歴史展示室1 展示替えしました!

10月 10日 日曜日

10月上旬に、常設展示室「愛媛のあけぼの」(歴史展示室1)の展示替えを行いましたのでお知らせします。

 今回、展示替えしたコーナーは「瀬戸内海の形成と愛媛県最古の人々(旧石器時代)」と「大和朝廷と伊予(古墳時代)」です。各コーナーでは、下記の当館保管資料を新たに展示しました。特に、伊予市上三谷出土三角縁神獣鏡は資料整理・報告のため、ながらく展示していなかった資料です。

また、先月までテーマ展「木村剛朗氏と西四国の先史文化」にて初公開しました愛南町和口遺跡採集旧石器についても、常設展示にてご覧いただけるようにしました。多くの方にご覧いただければ幸いです。

 ■展示替え資料

 <瀬戸内海の形成と愛媛県最古の人々(旧石器時代)>

  ・愛南町和口遺跡採集旧石器

<大和朝廷と伊予(古墳時代)>

  ・今治市高橋仏師4号墳出土遺物 

    ・伊予市上三谷出土三角縁獣文帯四神四獣鏡 

なお、常設展示していました下記の資料は、徳島市立考古資料館にて開催中の特別企画展「副葬品が語る古墳文化」(10/9~12/5)にて見学することができます。

 ・今治市相の谷1号墳出土鏡

・同別名一本松古墳出土鏡

・同高橋仏師1号墳出土遺物の一部

・伊予市猿ヶ谷2号墳出土遺物の一部

・四国中央市四ッ手山古墳出土遺物の一部