2019 年 6 月 28 日 のアーカイブ

松山市制130周年!

6月 28日 金曜日

明治21(1888)年4月25日「市制」が公布され、内務省は全国39ヵ所を指定しました。これにより次々と市制が施行されましたが、松山市の市制施行は翌22年12月15日。今年は松山市制130周年にあたります。今回紹介する資料は旧市街地100町を中心に誕生した松山市の地図です。現在の市域とくらべると、松山城を中心にごく狭い範囲であったことがわかります。よく見ると、兵営、裁判所、警察署などは見えますが、明治21年10月28日外側(現松山市駅)~三津間に開通した伊予鉄道は描かれていません。そのため、この地図は「市制」が公布された明治21年4月25日から伊予鉄道が開通する10月28日までに描かれたものと思われます。
市制当時の松山市は戸数7,519戸、人口32,916人。「市制」の標準人口である25,000人を大きく超えていました。明治23(1890)年、30人の市会議員(任期6年)が選挙され、松山藩士族で伊予鉄道社長・県会議長の小林信近(1842~1918)が議長に選ばれました。「市制」によると、市長(任期6年)は市会が推薦した3名の内から内務大臣が天皇に上奏し、天皇の裁可を経て選任されました。松山市会は市長候補に小林信近・土屋正蒙(温泉・風早・和気・久米郡長)・木村利武を選びましたが、小林と土屋が固辞したため、市会は内務大臣山県有朋に対して木村が最適との意見を添えて申請し、天皇の裁可を得ました。木村(1850~1914)は松山藩士族で、市会議員に選出されるとともに松山52国立銀行取締役をつとめていました。
4月1日、湊町4丁目の円光寺を仮庁舎として市役所が開庁しました。職員は書記6人、属22人、使丁10人。市長の年俸は500円(明治27年の国家公務員高等官初任給50円)、議員は名誉職でした。翌年出淵町~南堀端の753坪を買い入れ、明治25年に新庁舎の竣工式が行われました。市と町村は色々な面で異なりましたが、監督官庁の違いもその一例です。市は第1次に府県知事、第2次に内務大臣が監督するのに対して、町村は第1次に郡長、第2次に府県知事が監督しました。実質的に市は郡と対等に見なされたのです。以後愛媛県では大正時代まで松山市が唯一の市制都市でした。

愛媛県松山市之図


城山周辺(拡大)