大洲市新谷地区の史跡めぐり

1月 22日 火曜日

1月19日(土)、歴史文化講座の史跡めぐりが開催されました。テーマは「建築家・松村正恒の生誕地を訪ねる―大洲市新谷―」。講師は、長年、松村正恒の足跡の調査や顕彰に尽力されている岡崎直司さん。松村正恒は大洲市新谷出身で、国重要文化財に指定されている八幡浜市立日土小学校舎の建築などで知られています。

もともと松村家は新谷藩士の流れで、今回の史跡めぐりでは、松村の生誕地周辺を見学しました。新谷藩の陣屋跡、藩の評定所、謁見所で後、新谷県庁として使われた麟鳳閣(写真)
、新谷藩の金蔵、近代の大洲地方の経済、産業を支えた池田貫兵衛邸、そして松村正恒や新谷藩主の墓所のある法眼寺などを歩いてまわったり、新谷公民館の一室をお借りして、岡崎直司さんによる松村正恒の足跡スライド上映をしたり。

天候にも恵まれ、県内各地からの参加者のみなさんの満足度も高く、新谷地区には江戸時代、明治、大正、昭和と繁栄していたことを示す史跡がコンパクトに集中的に保存、活用されており、散策コースとしてすばらしい。近隣に住んでいても、じっくり見る機会ははじめてだった等々のご感想をいただきました。

※愛媛県歴史文化博物館では、このような歴史文化講座の史跡めぐりを年4回程度開催しています。また、博物館友の会でも年数回、現地見学会を行って、県内各地の博物館、資料館を見学したり、史跡見学をしたりしています。