中国四国名所旧跡図35 阿州灌頂寺(慈眼寺)穴禅定

11月 30日 木曜日

20番札所鶴林寺の奧の院、慈眼寺の本堂からさらに600メートルほど奥山に入って行くと、観音堂と3間四方ばかりの浅い池中に弁天社の小さな祠があった。その背後には、所々に穴が開いた石灰岩質の岩山。西丈は『四国遍路道指南』が「ふしぎの峰」と記すこの奇怪な景観をダイナミックに表現している。

岩山を少し登った所には、細長い亀裂型の鍾乳洞が口を開けている。その開口部に行くには、そのままでは滑って登れないので、梯子がかけてあり、21段あがると辿り着くことができた。そして、そこからさらにもう一つの梯子を16段上が上がった所に小さな岩穴があり、蔵王権現を祀っていた。このあたりの岩は「皆石鍾乳に而白し」と記す旅日記もあるが、西丈の絵はそうした岩の質感もとらえている。

この鍾乳洞に入るのも修行の一つであった。貞享4(1687)年刊行の『四国遍路道指南』では「俗胎内くゞりといふ」とあるが、江戸時代中期の旅日記からは、修験道で高い山に登って行う修行である「禅定」の文字が使われるようになる。西丈も絵の脇に、現在も使われている「穴禅定」の文字を記している。

穴禅定に入る時には、慈眼寺から案内人が付き、寺で借りた白い帷子を着て入った。中は暗闇なので松明を灯したが、天保頃の松明代は1人前55文であった。地理学者として知られる古川古松軒の宝暦14(1764)年の「四国道之記」には、「岩穴の中へ数百歩入る事有り、必ず入るべからず」と記されている。実際に中に入った古松軒は、「中途より穴数も多く殊の外狭き難所ありて、大ひにこまることなり」と後悔したようで、その恐怖からかこの穴の中で亡くなった者もいたと記している。しかし、好奇心旺盛の西丈はもちろん岩穴に入ったようで、内部の様子をもう一枚のスケッチに遺している。

洞窟は、龍がのたうつように奥へ奥ヘと続いていく。その長さは、記録により21間、30間余り、34,5間と様々に記されているが、40~60メートルほどであろうか。松明を灯した案内の先達に随い、狭い所では身を左に右にしながらくぐり抜けていく。

西丈は洞窟内に様々な形状のものを描いているが、記録と一致しそうなのは、法螺貝、大師袈裟掛の石(仏旙に似たるもの数條垂下するもの)、両界曼荼羅、錫杖、三尊の阿弥陀如来、普賢菩薩、不動明王あたりであろうか。一番奧に「灌頂座」とあるが、これは弘法大師が護摩の秘法を修行したと伝えられる護摩檀のことであろう。行き詰まった所の8畳ぐらいの広さの空間に、自然石でできた護摩檀があり、戸帳石、花立、花皿、三重塔などがあったという。その手前に蛇が見えるのは、弘法大師が護摩により得度させたという大蛇と思われる。松明のわずかな明かりの中で見出した自然の奇蹟を、西丈はそのイメージのまま一気呵成に描き出している。

松浦武四郎は、鶴林寺奧の院を「海内無双の霊場」と記しているが、西丈も同じような感慨を持ったのか、この一帯だけで4枚のスケッチを描き残している。