南予の闘牛を知る2―闘牛の起源(世界の闘牛)―

5月 12日 土曜日


※写真は当館所蔵の闘牛大会取組表(昭和初期・宇和島和霊土俵)

闘牛には「牛対人」と「牛対牛」の2種類の形式があるが、南予地方をはじめ日本で「闘牛」という場合、すべて「牛対牛」形式の闘牛をいう。日本各地に様々な闘牛起源説が流布されているが、闘牛(という文化)は、結局、人間が勝手に日時と場所、さらには闘う相手を決めて行う牛の順位闘争であり、種内闘争のルールに則って行われる催し物と定義することができる。

それゆえに、闘牛の起源は、どこかで誰かが始めて広まったのではなく、自然発生説をとるのが最も無理がないとされる。しかし、牛を家畜とする飼育が行われていたのは、当然、現在闘牛が行われている地域ばかりではない。したがって、白然発生説は最も有力な説には違いないが、これだけでは説明しきれない部分が残る。

「牛対牛」形式の闘牛は古代のエジプトにも知られていたが、現在の分布状況を見ると、むしろ、インド、東南アジア、東アジアにまとまった分布を持つという特徴がある。こうした分布から、闘牛の2つの形式(「牛対人」、「牛対牛」)の違いは、より基本的には、アジア・ヨーロッパにおける生業(稲作・麦作)文化に関係があるのではないかという考え方がある。

つまり、「牛対人」の形式は、スペインなどヨーロッパ・地中海の麦作文化において発達し、そして「牛対牛」の形式は、日本をはじめ、アジアの水稲耕作文化において発達したというのである。

このように、「牛対牛」形式の闘牛文化の起源については、「牛の飼育」・「稲作」というキーワードも考えるヒントになりうる。南予の闘牛の習俗を追及することは、アジアの稲作文化の中での日本、そして愛媛・南予の位置付けにもつながるといえる。

参考文献:『南予地方の牛の突きあい習俗調査報告書』(愛媛県教育委員会発行・当館友の会販売)