【特別展情報】現存最古?松山祭りの絵図

4月 5日 火曜日

特別展「愛媛・お祭り博覧会2016」での注目資料に「阿沼美神社祭礼神輿宮出之図」(個人蔵・当館保管)があります。「松山祭り」、神輿の鉢合わせの様子を描いたものとしては現在確認されている中では最も古いと思われる絵図です。

「松山祭り」は10月5~7日に行われ、特に7日の神輿の鉢合わせで知られます。江戸時代、松山藩では味酒神社(阿沼美神社)・湯月八幡宮(伊佐爾波神社)・正八幡宮(雄郡神社)の祭を三祭と呼んでいました。

本図は、四角と八角の神輿で知られる味酒神社祭礼の宮出し行列を描いた図です。手前の2体の神輿は、屋根と胴を締め、担ぎ棒に固定しており、鉢合わせ、舁き比べを描いた構図と見られます。神輿舁きは、浴衣姿にたすき掛け、頭には鉢巻を結んで、神輿を中心とした祭りの熱気が伝わる構図となっています。

その先に宮出し行列として先頭には、鉾3本と大台鉾1基に続いて弓・立傘・神職・徒士、さらに作り物が3基、傘(台)鉾が描かれています。境内には、幟がはためき、「奉献・味酒神社」と染め抜かれ、右端には祝福芸の三番叟万歳も描かれています。作成年代は人物像や味酒神社の幟などより、江戸時代末期の祭礼風景を明治時代になって描いたものと考えられます。

松山祭りを描いた絵画資料としては初出と思われ、断片的な文献資料を補足する存在として注目されます。今日、神輿の鉢合わせが知られる松山祭りですが、江戸から明治時代にかけて、多様な練り物を伴う城下町の祭礼行列であったことがうかがえます。しかし、近代における練り物の衰退により、現在の神輿に一元化され、松山の祭礼文化が作り上げられたものと考えられます。

本資料は、個人所蔵ではありますが、平成28年1月に当博物館に寄託となり、今回の展示が初公開となります。

展示期間は、4月23日(土)から6月12日(日)までとなります。

※この資料の調査、解説文執筆にあたりましては、森正康氏(松山東雲短期大学教授)に格別のご協力をいただきました。