜひごらんください!

博物館実習終了

8月 27日 水曜日

8月19日から24日までの予定で行った博物館実習も無事終了しました。23日の午前中は、実習生が立案した民俗資料の展示替えを行いました。3カ所のガラスケースに弁当箱、野鍛冶道具、牛鬼の置物を展示しました。実習生は、資料の置き方、解説ラベルの内容など、観る側の視点に立って展示できたようです。実習生の展示は、民俗展示室2(海・里・山のくらし)で12月頃まで展示しています。ぜひ、御覧下さい。
また、23日の午後からは、歴史文化講座「ガラス玉をつくってみよう」の補助を行いました。ガラス棒をガスバーナーで溶かして、金属の棒に巻き取るのですが、火を扱うため事前研修を受けて臨みました。ガラスが割れないようにゆっくりと加熱し、火傷などがおこらないよう安全に気を付けました。参加いただいた子どもたちの「ありがとう」の言葉に、実習生も喜んでいました。24日はエントランスホールで、折り紙を使った変形手裏剣づくりの補助を行いました。接客対応にも少し慣れた様子でした。
実習生には、学芸員はもとより今後どのような道に進まれようとも、今回の実習は何らかどこかで活きるときがあると思います。実習生の皆さん、6日間お疲れ様でした。今後もお元気で。

牛鬼の置物の展示

ガラス玉作りを補助する実習生

手裏剣作りを補助する実習生

忍たま展開幕!!

7月 12日 土曜日

特別展「忍たま乱太郎 忍者の世界」

特別展「忍たま乱太郎―忍者の世界-」
テーマ展「松山城下図屏風の世界」が開幕しました。

みなさまのお越しをお待ちしています。

坊っちゃん列車が走った街~明治・大正・昭和の松山~

7月 22日 日曜日

明治21(1888)年から昭和29(1954)年にかけて、明治・大正・昭和を走り続けた坊っちゃん列車。城下町から近代都市へと大きく変貌する松山、昭和20年7月の空襲により焼け野原となった松山、そして目ざましい戦後復興を遂げる松山、坊っちゃん列車はそれぞれの時代の街の姿を見守ってきました。
この度、愛媛県歴史文化博物館の特別展「GO GO TRAIN!」開催にあわせ愛媛県立図書館との連携事業として、坊っちゃん列車が走った明治・大正・昭和の松山の移り変わりを、写真パネル・地図・パンフレットなどによりご紹介します。
県立図書館の図書資料と県歴史文化博物館の歴史資料をあわせてご覧いただくことにより、ふるさとの歴史や文化に対する理解と関心を一層深めていただきたいと思います。本展示が、県歴史文化博物館・県立図書館へ足を運んでいただく契機となれば幸いです。

会期:平成24年7月20日(金)~8月26日(日)
主催:愛媛県歴史文化博物館 愛媛県立図書館
会場:愛媛県立図書館 4階 えひめ資料室

県立図書館会場

テーマ展「伊予の文人―藩校と教育者―」開催のお知らせ

4月 26日 木曜日

 

4月24日(火)からテーマ展「伊予の文人―藩校と教育者―」を6月11日(日)まで開催しています。

 江戸時代の伊予には八つの藩(松山・今治・西条・小松・大洲・新谷・宇和島・吉田)と天領(幕府領)がありました。これらの藩校はそれぞれの地域の学校の源流になっています。

開催日となった本日、ご観覧いただいたお客様から、ふだん、何気なく暮らしている私たちの町に根付いている伝統と文化に、深く関心を持っていただきました。

たくさんの皆様にご観覧いただければ幸いです。