中国四国名所旧跡図27 阿州地蔵寺并奧院

4月 26日 水曜日

大鳴門の渦潮の雄大な景色を楽しんだ西丈は、阿波の札所を1番から順に廻り始めたものと思われる。このあたりは「阿波十里十ケ所」といわれる近距離に札所が集中している地域であるが、その中で西丈は5番札所の地蔵寺を描いている。

縁起によると、地蔵寺は弘法大師が嵯峨天皇の勅願で当地において勝軍地蔵を刻み、堂宇を建立したことに始まるとされている。また、「四国徧礼霊場記」(元禄2年刊)には、後宇多天皇の時代に、住持の定宥が熊野権現の霊託により地蔵尊を造立、その中に弘法大師作の小仏を奉納し、あわせて造立した阿弥陀と薬師を脇侍としたことが記されている。地蔵寺は古くから武将たちの信仰を集め、室町期に寺運が興隆、境内に多くの塔頭をもつ大寺院に成長したが、天正10(1582)年に長宗我部元親の兵火により焼失。江戸時代に入り、徳島藩主蜂須賀氏により再建されている。

西丈は地蔵寺を描いてはいるものの、むしろその目は、地蔵寺の北側の高台に位置する奧之院に注がれている。『阿波名所図会』(文化11年刊)には、このあたりに羅漢原という土地があり、宝暦の頃から願主が浄財を集めて、羅漢堂の広大な精舎を創建したとある。この羅漢堂が西丈の描く奧之院である。

2階建ての堂の両脇から回廊が伸びて、2棟の別棟へとつながっている。羅漢堂はこの3つの堂がセットで、ここを巡ることによって500体の羅漢像を参詣する仕掛けになっていた。「四国遍礼名所図会」(寛政12年)は、奧之院について「中尊釈迦如来、左弥勒菩薩、右大師、各大仏」と記し、西丈よりもさらに精密に羅漢堂を描写している。

羅漢堂については、先に記した『阿波名所図会』に描かれた挿絵も興味深い。中央の二階建て部分に大仏が鎮座し、右の建物には弘法大師坐像と思われるものが描かれている。回廊に部分は2段に五百羅漢が並んでいるが、『阿波名所図会』の挿絵は、建物の内部がわかるように透視して描く趣向になっている。

元禄8(1695)年、江戸の本所に羅漢寺が創建、その後享保11(1726)年までに本殿、東西羅漢堂、三匝堂(さんそうどう)などからなる大伽藍が完成している。そのうち、東西羅漢堂には、松雲元慶の造立した五百羅漢像が安置されているが、この羅漢堂は参詣者が定められた順路より堂内を歩き回ることで、羅漢像を拝観する仕掛けになっていたという。その後、『江戸名所図会』(天保年間)に羅漢寺は大きく取り上げられており、評判を呼んだ様子がうかがえる。地蔵寺奧之院の羅漢堂はそうした江戸での人気を知り、参詣者のために新たに付け加えられた要素なのかもしれない。そのインパクトは西丈にとっても大きかったようで、竜宮城にも見える不思議なこの建物を、札所よりも大きく描いてしまっている。