「教員のための博物館の日 2018」開催報告

8月 18日 土曜日


8月17日(金)に今年も「教員のための博物館の日」を開催しました。参加者は小学校・聾学校・盲学校の教員、社会教育施設職員と様々な学校・職種の方にご参加いただきました。
10時~16時過ぎまでの長時間に亘り、貸出教材「れきハコ」を用いた実践講座やバックヤードの見学、各種体験講座など非常に内容の濃いものでしたが、参加いただいた方のアンケートには「教員が博物館の良さを体験する必要があると思いました。」や「実践された授業を紹介していただいたので、とてもわかりやすかったです。」という好感触のご意見が多数ありました。
この講座は、学校の先生方に博物館に足を運んでいただき、博物館のことをもっと知っていただく目的のものですが、また昨年とは違う「気づき」が担当した学芸員にもありました。