2019 年 8 月 9 日 のアーカイブ

模擬原爆パンプキンと愛媛県

8月 9日 金曜日

昭和20年8月9日、長崎に原子爆弾が投下されました。6日の広島に続く2度目の投下でした。広島型原子爆弾はウランを原料とし、「リトルボーイ」(長さ3m、直径0.7m、重さ4t)と称されましたが、長崎型原子爆弾はプルトニウムを原料とし、「ファットマン」(長さ3.25m、直径1.52m、重さ4.5t)と称されました。
実は、アメリカは広島・長崎に原爆を投下する以前に、訓練として長崎型原爆と同形・同重量の模擬原爆(通称パンプキン)を投下していました。原爆を投下した際、投下したB29も150度急旋回をして危険空域から離脱する必要があったからです。7月20日~8月14日にかけて30都市にパンプキン49発が投下され、1,600人以上の死傷者が出ました。  
その中には愛媛の3都市が含まれています。7月24日に投下された新居浜市(2発)・西条市(1発)と8月8日に投下された宇和島市(1発)です。新居浜市の住友化学工場・同軽金属工場、西条市のクラレ西条(資料上は住友軽金属工場)、宇和島市の海軍航空隊(資料上は宇和島組立工場)に投下されました。
原子爆弾は広島・長崎だけの問題ではありません。愛媛県ともパンプキンを通じて深い関係があるのです。核兵器のことを身近な問題として考えてみましょう。

焦土と化した宇和島と海軍航空隊(昭和20年8月8日撮影) 加工データ当館蔵(黄字は加筆)/原資料アメリカ公文書館所蔵