2008 年 11 月 22 日 のアーカイブ

特別展江戸考古紹介(21) 江戸屋敷で見つかった西岡焼

11月 22日 土曜日

汐留遺跡出土西岡焼
汐留遺跡出土西岡焼(東京都教育委員会蔵)

 これは、東京、江戸の大名屋敷でみつかった「豫州松山」銘のやきものです。鳥などのえさ入れと考えられます。これまで紹介してきた、東温市で焼成された西岡焼です。仙台藩伊達家と龍野藩脇坂家の江戸屋敷から見つかりました。西岡焼が遠く江戸の大名家に持ち込まれていたことのわかる、貴重な資料です。このことは、西岡焼の果たした役割を考える上で大変重要です。
 今回の特別展にあたり、江戸東京でみつかった西岡焼を初公開しています。ぜひご自分の目でごらんください。