2008 年 6 月 14 日 のアーカイブ

南予の中世城跡探訪12 宇和盆地北部の領主多田宇都宮氏 ―下木城跡周辺―

6月 14日 土曜日

 中世に宇和盆地(西予市宇和町)の中枢部には西園寺氏がいて、周辺の在地領主たちがそれに従ったことはよく知られています。その宇和盆地の北端、多田地区には当時多田宇都宮氏という領主がいました。この多田宇都宮氏が本拠とした城が下木(しもき)城です。国道56号線の東多田交差点の辺りから西を見て、すぐ目の前に見える小高い丘がそうです。ほぼ独立丘陵といってもよい丘の山頂に、3段に連なった曲輪を中心として、周囲に帯曲輪を廻らせています。


  下木城跡

 多田宇都宮氏は西園寺氏と本拠が近いものの、西園寺氏と敵対するといった姿を見せる場合もあり、もしかするとある程度の独自性を持っていたのかもしれません。けれども、多田宇都宮氏に関する同時代の確実な資料はほとんど残っておらず、謎の多い領主です。
 多田地区には、西方の山際に大安楽寺という寺院があります。多田宇都宮氏の始祖とされる宇都宮永綱が創建したと伝えられ、同氏の菩提寺となっています。江戸時代には、門脇のお堂に戦国末期の当主宣綱が奉納した永綱像が安置されていたといいます。それとはおそらく別物と思われますが、現在も永綱座像が本堂内に祀られています。また、約2m50cmもの絹地を使って、紅柄(べんがら)で着色した中に月星の文様を大胆なデザインで抜いた、宣綱所用と伝わる大旗も伝来しています。
 大安楽寺の門前を少し下ると蛇骨堂(じゃこつどう)という祠があり、毎年11月下旬に「蛇骨祭」が催されます。これも永綱に関わるもので、彼が当地に移り住んだ時に、淵に住み害をなす蛇を退治したところ、蛇の霊が依然万民に害をなし、さらに風雨不順を引き起こしたため、淵を開削して池を設け、蛇を祀る祠を造ったのが大安楽寺の始まりだという伝承があり、その蛇の骨を祀る建物が蛇骨堂だといわれています。実際に蛇を退治したとは思い難いですが、蛇は古くから神の化身とされてきました。そして、古来からの土地(自然)の神である蛇と、新たな開墾者である人間との軋轢(あつれき)を題材とした伝説も昔から語られています。また、大安楽寺の裏山の沢筋はどうも土砂崩れが起こるらしく、現在ではコンクリートの防壁による治山工事がされています。このような沢筋の土石流を、中部地方の一部地域では「蛇抜け(じゃぬけ)」と呼ぶことがあります。特に水を司る蛇(竜)がもたらす災害に対し、その蛇を鎮め、ゆかりの地・物への信仰によって村の平穏などを祈る、といった伝説も各地に伝えられているようです。こうした自然開発・制御の伝承の一つとして、初代永綱に結び付けられ語られてきた蛇退治伝説を、この多田の地の「蛇骨堂」にも見ることができます。


  蛇骨祭の様子

 寺から少し東へ出ると、宣綱廟と呼ばれるお堂があり、多田宇都宮氏一族に関係する五輪塔が何基か立っています。ほとんどが近世のものと思われますが、一部古そうに見受けられるものもあります。お堂の外にも何基か石塔があり、興味深いのは宣綱の愛馬の墓と伝えられる墓石があることです。墓石自体は近世のもののようですが、まるで死後もずっと主のそばに寄り添うようで、何ともほほえましく思えてしまいます。


  宣綱廟の内部


  宣綱の愛馬の墓と伝わる墓石
  右の墓石に、「馬墓」と見えます。