2016 年 4 月 のアーカイブ

常設展示室(中世)の展示替え~村上海賊と現代の創作作品~

4月 30日 土曜日

昨日の記事で紹介したとおり、村上海賊に関するストーリーが「日本遺産」に認定されるなど、近年、村上氏をはじめとする瀬戸内海の海賊衆の歴史が高い注目を集めています。
村上海賊の活動の足跡は、現代の創作物にも影響を与えており、村上氏や瀬戸内海の海賊衆をモチーフにした多くの小説・コミックや映像などの作品が生み出されています。

今回の展示替えでは、いつもの歴史史料とは視点を変えて、展示室内にミニコーナーを設け、当博物館が制作に協力した、または当館に関連する以下の4作品を展示紹介しています。
村上氏と現代の創作作品

尼子騒兵衛氏作『落第忍者乱太郎』(朝日新聞出版)
忍者のタマゴたちが主人公のアニメ「忍たま乱太郎」の原作です。ギャグを基調としつつ、入念な時代考証により室町・戦国時代の世相を反映した世界観に貫かれています。作中に登場する「兵庫水軍」は、村上海賊がモデルで、その活動の実態が色濃く反映されています。乱太郎たちが船道具を持っている、第40巻の表紙を置いてみました。

「船中の四功 山立・鬼蜘蛛丸」(『落第忍者乱太郎』より)
尼子騒兵衛氏作・寄贈
『落第忍者乱太郎』作中に登場する「兵庫水軍」は村上海賊の活動をモデルとしており、本作は兵庫水軍のキャラクターの一人、鬼蜘蛛丸を描いたものです。山立(やまだち)とは航海の責任者を指します。2014年、当博物館での特別展開催を記念して制作・ご寄贈いただきました。
山立 鬼蜘蛛丸

和田竜氏作『村上海賊の娘』(新潮社)
和田竜氏による長編歴史小説。天正4年(1576)第一次木津川口合戦における能島村上氏の村上武吉の娘が描かれています。第35回吉川英治文学新人賞、第11回本屋大賞受賞。瀬戸内海の海賊衆に関する詳細な時代考証が施されており、多くの史料が小説に反映されています。

原作 和田竜氏・漫画 吉田史朗氏 作『村上海賊の娘』(小学館)
和田竜氏による長編歴史小説『村上海賊の娘』の漫画化作品です。当博物館は村上水軍博物館(今治市)とともに取材協力しており、当展示室で常設展示している戦国末期の小早や安宅船模型を資料の一つとし、軍船や船戦に関する緻密な描写がなされています。

本展示室では、戦国期の軍船「小早」「安宅船」模型をはじめ、海賊衆に関する歴史史料が数多く展示されています。
中世展示室(伊予の水軍)
今回新たに設けてみたミニコーナーとあわせてご覧いただくことで、それぞれの作品世界や、戦国期の瀬戸内海で躍動した村上海賊について理解を深めるきっかけとなれば幸いです。

南予の文楽(人形浄瑠璃)公演

4月 29日 金曜日

皆さんは、文楽(人形浄瑠璃)をご覧になったことがありますか?
「歴博」では、5月5日(木)こどもの日の午後、「えひめいやしの南予博2016」の一環として、南予の文楽(人形浄瑠璃)公演があります。

愛媛で文楽と言えば、内子座で毎年行われる文楽公演を思い浮かべられる方が多いかもしれませんが、南予には西予市三瓶町の朝日文楽、西予市明浜町の俵津文楽、大洲市肱川町の大谷文楽、鬼北町の鬼北文楽が今も伝承されており、朝日文楽、俵津文楽、大谷文楽は、昭和52年に県の無形民俗文化財に指定されています。

かく言う私も阿波の人形浄瑠璃のさわりを少し拝見したくらいで、恥ずかしながらきちんとした文楽公演を通しで観たことがないので、今回、文楽デビューをさせていただこうかと思っています。

三味線と太夫の語りに人形遣いが、三位一体となって表現される文楽。今回、実演いただく朝日文楽と俵津文楽は、それぞれ地元で、太夫、三味線、人形遣いの「三業」を演じれる方を育てておられるとのこと。まさに伝統文化の継承です。

下の写真は、お昼に館内のレストランに行った際、雑誌コーナーに何気なく置かれていた一冊。平成21年度に「歴博」で特別展を開催した際の図録でした。

祝!村上海賊に関するストーリー、「日本遺産」認定!

このほど、村上海賊に関するストーリーが、文化庁により「日本遺産」に認定されました。
(申請主体:今治市〔愛媛県〕・尾道市〔広島県〕)

“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-

 戦国時代、宣教師ルイス・フロイスをして“日本最大の海賊”と言わしめた「村上海賊」“MurakamiKAIZOKU”。理不尽に船を襲い、金品を略奪する「海賊」(パイレーツ)とは対照的に、村上海賊は掟に従って航海の安全を保障し、瀬戸内海の交易・流通の秩序を支える海上活動を生業とした。その本拠地「芸予諸島」には、活動拠点として築いた「海城」群など、海賊たちの記憶が色濃く残っている。尾道・今治をつなぐ芸予諸島をゆけば、急流が渦巻くこの地の利を活かし、中世の瀬戸内海航路を支配した村上海賊の生きた姿を現代において体感できる。

日本遺産とは、文化庁が平成27年度から創設した制度で、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として認定するものです。ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、地域の活性化を図ります。
四国では「四国遍路」についで2件目の認定になります。昨年度は18件、本年度は19件が認定されました。

当館でも、これを記念し、歴史展示室(中世)に記念パネルを展示しました!
日本遺産記念パネル
右は来島村上氏の村上(来島)通総像、左は能島村上氏の村上景親像です(いずれも複製)。

当博物館では、これまでも村上海賊に関する調査研究を行い、現地での展示や普及啓発、文化財の保存に積極的に協力しているところです。

このたびの「日本遺産」認定を心からお祝いするとともに、これからも引き続き関係機関と連携しながら、調査研究の推進や情報発信に取り組み、地域活性化の支援に努めてまいります。

れんげまつりの帰りは「歴博」へ!

4月 28日 木曜日

「歴博」は、西予宇和ICから車で5分。今週末の4月29日(金)昭和の日、西予市では恒例の「れんげまつり」が開催されます。会場のれんげの花も咲きそろい、田んぼの中には稲わらでつくった巨大なマンモス像が立ち、準備も万端の様子。


れんげまつりの帰りには、ぜひ「歴博」にお立ち寄りください。ただ今、特別展「愛媛・お祭り博覧会2016」を開催中。

南予各地の牛鬼の顔の違いや、今も江戸時代の絵巻そのままにお練り行列が繰り広げられる吉田秋祭りの祭礼図と関羽が乗った実物の屋台を見比べたり、伊曾乃神社や別子銅山、松山祭りの江戸時代の祭礼図など、見られたことのない展示が目白押しです。

PS)今回が初ブログです。多忙な学芸員とはちょっと違った素人目線で、「歴博」の時々の様子をお伝えしようと思っています。

テーマ展「発掘 南予の遺跡 Part3-考古収蔵庫に眠る南予の宝-」の開幕!

 先日の4月23日(土)から “えひめいやしの南予博2016”の関連イベントとして「発掘 南予の遺跡 Part3-考古収蔵庫に眠る南予の宝-」と題したテーマ展が開幕いたしました。
 「発掘 南予の遺跡」展は、これまでにも平成18~19年度と同23~24年度に実施しており、本展が3回目の開催となりますが、今回は、当館が収蔵している発掘調査による出土品はもちろんのこと、これまで当館に寄贈・寄託いただいた南予地域関連の貴重な資料も展示しています。こうした考古資料を通して、南予地域の歴史を再発見していただければと思います。
また、昨年度に実施した考古資料相互活用促進事業で、東京国立博物館と奈良国立博物館へ貸出していた考古資料についてもあわせて展示していますので、是非、この機会にご鑑賞下さい。
本展は、考古展示室を会場にして、平成29年2月26日(日)まで開催しております。常設展示室の一部ですので、常設展示観覧料が必要(小中学生は無料)となりますが、ぜひ見にいらして下さい。

開幕!特別展「愛媛・お祭り博覧会2016」

4月 23日 土曜日

本日4月23日(土)、えひめいやしの南予博の広域コアイベント「愛媛・お祭り博覧会2016」がオープンしました。



展示室の入口の様子。伊方町小中浦の御車(人形屋台)や牛鬼がお客様を出迎えます。

こちらは東北地方と南予地方の鹿踊りの比較コーナーです。

東予地方の太鼓台の飾り幕や、西条のだんじり絵巻。

博物館エントランスホールには、松山市道後の神輿(大正時代製作)も展示しています。

会期は、6月12日(日)までとなっています。

週末やGWに南予方面にお出かけの際は、ぜひこの展示に足をお運びください。

【明日開幕】特別展「愛媛・お祭り博覧会2016」

4月 22日 金曜日

4月23日(土)開幕の特別展「愛媛・お祭り博覧会2016」。

南予の牛鬼も展示室に搬入されました。

右側が、松野町松丸の牛鬼。

左側が、愛南町岩水の牛鬼です。

いよいよ、明日オープンです!!

懐かしの鉄道写真大集合!

4月 10日 日曜日

当館では平成28年度特別展「TRAIN WORLD!」(7月16日~8月31日)に関連して、昨年11月より先月末まで高速化や電化をテーマとした写真を募集してきました。この間、県内はもとより、県外の方々からもご応募いただき、約60点の写真が集まりました。ご応募いただいた写真は、特別展の会期中展示させていただきますが、一足先に一部をご紹介します。ご応募いただいた皆さん、誠にありがとうございました。
なお、特別展の会期中に実施する関連講座も決定しました。7月23日(土)には四国旅客鉄道株式会社取締役会長 松田清宏氏に「国鉄・JR四国の高速化と電化(仮)」を、8月21日(日)には伊予鉄道株式会社取締役 中尾均氏に「伊予鉄道発達史(仮)」と題してご講演いただきます。そのほか、四国鉄道文化館へのバスツアーや子ども向けの鉄道工作もあります。ぜひ関連講座にもご応募下さい。夏は歴博で鉄道の世界へ!(歴史文化講座の詳細はこちら

急行うわじま 三秋信号所
昭和42~44年頃
場所:伊予市三秋  撮影:神野哲行氏 

ミカン輸送の臨時貨物列車
昭和55年
場所:新居浜市   撮影:河渕則彦氏

伊予長浜駅を通過する特急しおかぜ
昭和56年
場所:大洲市長浜  撮影:小川弘氏

エアコンがない時代の路面電車
昭和56年
場所:松山市南堀端 撮影:神野哲行氏

【特別展情報】現存最古?松山祭りの絵図

4月 5日 火曜日

特別展「愛媛・お祭り博覧会2016」での注目資料に「阿沼美神社祭礼神輿宮出之図」(個人蔵・当館保管)があります。「松山祭り」、神輿の鉢合わせの様子を描いたものとしては現在確認されている中では最も古いと思われる絵図です。

「松山祭り」は10月5~7日に行われ、特に7日の神輿の鉢合わせで知られます。江戸時代、松山藩では味酒神社(阿沼美神社)・湯月八幡宮(伊佐爾波神社)・正八幡宮(雄郡神社)の祭を三祭と呼んでいました。

本図は、四角と八角の神輿で知られる味酒神社祭礼の宮出し行列を描いた図です。手前の2体の神輿は、屋根と胴を締め、担ぎ棒に固定しており、鉢合わせ、舁き比べを描いた構図と見られます。神輿舁きは、浴衣姿にたすき掛け、頭には鉢巻を結んで、神輿を中心とした祭りの熱気が伝わる構図となっています。

その先に宮出し行列として先頭には、鉾3本と大台鉾1基に続いて弓・立傘・神職・徒士、さらに作り物が3基、傘(台)鉾が描かれています。境内には、幟がはためき、「奉献・味酒神社」と染め抜かれ、右端には祝福芸の三番叟万歳も描かれています。作成年代は人物像や味酒神社の幟などより、江戸時代末期の祭礼風景を明治時代になって描いたものと考えられます。

松山祭りを描いた絵画資料としては初出と思われ、断片的な文献資料を補足する存在として注目されます。今日、神輿の鉢合わせが知られる松山祭りですが、江戸から明治時代にかけて、多様な練り物を伴う城下町の祭礼行列であったことがうかがえます。しかし、近代における練り物の衰退により、現在の神輿に一元化され、松山の祭礼文化が作り上げられたものと考えられます。

本資料は、個人所蔵ではありますが、平成28年1月に当博物館に寄託となり、今回の展示が初公開となります。

展示期間は、4月23日(土)から6月12日(日)までとなります。

※この資料の調査、解説文執筆にあたりましては、森正康氏(松山東雲短期大学教授)に格別のご協力をいただきました。