2010 年 7 月 7 日 のアーカイブ

まもなく開幕! 水木しげるとゲゲゲの鬼太郎   ―妖怪道五十三次―

7月 7日 水曜日

 7月10日(土)にオープンする特別展「水木しげるとゲゲゲの鬼太郎―妖怪道五十三次―」の開催に向けて、ただいま展示準備中です。

 今回はその作業風景の一部を紹介しましょう。

1 妖怪画「妖怪道五十三次」の展示風景

 ゲゲゲの鬼太郎をはじめ、目玉おやじ、ねずみ男、ぬりかべなど300体以上にも及ぶ、さまざまな日本の妖怪が登場する、水木しげるさんの妖怪画「妖怪道五十三次」を壁面に展示しているところです。55枚もの作品を壁面にしっかりと固定させ、バランス良くきれいに壁面に展示します。展示企画者の学芸員の指揮のもと、日本通運の美術品スタッフが作業しています。

2 水木しげる人生絵巻の展示風景

 ゲゲゲ鬼太郎の作者・水木しげるさんの人生を紹介した7メートルもの絵巻をケース内に展示しています。巻物が長いため、紙がやや反っていますが、作品に負担をかけないように展示します。

3 ぬりかべの展示

 大きなぬりかべの模型を仮置きし、会場内でのレイアウトの調整や、露出展示となるため、パーテーション等の設置について検討しています。

 この他にも、鬼太郎人形、妖怪ブロンズ、当館所蔵の百鬼夜行絵巻など、妖怪にまつわる貴重な資料を数多く展示します。

 特別展「水木しげるとゲゲゲの鬼太郎―妖怪道五十三次―」(7月10日~9月5日)、乞うご期待!