2012 年 10 月 5 日 のアーカイブ

高機(たかばた)を組み立てる

10月 5日 金曜日

 愛媛県歴史文化博物館の秋の特別展、「佐田岬半島と西日本の裂織」展では、会期中、佐田岬裂織り保存会のご協力により、裂織りの製作実演も行われます。

 先日は、佐田岬裂織り保存会のメンバーの方が、実演用の高織(たかばた)を持ってきてくださいました。

「大きな高織がトラックに乗ってくるのかな~」

とのんきに構えていたのですが、各部品に解体されてコンパクトに運ばれてきました。

 企画展示室に運び込まれ、メンバーの方が手早く組み立てていかれます。

 

 

足下の踏木(ふみぎ)の部分です。

少し角度を調整すると、すーっと部品が入っていきます。

組みあがりましたら、次はタテ糸です。

これはタテ糸が巻かれた千切(ちきり)という部分です。

筬(おさ)をはめたところです。

 高機を組み立てた後、タテ糸の張りなどを丁寧に調整します。

 そして当館職員も裂織りの織り方を教えていただきました。

 はじめはおそるおそるでぎこちなかった手つきも、段々慣れてくるから面白いものです。あわせて、部品の役割や意味なども教えていただくことができました。

 この高機は期間中いつでもご覧いただくことができますが、11月には保存会のメンバーの方による裂織りの製作実演もございます。

  日時 11月24日(土)・25日(日)

     10:00~12:00 13:00~16:30

     佐田岬裂織り保存会による製作実演

*企画展観覧券が必要です

 

実際に製作されている方ならではの貴重なお話しもうかがうことができるかもしれません。 「織り」の仕組みを体感していただく貴重な機会ですので、ぜひご来館ください。

 また、今回の特別展は、関連講座も充実しております。

 まずは開幕してすぐ、展示担当学芸員による「佐田岬半島と西日本の裂織」をテーマにした講座がございます。

  日時 10月8日(月・祝) 13:30~15:00

     今村 賢司(当館学芸員)「佐田岬半島と西日本の裂織」

  また、京都府立丹後郷土資料館で資料課長をつとめられ、裂き織りの研究者である井之本泰氏による講座も控えております。

 日時 10月21日(日) 13:30~15:00

    井之本 泰氏(元京都府立丹後郷土資料館資料課長)

    「木綿再生-丹後の裂き織り-」

 特別展とあわせて、参加頂ければと思います。