2016 年 4 月 28 日 のアーカイブ

れんげまつりの帰りは「歴博」へ!

4月 28日 木曜日

「歴博」は、西予宇和ICから車で5分。今週末の4月29日(金)昭和の日、西予市では恒例の「れんげまつり」が開催されます。会場のれんげの花も咲きそろい、田んぼの中には稲わらでつくった巨大なマンモス像が立ち、準備も万端の様子。


れんげまつりの帰りには、ぜひ「歴博」にお立ち寄りください。ただ今、特別展「愛媛・お祭り博覧会2016」を開催中。

南予各地の牛鬼の顔の違いや、今も江戸時代の絵巻そのままにお練り行列が繰り広げられる吉田秋祭りの祭礼図と関羽が乗った実物の屋台を見比べたり、伊曾乃神社や別子銅山、松山祭りの江戸時代の祭礼図など、見られたことのない展示が目白押しです。

PS)今回が初ブログです。多忙な学芸員とはちょっと違った素人目線で、「歴博」の時々の様子をお伝えしようと思っています。

テーマ展「発掘 南予の遺跡 Part3-考古収蔵庫に眠る南予の宝-」の開幕!

 先日の4月23日(土)から “えひめいやしの南予博2016”の関連イベントとして「発掘 南予の遺跡 Part3-考古収蔵庫に眠る南予の宝-」と題したテーマ展が開幕いたしました。
 「発掘 南予の遺跡」展は、これまでにも平成18~19年度と同23~24年度に実施しており、本展が3回目の開催となりますが、今回は、当館が収蔵している発掘調査による出土品はもちろんのこと、これまで当館に寄贈・寄託いただいた南予地域関連の貴重な資料も展示しています。こうした考古資料を通して、南予地域の歴史を再発見していただければと思います。
また、昨年度に実施した考古資料相互活用促進事業で、東京国立博物館と奈良国立博物館へ貸出していた考古資料についてもあわせて展示していますので、是非、この機会にご鑑賞下さい。
本展は、考古展示室を会場にして、平成29年2月26日(日)まで開催しております。常設展示室の一部ですので、常設展示観覧料が必要(小中学生は無料)となりますが、ぜひ見にいらして下さい。