ムササビが歴博にやってきた!

4月 25日 木曜日

ムササビが博物館にやってきた。山から降りてきたのでしょうか。

「万葉集」巻六にもムササビが山を降りてきた和歌があるので、館蔵の「万葉集」(文化2年板)、その部分を開いてみました。「ますらをの高円山(たかまどやま)に迫(せ)めたれば里に下り来るむささびぞこれ」。天平11年(739)、大伴坂上郎女の歌。聖武天皇が狩りをしたとき、小さい獣が迷い込み、武人がつかまえて天皇に献上する。その際に詠った歌です。ムササビは万葉仮名では「牟射佐妣」と表記されています。