四国遍路展示室 展示替えしました!

1月 21日 木曜日

常設展示室「四国遍路」(民俗展示室3)の展示替えを実施しましたのでお知らせします。

今回、展示替えしたコーナーは「四国遍路の盛行」、「近現代の四国遍路」、「ミニ霊場」、「巡礼の歴史」。各コーナーでは、下記の館蔵資料を新たに展示しました。

■常設展示に加わった資料

<四国遍路の盛行>

・四国徧禮(へんろ)絵図(江戸時代)

・江戸時代のお遍路の所持品(納経帳、札挟み、四国中御宿入用控、四国順拝日付帳、文政11〈1828〉年)

<近現代の四国遍路>

・写真パネル「四国霊場第15番恩山寺」、「四国霊場第40番観自在寺」(『四国霊場名勝記』より、明治42〈1909〉年)

・戦前のお遍路の所持品(納経帳、納札、札箱、手甲、脚絆、さんや袋、記念写真、郵便葉書、昭和11〈1936〉年)

・講中札「永代大師講」(明治時代)

・講中札「千人講」

<ミニ霊場>

・『御府内八十八ヶ所道知るべ』

(慶応2〈1866〉年)

<巡礼の歴史>

・西国順礼道中絵図(江戸時代)

江戸時代に伊予国篠山道周辺で刷られた四国遍路絵図、明治後期の四国霊場の様子を記録した写真集『四国霊場名勝記』、江戸時代と昭和(戦前)のお遍路の所持品、四国八十八ヶ所霊場の巡拝を目的として結成された代参講の資料(講中札)、江戸時代の御府内 (江戸)に設けられた四国霊場の案内記、四国遍路に大きな影響を与えた西国三十三所巡礼の道中絵図など、貴重な資料を展示しました。この機会に多くの方にご覧いただければ幸いです。