2018 年 3 月 13 日 のアーカイブ

「れきはく友の会」で明浜を歩く

3月 13日 火曜日

3月11日(日)、歴博・友の会の現地研修会「四国西予ジオパーク巡り―明浜町編―」に参加してきました。
歴博を出発して野福峠を下っていくと、何やら作業をしている方が大勢。ちょうど3月25日(日)に開催される「野福峠桜まつり」の準備のため、地元の方が、のぼりを立てたり、草刈りをしたりしているところでした。今年は例年より、桜も早いみたいです。

我々がまず向かったのは、俵津文楽会館。「俵津文楽」は、浜田座長のお話によると、1852年に大阪から人形を買い入れ人形芝居を行ったのが起源とか。「菅原座」は、現在も会員が約30名(男女ほぼ同数)おり、大阪から三味線の師匠の方に来てもらったり、人形の頭の制作修行に徳島に行ったりしながら、保存継承されており、次は桜まつりの際に公演を行うとのこと。観覧料無料とのことなので、興味のある方はぜひ!

次に向かったのは、大早津海岸。ここには昔、石灰の工場があり、すぐ上の山から取れる石灰石を砕いて焼成し、セメント原料や肥料などとして遠く朝鮮半島まで持っていっていたとか。海岸には、その当時の積み出し設備の残骸や、石灰窯を復元したものがありました。

丘の上の歴史民俗資料館の玄関にあったのが、「ウド貝」。石灰岩層が海に入り、その岩にくっついて育つのが、このマテ貝の仲間。岩ごと大きなハンマーのようなもので割って採るしかないそうですが、お汁にすると、すごくおいいしいとか。

昼食後に向かったのが、狩浜の段々畑。石灰岩を丁寧に積んだ白い石垣は、山の上まで伸び、その景観はすごいの一言。
今回、案内いただいたのは、地元のジオガイドの方々。江戸時代は、イモや麦が作られ、明治になると、桑を植えて養蚕。戦後は、みかん畑に移り変わったそうです。まさに文化的景観の最たるものだと思います。公民館から説明を聴きながら、ゆっくり歩いて約2時間。心地よい一時でした。

「れきはく友の会」は、こんな楽しい現地学習会のほかに、少し遠くへの研修旅行(29年度は、高知城歴史博物館)や歴博の展示解説会などのご案内が来るほか、定期的なクラブ活動も行っています。年会費3千円ですが、十分モトが取れると思います。あなたも入ってみませんか?