村上節太郎写真7 北条だんじりと子ども達(昭和10年代)

4月 11日 水曜日


 旧北条市(現松山市)の秋祭りは国津比古命(くにつひこのみこと)神社・鹿島神社を中心に行われ、「風早火事祭り」と称される。祭りの最初には「みそぎ」として神輿を海に浸したり、鹿島への櫂(かい)練りの船行列があったり、明星川の河口に神輿を投げ入れたりと、海に関係する行事が多いのも特徴である。

 「風早火事祭り」の名前は、数十台も出る「だんじり」と呼ばれる山車(だし)に、半鐘が吊るされており、それをカンカン鳴らす音に由来する。写真の「だんじり」も中央には太鼓を据え、その下に半鐘を吊す。屋根には数多くの「日の丸」の紙を垂らした笹を飾っている。これが北条だんじりの特徴である。現在、使用されているものに比べて小ぶりであり、年とともに北条だんじりが大型化したことを物語っている。

 東予地方や南予地方では、だんじりや太鼓台、牛鬼(うしおに)といった神輿(みこし)行列を引き立てる山車が見られるが、中予地方にはそういったものが少ない。ところが、中予でも旧北条市にはダンジリがあり、民俗的に今治地域との繋がりも見られ、旧北条市も中予文化と東予文化の中間地域と見ることができる。

※愛媛新聞連載「海と島に生きる」(平成19年1月18日掲載分)