2009 年 2 月 のアーカイブ

南予の中世城跡探訪26 ―延尾城跡―

2月 27日 金曜日

 肱川下流の中ほどにある大洲市八多喜(はたき)町は、支流清永川の谷間の入口に位置し、江戸時代は肱川河岸の在郷町として賑わったといいます。そこから谷の奥へ向かうこと1kmと満たない尾根上に延尾城(のぶのおじょう、信尾城とも書く)があります。以前に紹介した祖母井城と八多喜町の谷を挟んで向い合うように位置します。中世の史料に延尾氏の存在が見えるので、ここを本拠とした領主と思われます。


  延尾城跡

 この城も、眼前にある肱川の水上交通を視野に入れた立地と推察されますが、何よりこの城が歴史上脚光を浴びるのは、城下で起こった合戦によってとなります。天正12(1584)年、土佐長宗我部氏は周辺政治情勢の変化に伴い、南予方面への軍事侵攻を開始し、破竹の勢いで一気に宇和郡を征圧し、喜多郡も北部沿岸部を残してほぼ征圧達成目前にまでいたりました。

 それに対し、迎え撃ったのは河野氏・毛利氏の連合勢力で、毛利氏から桂広信・広繁らが加勢として派遣され、反撃を開始します。しかし、肱川下流域の城が次々と長宗我部勢によって落城する中で、十一月初頭頃に延尾城も陥落することとなります。増援が必要と判断した毛利氏は、翌13(1585)年になってさらに平賀元相・木梨元恒らを派遣します。

 そして2月4日、延尾城の長宗我部氏勢力のために大津衆が来援したことで、平賀氏との間で城下において合戦が起こりました。毛利氏側は、防戦に勝利したと認識しているので、来援を返り討ちにしたのは確かでしょうが、延尾城を奪還できたかどうかははっきりしません。いずれにしても、延尾城はこの頃しばらく長宗我部氏の最前線拠点とされ、河野・毛利勢力との間で攻防が展開されるという、軍事的境界に位置する城でした。

企画展プレ展示「絵で見る考古学―早川和子原画展―」開催中!

2月 26日 木曜日

展示風景

 当館では4月25日(土)から企画展「えひめ発掘物語Ⅱ&絵で見る考古学―早川和子原画展―」を開催いたします。
 この展示は、発掘調査成果の学術的な要素をふまえ、日本各地の遺跡を人々のくらしとともに生き生きと描く考古復元イラストの第一人者である早川和子氏のイラスト原画約70点を紹介するものです。今回は、プレ展示として9点の作品を考古展示室にて先行公開しています。一足前に展示作品の一部をご覧ください。

■展示作品
・石器を作る人々(大阪府翠鳥園遺跡)
・栗林と貯蔵穴(青森県三内丸山遺跡)
・環濠を掘る(佐賀県吉野ヶ里遺跡)
・縄文と弥生の文化が集うムラ(愛知県朝日遺跡)
・大首長の葬儀(京都府椿井大塚山古墳)
・埴輪をつくる(大阪府新池埴輪窯)
・狭い石槨で壁画を描く(奈良県キトラ古墳)
・製鉄遺跡の復原(京都府遠所遺跡)
・宇治平等院の発掘風景(京都府宇治市平等院)

 プレ展示は4月中旬までの予定です。
 また、企画展に合わせ、早川和子氏が県内各地の遺跡を取材し作成した復元画も初公開の予定です。この新作の取材の様子については、後日紹介したいと思います。

十二単着付け体験を抽選しました。

2月 20日 金曜日

今年のおひなさまイベントは、2月28日(土)、3月1日(日)ですが、このイベントに先立って、19日、十二単着付け体験の抽選を行いました。(18日が締切でした。)
今年も多くの方にご応募いただきました。本当にありがとうございます。

職員が見守るなか抽選開始。抽選を担当する職員は責任重大です。
実は、抽選の噂を聞きつけた職員が周りを取り囲んでいます。

抽選中
お申し込みいただいた皆さま、結果は返信ハガキで通知いたしますので、今しばらくお待ちくださいね。

今年の「おひなさま」展では、お客さまのご要望にお応えすべく奮闘した結果、おひなさまイベント日以外でも「おひなさまに変身!」コーナーを企画展示室内に設置することができました。
おひなさまに変身!コーナー
会期中いつでも、小・中学生(身長110cm~140cm)の方を対象に西条藩松平家のおひなさま(女雛)と同じタイプの衣裳(袿袴姿)の着付けを行っています。こちらの衣裳も十二単と同じく平安時代のお姫さまの衣裳になります。会期中ならいつでも体験することができますので、お気軽にご参加ください。(参加費は無料ですが企画展観覧券が必要となります。)
もちろん、写真撮影できますのでカメラを忘れずにお持ちくださいね。
みなさまのご来館、ご参加をお待ちしています。

南予の中世城跡探訪25 ―水沼城跡―

2月 19日 木曜日

 肱川下流の中ほど、大洲市街から長浜に向かう途中、八多喜(はたき)町に入る手前でまるで門を抜けるかのように尾根の切通しを通って八多喜町に入りますが、その肱川側の尾根上に水沼城はあります。八多喜町側からは全貌をよく眺めることができます。この地域の戦国時代の史料に水沼氏という領主が見られますが、ここを本拠とした領主と思われます。


  水沼城跡(中央)
   左の尾根上に祖母井城、右の谷間に肱川が流れ、
   奥は大洲盆地に通じる

 祖母井城から連なる尾根の先端で、直線的に河口に通じる肱川下流の流路に張り出し、あたかも流路に立ちはだかるようです。下流ではここが最も流路の狭くなる、くびれた部分となっています。また、迫り出した分、川の上流・下流ともに非常に眺望が効く立地となっています。


  水沼城跡(右)の麓を流れる肱川
   左右の尾根で流路がくびれ、城山が流れを遮る

 この最も狭くなった肱川に面して、水沼城の先端から続く微高地に岩津の集落があります。川筋には尾根先から続く岩場を見ることもできますが、その名の通りここには岩場に出来た津が存在していたのでしょう。

 また、尾根先端部には旧郷社の祇園神社が鎮座します。江戸時代の大洲藩主は、参勤交代の際に当社に参拝してから出帆したといいます。当社は肱川を正面にしており、川からの参拝を前提に祀られている様子もよくうかがえます。


  祇園神社
   水沼城跡の突端、肱川に面して鎮座する。
   手前は現在の肱川堤防。

 肱川下流域の水運管理にとって、重要な役割を果たした城であったといえるでしょう。

企画展「おひなさま」が開幕しました。

2月 17日 火曜日

おひなさま

企画展「おひなさま」は、本日開幕しました。
観覧料は以下のとおりです。
■企画展
大人  200円(150円)
小・中学生  100円(50円)
■常設・企画展共通
大人  600円(550円)
※(  )内は20名以上の団体料金になります。
※65歳以上の方は常設・企画展ともに無料です。
※小・中学生は常設展は無料です。

職員一同、みなさまのご来館を心よりお待ちしております。

昨日も列品、今日も列品

2月 14日 土曜日

毎年恒例の企画展「おひなさま」の列品もいよいよ佳境。毎日ひたすら箱から人形や道具を出して並べていきます.
箱から取り出す

狭い展示ケースでの作業。終盤にはいつも足が痛い人、腰が痛い人が続出します。
ケース内で列品

かなりのおひなさまを並び終えました。完成まであともう少しです。
完成した段飾り

南予の中世城跡探訪24 ―祖母井城跡―

2月 13日 金曜日

 肱川は、大洲盆地から長浜まで狭い谷間をほぼ直進して河口へいたります。そのほぼ中ほど、ちょうど大洲市八多喜(はたき)町を少し入った尾根上に、祖母井(うばがい)城はあります。戦国時代の史料に祖母井氏の名が見られるので、ここを本拠とした領主と思われます。珍しい名前ですが、栃木県の宇都宮市の東隣の芳賀町には「祖母井」の地名があり、大津(大洲市)宇都宮氏の本家で有力御家人であった下野宇都宮氏の所在地の至近です。鎌倉時代に宇都宮氏が伊予守護職を獲得し、喜多郡地頭職をも獲得して支配が始まるに伴い移住してきたと見てよいでしょう。


  祖母井城跡(下流側)
   麓に八多喜の集落、前面に低地帯が広がる

 この城の尾根は、肱川下流で唯一流路に張り出しており、上流・下流ともに眺望が効きます。上流は、麓に春賀の低地(水田地帯)が広がり、先には大洲盆地が見えます。下流は、麓に八多喜の町並みとやはり低地が開けています。八多喜町側に階段状の郭が配され、春賀側が最も高い本郭になっており、そこから両方を見渡すことができます。


  祖母井城跡(上流側)
   前面に春賀の低地帯が開ける

 大津盆地から河口まではほとんど標高差がなく、そのため肱川は現在でもよく川の氾濫が起こり、低地が水没します。また、ちょうどこの地域の手前の米津付近まで潮位の影響を受ける汽水域となっていて、江戸時代の大洲藩では、加屋村須合田に浜番所を置き、河口の長浜に継ぐ港町となっていたそうです。麓の八多喜町も、河岸の在郷町として発達し、現在もその面影を残しています。おそらく中世のこの付近では、低湿地や淀みなどが広がり、河口のV字谷とは違って船溜りなどを造りやすい景観だったと推測できます。


  八多喜町に残る旧家

 米津には瀧之城があり、そこは宇都宮氏の重臣津々喜谷(つづきや)氏が本拠としましたが、栃木県芳賀町の東隣の市貝町には「続谷」の地名があり、やはり宇都宮氏の喜多郡支配に伴って土着した下野(栃木県)の領主の一族と思われます。こうした下野以来の領主が土着していることからも、宇都宮氏の支配にとってこの地域が重視されていた様子が垣間見えます。

 四国平定後に豊臣政権下で行われた城郭整理では、伊予を拝領した小早川隆景が、「祖母谷、瀧之城、下須戒、これも一所にまとめたい」と言っています。河口にある下須戒と合わせ、この3城がすべて肱川下流の城として、水上交通を押さえる拠点となっていたと推察でき、統一政権下ではその役割を1つの城に担わせようとしたようです。

ことわざになった道具たち―その17―夏炉冬扇(かろとうせん)

2月 6日 金曜日

長らくご紹介してきました「ことわざになった道具たち」も、とうとう今回で最終回となりました。最後にご紹介するのは「夏炉冬扇」という言葉です。
「夏炉冬扇」とは、夏の炉(ろ)(火鉢(ひばち))、冬の扇(おうぎ)といった季節はずれの「むだなモノ」という意味で使います。夏は涼しく、冬は暖かくすごしたいと思うのは昔も今もかわりません。
今週末の8日(日)で閉幕を迎えます「昔の道具の謎をとけ!」展では、暖かい冬のくらしのために使った道具を紹介しています。見ているだけでも暖かくなってくるかもしれません。ぜひ見にいらしてください。

例 「2月に扇風機を買うなんて何考えてるの?夏炉冬扇じゃない。」
  「知らないの?暖かい空気を部屋に行きわたらせるのに扇風機がいいんだよ。」

暖房道具と怪人れきはく
怪人れきはくと暖房道具

「昔の道具ではかってみたら??」

2月 5日 木曜日

「昔の道具の謎をとけ!」展もとうとう、この週末で閉幕となります。まだご覧になっていない方はぜひ、すでにご覧頂いた方ももう一度、博物館へ足をお運び下さいませ。
先日2月1日(日)に体験プログラム「昔の道具ではかってみよう」が開催されました。このブログでも紹介していますが、昔の「単位」や「はかる道具」は意外と今の生活にも残っているものです。
まず、畳の大きさをはかってみます。畳の大きさはcmではなく「尺」という長さの単位で表されます。

畳をはかる

毎日食べるお米も、お店ではキロ単位で売っていますが、ご飯を炊く時は「一合、二合」と「合」という体積の単位ではかります。

色々な升

お米や液体など体積を計る道具「升」にも色々な大きさ、形があります。柄がついている升は液体用です。
口の部分に鉄で補強してある升もありましたね。これは升を使ううちにすりへっていくと、正確にはかれなくなるので、補強してあるのです。

お米をはかる

そして、実際にお米をはかってみました。升にいれたお米を、斗かき棒という棒で、すりきり一杯まで山をならしてはかります。
みんな上手に升と斗かき棒を使って、お米をはかることができました。

ことわざになった道具たち―その16―月夜に提灯

2月 4日 水曜日

月夜に提灯
月夜に提灯(ちょうちん)
(イラスト 菊池安希子)

月が明るく照らしてくれる夜には、明かりの道具はいりません。ですので「月夜に提灯」とは、必要なものでも時と場合によっては「無駄(むだ)なもの」「必要ないもの」になるという意味です。
明かりの道具の中でも、提灯は、持ち歩きに便利で、風が吹いても火が消える心配がないので、外で使うのに便利でした。

例 今日の天気予報は晴れだから、傘は「月夜に提灯」だよ。

Page 1 ⁄ 212