2008 年 11 月 10 日 のアーカイブ

特別展江戸考古紹介(9) 発掘された松山藩の武家屋敷

11月 10日 月曜日

県民館跡地
 県民館跡地((財)愛媛県埋蔵文化財調査センター提供)

 県民館跡地は、松山の中心部、松山城堀之内に所在します。愛媛県美術館を建設するにあたり、1996年に(財)愛媛県埋蔵文化財調査センターにより、県内で初めて本格的に調査された近世遺跡です。調査では、南北や東西の道路跡や、幕末期には11軒分の中級から上級の武家屋敷が見つかっています。
 出土遺物も1000箱を超えるコンテナを数え、16世紀後半から19世紀前半の資料があります。今回の特別展では、県民館跡出土資料を中心に松山藩の武士たちの暮らしのさまざまな道具を紹介しています。