2019 年 4 月 のアーカイブ

テーマ展「瀬戸内の海人たち」関連講座のお知らせ

4月 24日 水曜日

宮ノ浦遺跡の遠景写真(上島町教育委員会・愛媛大学考古学研究室提供)

現在、考古展示室ではテーマ展「瀬戸内の海人(かいじん)たち」を開催中です。本展は、今年5月に開通20周年を迎える瀬戸内しまなみ海道に関連して、近年の芸予諸島及び周辺部の発掘調査成果及び研究成果について、紹介するものです。

関連事業として、5月19日(日)と6月1日(土)に考古講座を下記のとおり、開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

■考古講座

5月19日(日)13:30~15:00

槙林啓介氏(愛媛大学アジア古代産業考古学研究センター准教授)

「上島町宮ノ浦(みやんな)製塩遺跡と瀬戸内海人文化」

6月1日(土)13:30~15:00

谷若倫郎氏(瀬戸内海考古学研究会副代表)

「古代の瀬戸内海航路と津々浦々」

講座に参加ご希望の方は博物館までお申込みください。

新元号と万葉集

4月 2日 火曜日

昨日、新元号「令和」が発表されました。愛媛県歴史文化博物館では「令和」の出典である「万葉集」(江戸時代後期の版本)を所蔵しており、典拠部分の巻第五を、本日午前中に展示、列品しました。5月31日まで常設展示室(歴史展示室1)にて展示しています。

【速報】新元号「令和」の出典『万葉集』を展示します。

4月 1日 月曜日

万葉集巻第五

「平成」の次の元号が4月1日に発表され、新元号は「令和(れいわ)」に決まりました。

その出典は『万葉集』巻第五の「初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす」の「令」・「和」とのことです。

愛媛県歴史文化博物館は江戸時代後期に刊行された『万葉集』(奈良時代成立・文化2(1805)年板)を収蔵しており、この度、典拠部分である『万葉集』巻第五を、常設展示室(歴史展示室1)にて公開することとなりました。

展示期間は、平成31年4月2日午後から、令和元年5月31日までの予定です。