2017 年 12 月 6 日 のアーカイブ

「大型化する器台」テーマ展「大型器台とその時代」展示資料から②

12月 6日 水曜日

伊予の器台の変遷(松村さを里氏作成)

今回は「大型化する器台」についての解説です。
■型式分類
松村さを里氏の研究によりA~E型式の型式分類が行われています。
A型式-口径が30㎝以上で、胴部が鼓形をなすもの。吉備に由来する器台。
B型式-口径が15~20㎝の小型で、胴部が鼓形をなすもの。普通器台。
C型式-口径・器高が20㎝程度で、胴部が筒状をなすもの。縦長の普通器台。
D型式-口径・器高が30㎝以上の大型で、胴部が
筒状に長くのびる大型器台。法量によって次のD1型式とD2型式に区分される。
D1型式-口径30㎝程度、器高30㎝以上、胴部径11-14㎝程度のもの。
D2型式-口径35-50㎝、器高50-60㎝以上、胴部
径15-20㎝程度のもの。
E型式-口径・器高が30㎝以上の大型で、胴部が
エンタシス状に長くのびる大型器台。

大型器台は、胴部や口縁部に文様をもつA型式を基に生み出され、D型式→E型式と展開したものと想定できます。

大型化した器台(松山市福音小学校校内遺跡出土)

■どのように大型化したか
先の分類のD型式とE型式が伊予独自の「大型器台」として位置付けられます。

成立期 弥生時代後期前葉から中葉(約1900年前)にかけて大型器台D1型式が出現します。その後、より大型化し華やかな装飾を加えたD2型式、E型式へと発展しました。
発祥地 伊予では、約90例の大型器台が出土しており、松山平野がその分布の中心であり、発祥地であるといえる。また、その発祥地は松山平野の中でも道後城北(どうごじょうほく)遺跡群及び久米(くめ)遺跡群に求めることができます。
広がり 弥生時代後期後半から終末(約1800年前)にかけて大型器台は伊予から西部瀬戸内地域へと広がり、現在西部瀬戸内では約140例の大型器台の出土が確認されています。

大型化した器台が出土した松山市束本遺跡9次調査出土遺物

大型器台が出土した松山平野の弥生時代後期遺跡(松村さを里氏作成)

また、今回の展示の記念イベントとして、12月16日(土)に大分市教育委員会の坪根伸也氏をお招きして、愛媛大学名誉教授下條信行氏、愛媛県埋蔵文化財センターの松村さを里氏の三者による鼎談会(講演会(愛媛・大分交流講座))を開催いたします。多くの皆様にご参加いただければ幸いです。