2007 年 4 月 のアーカイブ

収蔵資料紹介 窯道具パズル

4月 30日 月曜日

パーツ

 これはやきものを焼成するための窯道具です。ツクやトチンといわれる棒のような土台にタコ足のようなタコハマという道具を組み立てます。その上に碗と皿を積み上げます。碗と皿の間には、ハマという道具が挟まれています。これは、製品同士がくっつかないようにするためのものです。よくみると、皿や碗の中央に5つの点の傷がありますが、これがハマの痕跡です。
 この焼き方は、登り窯の狭い空間で、たくさんの製品を効率よく焼くために江戸時代後期に肥前で考案された方法で、近代にかけて砥部焼(砥部町)や三島焼(伊予市)、則之内(すのうち)焼(東温市)、御荘(みしょう)焼(愛南町)、三間(みま)焼(宇和島市)など、たくさんの窯で使われていました。
 この模型は、三間焼の窯道具をもとに復元した、当館のオリジナルです。三間焼は、明治24~34年頃に現在の宇和島市三間町土居中に所在した窯のやきもので、砥部焼の窯業技術の影響をうけて磁器の日常雑器を中心に焼成していました。
 近日、新体験学習室に登場いたします。それぞれ磁石でくっつくようになっていますので、ぜひ手にとって組み立ててみてください。この機会に、やきものを焼くために重要な役割を果たしていた、縁の下の力持ちの窯道具ついても興味をもっていただければ幸いです。

村上節太郎写真12 韓国済州島の海女 昭和21年

4月 29日 日曜日

村上節太郎写真1-36
 三崎(伊方町)の海士(あま)の歴史は古く、天保4(1833)年の記録には、三崎浦全体で30人程の海士がおり、年間6000程のアワビが献上されていたことが記されている。明治時代に入ると、海士は毎年80隻、200名前後が韓国に出漁するようになる。韓国への出漁は昭和15年で終わり、戦後再び三崎近海に戻り、あわびやさざえを獲っている。

 写真は松(伊方町)の海岸で撮影されたものであるが、実は三崎の海士を撮影したものではない。三崎地域の海士は普通「海士」と書くように、男性がほどんどである。この写真が貴重なのは、韓国済州島の海女、チャムスを撮っていることである。チャムスは昭和10年から20年代半ばまで三崎の沿岸まで出稼ぎに来て、てんぐさやあわびなどを獲っていた。写真を見ると、女性は中央に肩紐が付いたワンピース型の木綿の水着を着ている。これはチャムス独特の仕事着で、「ソジュンギ」といわれるもの。足元にはタンポと呼ばれる木製の浮樽も見える。村上節太郎はほとんど写真が残っていない三崎におけるチャムスの姿を見事にカメラで記録している。

村上節太郎写真11 瀬戸内海のシバリ網 昭和12年

4月 28日 土曜日

村上節太郎写真7-389
 「ウオジマ」という言葉がある。4月から5月にかけて、瀬戸内海の中央部に産卵のために群れをなして集まるタイが、まるで島のように見えたことから名付けられた言葉である。この時期のタイは身が肥えて脂がのり赤味が増していくことから桜鯛と呼ばれ、燧灘には桜鯛を目指して瀬戸内一円の漁師が集まった。

 写真はタイの群れを一網打尽(いちもうだじん)にするシバリ網漁を撮影したもの。二千枚の木の板をつけた網でタイをおどして一カ所に集めて、約1600mもある別の網で取り囲み、掛け声とともに網を絞っていく。10隻で60~70人の漁師が集団で行う勇壮な漁で、一網数千匹のタイが捕れることもあったという。戦後の乱獲や生育する藻場の減少により、タイの漁獲は次第に減っていった。大量の人数と資金が必要なタイ網も減少の一途をたどり、昭和40年代には完全に姿を消した。村上節太郎が撮影したのは、今治市桜井の漁師のタイ網であるが、その本拠地であった比岐(ひき)島では現在は民家3軒だけになっている。

※愛媛新聞連載「海と島に生きる」(平成19年1月20日掲載分:一部加筆修正)

体験学習室リニューアル作業

4月 27日 金曜日

本日、5月3日の新体験学習室のオープンに向け、そこに展示する石臼を民俗収蔵庫から運び出しました。しかしこれが重いのなんの…。初め、二人で持ち上げようとしましたが、ビクともせず、結局職員七、八人で台車に載せ運び出しました。

こちらは、運んだ石臼を設置した後の様子です。

体験学習室は、エントランスホールの一番奥にでき、場所も以前より1.5倍ほど広くなります。そして、なおかつ無料で入室できるようになります。この場所から、子どもたちの元気な声が聞こえてくるのももうすぐです。

もうひとつの忽那文書を収蔵

4月 26日 木曜日

 現在、秋に開催予定(10/6~12/2)の企画展「戦国南予風雲録」に向けて様々な資料調査や写真撮影を進めているところです。
 そんな中、先日、松山市の佛性寺へ古文書の調査・撮影のためにうかがいました。当寺は、最澄に師事し晩年に延暦寺別当となった地元出身の光定上人が、天長6(829)年に勅により開創したと伝わる天台宗の古刹です。

佛性寺

 といっても、調査資料は実は当寺とは内容的に全く関係のない、天正7(1579)年4月20日付、河野通直(牛福)が忽那亀寿に宛てた感状です。

河野通直(牛福)感状

 宛先の忽那氏は元々本来忽那諸島(松山市中島)を本拠とした在地領主で、当時はすでに河野氏の配下となっていました。この頃、河野氏は毛利氏の助力を得ながら喜多郡北部肱川下流域で対抗勢力と軍事衝突や調略戦を繰り返していました。その相手は「大洲旧記」や「河野家譜」など後世の編纂物類によると土佐長宗我部氏の支援を得た大野直之の勢力といわれますが定かではありません。4月15日、花瀬城(大洲市北只)において合戦があり、河野方は敗北、そこで忽那式部少輔(通著)が奮戦するも討死したことが内容から分かります。この感状は、その功績を賞する旨を、息子の亀寿に対し伝えた文書です。忽那氏当主の子息に宛てていることから、当然最初は忽那家に所在したはずで、その意味でいえば現在知られている「忽那家文書」や「忽那とら文書」などと元は一連のものであったと考えられます。つまり、もうひとつの忽那文書ともいえるでしょう。
 約1年半前に1度簡単な調査にうかがったことがあったのですが、今回あらためて展示に向けた調査にうかがったところ、御住職から思いもかけず寄贈の申出をいただきました。当館には、戦国末期の河野氏と喜多郡の関係を示す資料としてすでに「柁谷家文書」を収蔵していますが、喜多郡の中世を物語る貴重な資料をもうひとつ収蔵できることとなりました。詳しい資料解説についてはまた別の機会に譲りたいと思います。
 秋の企画展ではもちろん展示を予定しておりますので乞うご期待!

夏の企画展「異界・妖怪大博覧会」展示予告

4月 25日 水曜日

本日、エントランスホールにて、夏の企画展「異界・妖怪大博覧会―『おばけ』と『あの世』の世界―」(7月10日~9月2日開催)の館内広報を兼ねた「展示予告」として、展示予定資料の写真パネルを設置しました。

作業は、博物館ボランティアさんのご尽力で非常にスムーズに進み、無事完了しました。ボランティアの皆様、感謝、感謝です。

企画展の予告編として、幽霊・地獄・妖怪などに関する写真パネルを40点掲示しています。企画展開幕直前の6月下旬まで掲示予定です。

ゴールデンウィークの「こどもの日イベント」や、「紙モノ大図鑑」展などで、博物館をご利用の際には、エントランスホールでぜひご覧下さい。

紙モノ大図鑑はじまりました

4月 24日 火曜日

会場入口
 紙モノ大図鑑ついにはじまりました。会期は6月17日(日)までです。会場には来館記念としてお持ち帰り用に、昭和初期の情緒あふれる松山の風景を木版にした永井刀専の復刻絵葉書セットを置いています。みなさまのご来館をお待ちしています。
永井刀専復刻絵葉書

雑貨屋できました

4月 23日 月曜日

紙モノの列品も最終盤。昨日は夜遅くまでかかって、それぞれのイメージを持ち寄って、雑貨屋さんをディスプレイしていきます。担当の学芸員が阿吽(あうん)の呼吸で必要と思われる資料を持ち寄ってつくりあげていきます。
雑貨屋の列品

 思っていたよりも早く完了。仕上がりはこんな感じです。
雑貨屋

 今日はこれからライティング。紙モノ大図鑑、開幕間近です。

紙モノの列品、追い込みです

4月 22日 日曜日

 紙モノの列品、苦戦中です。なかでも大量のメンコは並べても並べても先に進まない感じです。それでもようやく並び終えました。
めんこの展示

 こちらは女性の絵柄の絵団扇(うちわ)。クーラーがない時代は家の中にたくさん団扇がころがっていました。夏らしく浴衣を着た女性や当時のスターも印刷されていました。そんな団扇を専用の展示台に並べていきます。
絵団扇の展示

 こちらは少年少女雑誌に付いていた付録マンガ。手塚治虫や横山光輝など人気マンガ家の作品も、専用の器具を使って並べました。
付録マンガの展示

 額装したポスターなどはワイヤーでつっていきます。この高所作業では、当館の若手(?)学芸員が大活躍。昨日までの進捗状況は、独断で言うと60パーセントというところでしょうか。このままでは間に合わないので、今日は夜までがんばります。

宇和島市遊子水荷浦・ふる里だんだん祭り

4月 20日 金曜日

4月15日に宇和島市遊子・水荷浦(みずがうら)地区で行われた「第6回ふる里だんだん祭り」(主催:遊子自治会、NPO法人「段畑を守ろう会」など)に参加しました。テーマ展「宇和海のくらし」(仮)の調査の一環で、当日お伺いしました。
会員の方々に伺ったお話なども交えながら、当日の様子をご紹介します。

ふる里だんだん祭りは平成13年から開催されており、今年は6回目となります。地元の自治会や、NPO法人「段畑を守ろう会」(以下:守ろう会と略)などの主催です。
当日は、馬鈴薯(ばれいしょ)の即売会や段畑のガイドツアー、馬鈴薯重量あてクイズなどが開催されました。
 

JR宇和島駅前の宇和島バス本社前から無料送迎バスが出ていました。整理券をいただいてバスに乗ります。


バスに乗って現地に到着。続々とお客さんが来ています。沢山の出店も出ていて、賑やかです。


開会宣言などに続いて行われた遊子龍王太鼓。


馬鈴薯の販売が行われていました。
一年中、霜が降らない水荷浦では、日本一早く露地ものの馬鈴薯が収穫できます。段畑の石段による地熱効果もあるそうです。


遊子小学校の生徒さんが作成したかべ新聞です。
記事の内容は、守ろう会の方々と一緒に畑を耕し、お芋を作ったこと、猪にせっかく作ったお芋を食べられてしまったことなど。驚いたこと、しんどかったこと、うれしかったこと・・・生き生きとした文章や絵で表現されていました。


馬鈴薯重量あてクイズ。
3つのかごに合計約50キロの馬鈴薯が入っており、それぞれのかごの重さを予想します。
微妙な重さの違いが、どれほどの差になるのか・・・。何度も、持って、書き直しました。
結果発表はのちほど。

段畑ガイド。
守ろう会の方による段畑のガイドツアーです。
「水荷浦」という地名や段畑の歴史、重要文化的景観の選定への取り組みなど、わかりやすく解説していただきました。


一つ一つ手作業で組まれた石が、石垣となり、段畑を構成しています。石垣の強さを守るため、草むしりも欠かせないそうです。


馬鈴薯重量あてクイズの結果発表。
ステージで、1つずつかごの重さを計り、正解を発表。正解した方で、そのかごの馬鈴薯を分けてお持ち帰りできます。100グラム単位まで予想するクイズなので、それをズバリ的中なさった方はすごいです!


当たりくじつき餅まき大会。
お客さんたちは、餅を入れる袋を用意してスタンバイ。
当たりのお餅には、魚の印の焼き印がおしてあるそうです。

この他、アマチュアバンド演奏や、子供向けのイベント(ミニSL運行など)も行われました。
去年よりも少ないとのことでしたが、多くのお客さんがいらっしゃっていました。
このようなイベントが、多くの方々が段畑について関心をもっていただくきっかけになればと思います。
守ろう会の皆様を始め、「ふる里だんだん祭り」の準備・運営に携わられた方々、お疲れ様でした。
 

Page 1 ⁄ 3123