2013 年 3 月 のアーカイブ

講演会「やさしい仏像の見方」

3月 14日 木曜日

 愛媛県歴史文化博物館友の会では、会員さんによるクラブ活動が行われています。
 秋の特別展「佐田岬半島と西日本のサキオリ」展では、裂織りクラブの会員の方の作品をエントランスで展示しました。ほかにも古文書や考古をテーマにしたクラブもございます。
 
 このたび、クラブの一つである、民俗クラブ主催による講演会が開催されますのでお知らせいたします。
 テーマは「やさしい仏像の見方」です。
 講師は仏像研究者の武田和昭先生です。武田先生は仏像・仏教美術、四国遍路研究者として香川県、愛媛県内をはじめ各地でご活躍されています。著書に『四国辺路の形成過程』(岩田書院)、『讃岐の仏像―知られざる仏像を訪ねて―』(美巧社)などがあり、円明院のご住職でもあります。
 今回の講演会では、仏像の歴史、仏像の種類と造像年代についてスライドを交えながら、武田先生にわかりやすく解説していただきます。愛媛県をはじめ四国にある特徴のある仏像についてもご紹介いただきます。仏像の見方についての基礎講座は希少な機会ですので、ぜひご参加ください。

日  時  平成25年3月20日(祝・水)13:00~16:00
会  場  愛媛県歴史文化博物館 多目的ホール

受  付  事前申し込みは不要です。当日会場入口にて受付します。
参 加 費   友の会会員は無料です。
        会員以外は常設展示観覧券(大人500円)が必要です。
主   催  愛媛県歴史文化博物館友の会民俗クラブ

これを機会に仏像の魅力に加えて、友の会の活動にも興味を持っていただければ幸いです。

常設展示室に風船爆弾展示

3月 12日 火曜日

  3月5日(火) の休館日に保守点検が行われ、その際歴史展示室4(近・現代) に風船爆弾の模型が展示されました。風船爆弾は、太平洋戦争末期、和紙と蒟蒻糊で作った気球です。爆弾を吊して、偏西風にのせ、アメリカ本土の爆撃を目的として作られました。実際アメリカ本土まで達し、被害を与えています。
 本県でも製紙業の盛んな東予地方で作成されました。川之江高等女学校33回生は勤労動員として昭和19年から風船爆弾を作成する日々を送りました。ぜひ一度御来館の上、このような戦闘道具があったこと、そして日々作成した勤労動員の生徒がいたことを忘れないでいただければと思います。

リフトで風船爆弾を取り付け

実際の1/11の大きさです

おひなさまイベント開催中です

3月 2日 土曜日

今日から博物館ではおひなさまイベントが開催中です。十二単は応募を締め切っていますが、西条藩松平家のお雛様と同じ袿袴(けいこ)姿に変身できる体験イベントには申込みなしで参加できます。

こちらの衣裳は、少し大きいタイプのものです。身長140センチぐらいまで着付けができます。

こちらの衣裳は、小さいタイプのもの。かわいらしいでしょう。身長100センチから着付けが可能です。

おひなさまに変身♪は、3月2日(土)、3日(日)の10:00~12:00、13:00~15:30に開催しています。対象は幼児~小学生(身長100~140cm)です。姉妹で一緒に写真を撮るのもオススメです。

それ以外にも様々なイベントが開催中です。その日その日の行事は、博物館HPに行事予定というアイコンができましたので、そちらからご確認ください。 ご来館お待ちしています。