南予の文楽(人形浄瑠璃)公演

4月 29日 金曜日

皆さんは、文楽(人形浄瑠璃)をご覧になったことがありますか?
「歴博」では、5月5日(木)こどもの日の午後、「えひめいやしの南予博2016」の一環として、南予の文楽(人形浄瑠璃)公演があります。

愛媛で文楽と言えば、内子座で毎年行われる文楽公演を思い浮かべられる方が多いかもしれませんが、南予には西予市三瓶町の朝日文楽、西予市明浜町の俵津文楽、大洲市肱川町の大谷文楽、鬼北町の鬼北文楽が今も伝承されており、朝日文楽、俵津文楽、大谷文楽は、昭和52年に県の無形民俗文化財に指定されています。

かく言う私も阿波の人形浄瑠璃のさわりを少し拝見したくらいで、恥ずかしながらきちんとした文楽公演を通しで観たことがないので、今回、文楽デビューをさせていただこうかと思っています。

三味線と太夫の語りに人形遣いが、三位一体となって表現される文楽。今回、実演いただく朝日文楽と俵津文楽は、それぞれ地元で、太夫、三味線、人形遣いの「三業」を演じれる方を育てておられるとのこと。まさに伝統文化の継承です。

下の写真は、お昼に館内のレストランに行った際、雑誌コーナーに何気なく置かれていた一冊。平成21年度に「歴博」で特別展を開催した際の図録でした。