中国四国名所旧跡図33 阿州灌頂瀧

9月 14日 木曜日

西丈は正規の札所よりも、そこから少し外れた奧之院や番外霊場を好んだのか、そうした所にも積極的に足を伸ばしている。19番札所立江寺を参拝した後も、20番札所の鶴林寺には直接行かず、奧之院の慈眼寺に向かっている。谷川に沿って歩き、山に入っていくと、谷を隔てた向こうに雄大な滝が西丈を迎えた。灌頂ヶ滝である。

勝浦川の支流、藤谷川の上流部にあり、落差約80メートル。付近は古生界の泥岩のほか、塩基性海底火山噴出物と石灰岩が分布しているが、西丈は墨をにじませながら、滝周辺の岩肌を巧みに表現している。このモノトーンの色調の中に、赤く燃え上がる火の玉。滝の半ばに浮かんで見える火の玉の正体は?

灌頂ヶ滝は、四国山地東部の旭ヶ丸(1020m)を中心とする山なみ南面の水を集めて落下しているが、滝の半ばで岩に当たり霧散するため、晴天で風が吹くと虹となって輝いた。この虹を人々は「不動尊のご来迎」と称して拝んでいた。西丈は左下に「不動御朱光」と記しており、不動尊を虹ではなく、赤い光の中に見出している。元禄2(1689)年刊の『四国遍礼霊場記』には、「天晴日移る時火焔たち、此時不動明王降臨あり、故に不動の滝ともいふ」と記す。西丈はまさしくこのイメージで灌頂ヶ滝を描いている。

西丈は滝に感動したのか、和歌を書き留めている。

くわん頂の瀧に旭かさせはとそ不動表われもおなし灌頂
朝にさす影に不動も行水のあまりに我も垢をそゝかん

また、あわせて「栗林子猷」という人物の句も書き留めている。

焔なる汗を灌ん瀧の水