2018 年 9 月 のアーカイブ

テーマ展「愛媛の近代都市」開幕!

9月 20日 木曜日

15日からテーマ展「愛媛の近代都市~松山・今治・宇和島を中心に~」(~平成31年1月27日)が開幕しました。特別展「古地図で楽しむ伊予」(~11月25日)との同時開幕です。特別展が近世の絵図を中心に村の姿を紹介するのに対して、テーマ展は近代の地図を中心に都市の姿を紹介します。
明治21(1888)年、市制が公布され、人口25,000人以上を「市」としました。市長は市会が内務大臣に推薦した者から天皇が裁可しました。市は「郡」に属さず、郡と対等に位置付けられました。明治23(1890)年、郡制が公布され、郡に官選の郡長と郡会議員がおかれました。選任市長と官選郡長は、内務大臣の意向を反映した人事という意味で内務省の末端組織でした。ここに町村-郡市-知事-内務大臣という構造ができました。現在でも地方自治法で町村は郡に属すことになっており、一郡一町になっても郡は消滅しません。郡は行政単位としていきているのです。
本展では、郡制が廃止される大正12(1923)年までに市制を施行した松山市(明治22年施行)・今治市(大正9年施行)・宇和島市(翌年施行)を取り上げました。例えば「松山市全図」(大正2年)からは交通の発達、武家地の再編、連隊の駐屯、道後温泉や松山城の観光化を知ることができます。また、「今治港図絵」(昭和9年)からは繊維工業の発達に加え、四国初の開港場として物流の盛んな都市となった様子が伝わります。「宇和島市街地図」(昭和8年)からは内港や須賀川の浚渫・埋立・付替によって市街地を確保しつつ、商業や行政機能を発揮していった姿を垣間見ることができます。都市地図から松山・今治・宇和島が、近代化を模索した軌跡をたどることができます。吉田初三郎が描いた松山や宇和島の資料も拡大して展示しています。ぜひ、特別展に続きテーマもご覧ください。

展示室入口 


展示室風景


「松山市全図」  


「宇和島市街地図」

古地図 ぞくぞく列品中!

9月 14日 金曜日

特別展「古地図で楽しむ伊予」の列品作業が着々と進んでおります!

今回は大型絵図を展示するために

巨大なマグネット板を新しく作成しました。

マグネットで古地図を固定するので

資料への負担が少なく安全に展示することができます。

古地図は折りたたんで保管されているので

開いたときは折りシワが強いのが難点。

それを慎重に伸ばしながら固定してきますが

折り目も古地図の重要な歴史なのです。

古地図がどのように折りたたまれていたのか・・・

何枚の紙が継ぎ合わされてできているのか・・・

古地図の折り目や継ぎ目にも注目して、じっくりご覧下さい。

第48回空襲・戦災を記録する会全国連絡会議で共催展実施

9月 13日 木曜日

去る8月24~26日、愛媛大学において第48回空襲・戦災を記録する会全国連絡会議松山大会が行われました。戦後73年がたち、戦争体験者・空襲体験者は少なくなりました。この大会では、戦争の悲惨さと平和の尊さを後世に伝えるため、全国各地から空襲・戦災を調査・記録している団体が集い、調査研究や活動成果などの発表が行われました。
 当館でもこの大会において学芸員が記念講演を行うとともに、松山大会実行委員会との共催展を行いました。3人の学芸員が展示の準備を行い、当館が収蔵する(1)空襲関係資料(焼夷弾の殻、消火手砂弾、メガホン、鉄兜、防空カバーなど)、(2)戦時下の子ども資料(軍艦の文鎮、ヘイタイ双六、国民学校の通知表、勤労動員の写真、ドイツ国旗であるハーケンクロイツのボタンが施された子ども服など)、(3)国防婦人会の資料(たすき、千人針、日の丸の旗、共同作業の写真、出征兵士祈願祭の写真など)を展示しました。
 展示は2日間で、目立つ場所ではありませんでしたが、それでも大会参加者約50名の方々にご覧いただきました。全国の方々が交流される場所において、小規模でも実行委員会と共催展を開催できたことは、新たな博物館活動の展開につながるものと思いました。

展示会場の風景

秋の特別展 準備中!

9月 9日 日曜日

9月15日(土)から始まる

秋の特別展「古地図で楽しむ伊予」の準備がはじまりました!

今日は展示室一番奥の高さ約5メートルの壁面に大型出力で作製した

「元禄伊予国絵図」「元禄伊予国絵図(宇和郡)」を

貼るという作業をおこないました。

「元禄伊予国絵図」は実物の約70%のサイズで

「元禄伊予国絵図(宇和郡)」は原寸大で作製しております。

写真は「元禄伊予国絵図(宇和郡)」を貼っているところ!

4分割で出力したものを慎重につなぎ合わせます。

なるべくシワがでないように調整し

約4時間かけて2点の古地図が完成しました!

人と比べるとこんなに大きいのです。

大迫力間違い有りません!

上の方は肉眼だとどうしても見にくくなりますので

双眼鏡やオペラグラスのご持参をオススメいたします。

ぜひ、江戸時代の伊予国の様子を間近にご覧ください。

また、テーマ展「愛媛の近代都市~松山・今治・宇和島を中心に~」も

9月15日よりはじまります!

お楽しみに!

特別展「古地図で楽しむ伊予」

テーマ展「愛媛の近代都市~松山・今治・宇和島を中心に~」

会期:9月15日(土)~11月25日(日)

関連講座は10月6日(土)から

関連イベントとワークショップは9月15日から始まります。

詳しくはHPをご覧下さい。

【参加者募集】内海清美先生ギャラリートーク

9月 6日 木曜日

弘法大師空海の生涯を紹介する歴博「密●空と海」。平成24年の開展から6年。9月15日(土)より空海の生涯の名場面を紹介する名場面展へと展示内容が一新されます。その展示のオープニングにあわせて、和紙彫塑家・ 内海清美氏に「密●空と海」の総合芸術としての魅力や制作に係るこぼれ話などを展示室内で内海氏本人による展示解説をしていただきます。 参加無料。事前申し込み不要です。

ギャラリートーク「和紙芸術による弘法大師空海の世界」

話し手:内海清美氏(和紙彫塑家)

日 時:平成30年9月15日[土]10:30~12:00

会場:新常設展示室