「愛媛・災害の歴史に学ぶ」5 地震の時の唱えごと

2月 21日 火曜日

地震の予兆に関しては、一般にナマズが暴れると地震が起こると言われています。これは茨城県の鹿島神宮にある要石が、普段はナマズを押さえているが、手をゆるめると地震が起こるという伝説が江戸に広まり、鯰絵として絵画の主題になったり、文芸にも取り上げられたりして広まったものです。愛媛県内にも松山市の北条鹿島の鹿島神社境内に要石があり、事実かどうか疑問ではありますが、この石によって「風早地方では地震が少ない」と説明されています。

なお、江戸時代初期以前にはナマズではなく龍の仕業と考えられていました。江戸時代初期の「大日本国地震之図」を見ても日本列島を龍が取り囲んでいます。『増補大日本地震史料』によれば江戸時代以前の地震を「龍動」、「龍神動」と記す例もあります。地震災害も龍といった超自然的存在が原因と考えられていたのです。また、夜中にキジが鳴くと地震が来るというのも全国的に聞くことのできる予兆の言い伝えです。

さて、実際に地震が発生した時に、かつては地震が止むようにと唱え言をしていたといいます。全国的に見ると、地震の時の唱え言としては「マンザイラク(万歳楽)」があり、江戸時代から、危険な時や驚いた時に唱える厄除けの言葉として有名です。八幡浜市では、地震の時に「コウ、コウ」と叫んだといい、また大洲市でも同じく「コウ、コウ」と言うと地震が早く止むとされます(『大洲市誌』1972年)。これが今は途絶えた伝承かといえばそうではなく、平成26年、愛南町発行の『今語り継ぐ、愛南町の災害体験談』には昭和初期生まれの女性が体験談として語っています。

感覚としては、落雷の時に「クワバラ、クワバラ」と唱えるようなものでしょう。このクワバラは桑原のことで、菅原道真の所領の地名であり、道真が藤原氏により大宰府に左遷され、亡くなった後、都では度々落雷があったものの、この桑原には一度も雷が落ちなかったという言い伝えから、雷の鳴る時には「クワバラ、クワバラ」と言うようになったと『夏山雑談』に記されています。この唱え言は謡曲「道成寺」など、歌舞伎や狂言の台詞にも登場し、一般に広まったものです。大洲市のことわざで「麻畑と桑畑に雷は落ちぬ」といいますが、桑の木は比較的低いため、桑畑(桑原)には実際に雷が落ちる可能性が低いといえるのかもしれません。

話は戻って、地震の時に「コウ、コウ」と叫ぶ事例は高知県にもあります。これについては、坂本正夫氏が『とさのかぜ』19号(高知県文化環境部文化推進課、2001年)にて紹介しています。高知県中部では「カア、カア」、土佐清水市や宿毛市、大月町などの高知県西部では「コウ、コウ」と言うそうです。また仁淀川上流の吾北村や池川町などの山村では、地震は犬を怖がるのでコーコー(来い来い)と犬を呼ぶ真似をすれば地震がやむと言われています。『諺語大辞典』(有朋堂書店、1910年)には「地震ノ時ハカアカア、土佐の諺、地震の時は川を見よの意なりと云う」とあります。坂本氏によると、地震が発生したら、落ち着いて川の水の状態や海水面の変化などをよく観察し、山崩れや津波の来襲に気を付けるようにという科学性に富んだことわざとのことです。

八幡浜市等の「コウ、コウ」も「川、川」が訛ったものと思われますが、実際に地震が起こった場合は、冷静に周囲の状況を見て、行動することが大切だということを示唆しているといえます。

「愛媛・災害の歴史に学ぶ」4 土石流と天然ダム

2月 20日 月曜日

愛媛県は土砂災害の頻発する地域といえます。県内の土砂災害危険箇所は計15,190ヶ所(平成15年3月愛媛県公表)にのぼり、47都道府県の中で14番目に多いのです(註1)。土砂災害にはおおまかに分けて、①山に堆積した土砂や石などが集中豪雨による水とともに一気に流れ出してくる「土石流」(県内5,877ヶ所)、②緩やかな斜面で地下の粘土層などが地下水などによってゆっくりと動き出す「地すべり」(506ヶ所)、③斜面に水が浸み込んで弱くなって瞬時に崩れ落ちる「がけ崩れ」(急傾斜地崩壊、8,807ヶ所)があります。その中でも土石流に関する愛媛の代表事例を紹介します。

松山自動車道川内ICから約6キロ北東に位置する東温市松瀬川の音田という地区では、天明から寛政年間(1781~1801年)に皿ヶ森の南斜面が崩壊し、大規模な土石流が発生して音田の集落を呑みこみ、土砂が本谷川の流れをせき止め、天然ダムができたという言い伝えがあります。天然ダムは数日後に満水となり決壊しましたが、音田の約1キロ上流の五社神社付近まで水がきたものの、神社は湛水からはのがれたといいます。この地域には東西に中央構造線断層帯の川上断層が走っており、その断層の北側にあたる部分が崩落しています。

なお、愛媛県内には東予地方から伊予灘に抜ける形で中央構造線断層帯が通っていて、大地震発生の可能性が指摘されていますが、中央構造線断層帯の北側には、和泉層群と呼ばれる礫岩、砂岩、泥岩が堆積した地層があり、豪雨で崩れやすいとされています。これが四国中央市から新居浜市、西条市、東温市、松山市、砥部町、伊予市の東西に分布し、この音田の大崩壊も中央構造線断層帯とその北側の和泉層群で発生しています。地震を引き起こすだけではなく、特に北側では土砂災害が起こりやすいというのが中央構造線断層帯の恐ろしさといえます。

この音田の災害は「大崩壊(おおつえ)物語」として地元で語り継がれています(註2)。昔、音田の娘が雨滝神社に立ち寄った際に、渕に櫛を誤って落としました。ある夜、娘の家に櫛を持った青年が訪れ、毎夜、娘に会いに来る。娘は男の妖しさを感じ、男の肌を傷つけ、男は血を流しながら雨滝神社の渕に消えていきました。娘は身ごもっており、生まれた子は蛇でした。男は雨滝神社の渕の精だったのです。しかし子は皿ヶ森のふもとに葬られてしまいます。そのことを知った渕の精は龍となって七日七晩、豪雨を降らせました。そして皿ヶ森で山津波が起こり、民家が押しつぶされました。人々が龍神に祈願すると豪雨は止み、龍神の祠が建てられ、祀られたといいます。現在でも龍神の祠があり、その場所は土石流が流れ込み、天然ダムができた地点に近く、隣の桧原に天然ダムの水が流入しそうになった場所といわれています。

現在は穏やかな田園風景の広がる東温市山間部ですが、豪雨、土石流、天然ダムという過去の災害の記憶を伝説や祭祀という形で伝承してきた事例と言えます。

(註1)国土交通省ホームページ「都道府県別土砂災害危険箇所」http://www.mlit.go.jp/river/sabo/link20.htm
(註2)『川内町新誌』、『四国防災八十八話』

「愛媛・災害の歴史に学ぶ」3 周期的におこる南海地震

2月 17日 金曜日

静岡県沖から四国沖を震源として連動して発生するとされる「東海地震」(駿河湾から遠州灘)、「東南海地震」(遠州灘から紀伊半島沖)、「南海地震」(紀伊水道沖から四国沖)の3つの大地震を総称して「南海トラフ巨大地震」と呼んでいますが、過去をひも解くと、およそ100年から200年の間隔でこの種の地震が発生しています。

直近では、和歌山県潮岬南南西沖を震源とする南海地震が昭和21(1946)年12月21日に発生し、愛媛県内では26名の死者が出ています。その2年前の昭和19(1944)年12月7日に紀伊半島南東沖を震源とする東南海地震が発生し、双方の連動地震で犠牲者は全国で計2,500名以上とされています。

その前の南海トラフ地震は、昭和の約90年前、嘉永7(1854)年11月4日に東海、東南海地震が発生し、その32時間後の11月5日に南海地震が起きて、関東から九州までの広い範囲で大きな被害が出ています。この地震の直後に改元され、元号は「安政」となったため「安政地震」と呼ばれています。地震の規模は昭和南海地震がM8.0、安政南海地震はM8.4といわれ、安政の方が大きい地震規模で、揺れ、津波被害も昭和より甚大でした。

その安政よりも被害が甚大だったのが安政の約150年前、宝永4(1707)年10月4日の宝永地震です。東海、東南海、南海地震の3連動で発生し、地震規模はM8.6とされています。この時は伊予国(愛媛県内)でも津波による死者が南予地方を中心に20名近く出ています。『楽只堂年録』など幕府へ報告された死者数は5,000名余りで、実際にはさらに被害が大きかったと推定されています。

そして宝永の約100年前には、慶長9(1605)年12月16日に慶長地震が発生しています。この地震では津波被害が甚大で、房総半島から紀伊半島、四国にその記録が残っています。その前は慶長の約100年前、明応7(1498)年に発生し、さらに137年前の正平16(1361)年6月24日に正平南海地震が起っています。『太平記』によるとこの時は「雪湊」(徳島県由岐)で大津波によって1,700軒の家々が被害を受けたとされています。

その前となると、正平の263年前という長いブランクとなりますが、承徳3(1099)年正月24日に発生しています。この年は地震と疫病が頻発したので元号が「承徳」から「康和」に改元され、「康和地震」と称されています。土佐国(高知県)で千余町が海底となった、つまり地盤の沈降による海水流入が大規模に見られ、歴代南海地震でも同様の被害が見られます。

その康和の212年前の仁和3(887)年7月30日に仁和地震が起こり、近畿地方を中心に大きな被害が出ています。その仁和の203年前に発生した南海トラフ地震が、『日本書紀』に記された天武天皇13(684)年10月14日の白鳳地震となります。このように、文献史料からひも解くだけでも、古代から現代まで南海トラフを震源とする大地震がおよそ100年から200年の周期で起こっていることがわかるのです。

「八幡浜市若山の俵札」愛媛大学法文学部日本史研究室との合同調査3

2月 16日 木曜日

2月7・8日の二日間、当館所蔵の四国遍路関係資料(八幡浜市若山の「俵札」)の整理を愛媛大学法文学部日本史研究室と共同で行いました。

この調査は平成27年度から実施しているもので、今年度も胡光先生をはじめとする愛大日本史研究室の皆さん(二日間でのべ22名)が参加されました。

現在、整理中の俵札は、八幡浜市若山の民家の軒下に吊り下げられていたものです。俵札とは、お遍路さんからお接待の返礼として受け取った納札等を俵に詰めたものです。納め札には呪力があるとされ、納札を収納した俵を軒下や天井などに吊り下げて、家内安全を願う風習がありました。

今回の調査では、あらかじめ一枚ずつシートに入れた俵札のナンバリングとその大きさを計測し、そこに記されている文字情報(巡礼名称、願意、願主、年月などの)について解読した内容を調査票に記入しました。

今回確認した俵札の中には、文政9年(1826)~明治28年(1895)のものが確認できました。愛媛・四国・関西方面からの遍路のものが比較的多かったです。遠隔地では仙台、佐渡、茨城、長野からの遍路による納札も含まれていました。また、諸国を巡拝する六十六部廻国聖の納札、参拝した本尊の御影なども俵の中から見つかりました。

俵の中には数千枚もの俵札があると見られ、一枚ずつ解読する作業は時間を要します。まだ整理途中のため、俵札の詳細やその全体像については不明ですが、四国霊場43番明石寺と九州と四国を結ぶ玄関口である八幡浜港の中間地点である八幡浜市若山に残された俵札は、各時代の遍路をはじめとするさまざま巡礼者の生の記録であり、地域に伝わる巡礼研究資料としても注目されます。

当館と愛大日本史研究室との共同による俵札整理の様子

「愛媛・災害の歴史に学ぶ」2 南海トラフ巨大地震

2月 15日 水曜日

今後30年以内に70%程度の確率で発生すると予想される「南海トラフ巨大地震」。南海トラフの「トラフ」というのは、海底が溝状に細長くなっている場所のことです。水深7,000m以上のものを「海溝」と呼び、それよりも浅いものを「トラフ」と呼んでいます。このトラフ地形はプレートの沈み込みによってできたもので、地震の多発域となっています。

南海トラフは静岡県の駿河湾から御前崎沖を通って、和歌山県の潮岬沖、四国の室戸岬沖を越えて九州沖にまで達する海の溝であり、フィリピン海プレートが日本列島側のプレートの下にもぐり込むことで徐々にひずみが蓄積され、限界に達したところで元に戻ろうとして巨大地震が発生する。これが南海トラフ巨大地震の仕組みです。

さて、「南海トラフ巨大地震」イコール「南海地震」ではありません。「南海地震」は紀伊水道沖から四国南方沖を震源とする地震で、「南海トラフ巨大地震」のうちの一部です。駿河湾から遠州灘にかけて発生するのが「東海地震」、紀伊半島沖から遠州灘にかけての海域で発生するのが「東南海地震」。これら三つを総称している名称が「南海トラフ巨大地震」です。なぜこれが総称されているかというと、過去の地震では、この三つの地震が連動して発生しているからです。東海地震、東南海地震、南海地震の震源域で数時間から数年の間にほぼ同時期に三つの大きな地震が連動しています。

この東海、東南海、南海地震の連動は様々な史料から明らかになっていますが、その様子を物語る四国での史料を紹介します。高知県香南市香我美町の飛鳥神社にある地震津波碑です。この石碑には次のような内容が刻まれています。嘉永7(1854)年11月4日に地震があった。手結港の潮がひいて、ウナギがとれるほどだったと記され、これは南海地震ではなくて、その32時間前に発生した東海地震の地震、津波の様子になります。この時は東海に加え東南海の領域も震源域に入っていて、東海、東南海の同時発生とされています。そして碑には、翌日の11月5日に大地震があって、家も塀も崩れるなど被害の状況が刻まれています。これが南海地震(いわゆる安政南海地震)にあたります。まず11月4日に東海、東南海地震(М8.4)が起こって関東から近畿まで大きな被害が出て、その32時間後に南海地震(М8.4)がおこって西日本に大きな被害がでた時の様子を記したものといえます。これと同様の連動を示す史料は八幡浜市にも残されており、別稿で紹介する予定です。

ちなみに、昭和21(1946)年に発生した昭和南海地震での「連動」ですが、南海地震の2年前の昭和19(1944)年に東南海地震が発生しています。しかし東海地震は起こっていません。昭和の南海トラフ地震は、南海地震、東南海地震は発生しましたが、過去連動して発生していることが多い東海地震の震源域では大きな地震が起らずに空白域となっていて、プレートの沈み込みによるひずみが解消されていないとされています。このことから東海地震が発生するのではないかと1970年代以降、注目されてきたのです。

「愛媛・災害の歴史に学ぶ」1 古代の南海地震と伊予

2月 12日 日曜日

歴代の南海地震最古の文字記録『日本書紀』(愛媛県歴史文化博物館蔵)

古代の歴史書『日本書紀』の684年10月14日条に地震の記録が残っています。この『日本書紀』は律令国家が700年代前半に編さんした正式な国の歴史書なのですが、その中に南海地震の発生や四国での被害状況が記されています。

『日本書紀』天武天皇13(684)年10月壬辰条
壬辰。逮于人定、大地震。挙国男女叺唱、不知東西。則山崩河涌。諸国郡官舍及百姓倉屋。寺塔。神社。破壌之類、不可勝数。由是人民及六畜多死傷之。時伊予湯泉没而不出。土左国田苑五十余万頃。没為海。古老曰。若是地動未曾有也。是夕。有鳴声。如鼓聞于東方。有人曰。伊豆嶋西北二面。自然増益三百余丈。更為一嶋。則如鼓音者。神造是嶋響也。

この『日本書紀』の記述は、南海地震に関する文字記録としては最も古いものです。この7世紀後半は白鳳時代ともいわれ、一般にこの地震を「白鳳南海地震」と呼んでいます。この史料の前半部には、壬辰(10月14日)に「大地震」があり、国々の男女が叫び、山が崩れて河があふれて、国や郡の役所の建物や一般庶民の家、そして寺院や神社が破損した。そして人々や動物たちも死傷が多く、数えることができない、と記されています。

そして後半部には具体的な地名が出てきおり、「伊予温泉」が埋もれて湯が出なくなり、土佐国(現在の高知県)では田畑50万頃(しろ)が埋もれて海となったと書かれています。

実は、日本で最古とされる南海地震の文字史料にて、最初に出てくる地名は「伊予」(現在の愛媛県)なのです。「伊予温泉」と書かれていますが、これは今の松山市の道後温泉といわれています。道後温泉は、歴代の南海地震が起きるたびに必ず湯の涌出に支障がでています。ただその後に必ず復旧はしています。1ヶ月後に復旧する場合もありますし、3ヶ月後の場合もあります。近い将来、南海トラフ巨大地震が発生したときには、やはり道後の湯は止まる可能性は大きいことが過去の史料から推察できます。

そして『日本書紀』の記述では「伊予」の次に「土佐国」の被害が記されています。土佐国の田畑50万頃(約12平方キロ)が埋もれて海となるとあります。これは高知県の広い範囲が地盤沈下して、そこに海潮が入ってきて、そのまま陸地に戻らなくなったというのです。

684年当時の古老が「このような大地震は経験したことがない」とも語っているのですから、古代においても被害は未曽有のものだったいうことです。

この『日本書紀』は歴史的事実を書き記すと同時に、古代の神話も叙述されており、ここに紹介した白鳳南海地震の内容も「歴史的事実」、「神話世界の物語」のどちらなのだろうかという疑問があります。しかし、この記述のある天武天皇13(684)年当時は律令制の確立期でもあり、すでに国郡里制が定着し、被害状況は国司から朝廷に報告されるシステムができあがっています。つまり白鳳南海地震に関する確実な「歴史的事実」を語る史料として扱うべきものだといえるのです。

特別展「はに坊と行く!えひめの古墳探訪」開幕!

2月 11日 土曜日

本日、特別展「はに坊と行く!えひめの古墳探訪」が開幕しました!

本展では、愛媛県内の古墳を南予・中予・東予に分けて、24基の古墳を紹介するとともに、県内での古墳研究の始まりについても、W・ゴーランド氏(1842-1922年)・横地石太郎氏(1860-1944年)の業績を写真・古墳出土遺物とともに紹介しております。



また、当館のマスコットキャラクター「はに坊」(趣味は古墳めぐり)が展示資料を分かりやすく紹介するパネルもあります。
県内の古墳について、知っていただけるきっかけにしていただければ幸いです。

会期は4月9日までです。
皆様のご来館をお待ちしております。

特別展「はに坊と行く!えひめの古墳探訪」今週末から

2月 9日 木曜日

週末2月11日(土)から、特別展「はに坊と行く! えひめの古墳探訪」が始まります。現在、展示飾り付けの最終段階。ちょっと準備風景をのぞいてみましょう。
会場入ってすぐにあるのは、チラシにもある明治のお雇い外国人・ゴーランドが調査した今治市朝倉の古墳群。古墳内に写っている人物がちょっと気持ち悪いという声もありましたが、その正体は、明治の初めにゴーランドを案内した現地の人だと思われます。当時ですから、着物で草履ばきはごく普通だったのでは?

次のコーナーの主人公は、この写真の人物。さて、誰でしょう?? ヒントは、今年が生誕150年ということで、ミュージカルも今やっている明治の文豪の代表的小説に出てくる特徴的人物。そう『坊っちゃん』の赤シャツのモデルとなったと言われる横地石太郎氏。ちょうど漱石が松山中学に来た時に教頭だったので、そう言われているのですが、実は、この方、考古学者で、小説の赤シャツとは全くイメージが違って、県内の古墳の調査にも行かれています。詳しくは、ぜひ展示をご覧ください。
ここまでが、プロローグで、次から、南予、中予、東予の順に、代表的な古墳を、当館のマスコットキャラクター「はに坊」がご案内します。

今回の展示を見て、地元にある古墳に足を運んでみられてはいかがでしょうか。また、中学生の皆さんは、歴史学習の初めの方で出てくることなのですが、ぜひ本物の土器や埴輪なども見て、当時のくらしの様子をイメージしていただければ幸いです。
なお、2月10日(金)のNHKの「おひるのたまご」で、11:40頃から電話インタビューの形で紹介いただけるとのことです。
それも見ていただき、ご家族、学校団体、お友達同士で、ぜひ西予市にある歴博にお越しください。週末は天気が若干心配ですが、春はもうすぐそこまで来ていると思います。Coming Soon!

宇和の里は銀世界! でも歴博は通常営業しています

1月 24日 火曜日

昨日1月23日(月)は休館日。ただ、「いやしの南予博」のフォローアップ事業のテレビ番組ロケで、歴博の建物を背景に、レポーター役の松平定知さんがしゃべるシーンを撮影したいとの依頼が入っていました。昨日の朝の南予は雪で、大洲~西予宇和間が通行止めになるなど大変だったみたいですが、なんとかロケも無事できたとのこと。2月4日(土)の15時から「南予歴史回廊」ということで、南海放送でオンエアされる予定だそうです。
今朝も心配していましたが、松山から大洲までは、ほとんど雪のかけらもない状態。ただ、大洲の冨士山トンネルを出るといきなり路肩に雪が。大洲北只ICからは50キロ規制となっており、鳥坂トンネルを抜けると宇和盆地は完全に雪景色。ただ、道路は融雪剤の効果か全く問題なし。無事出勤することができました。
写真は、午前中の歴博の風景。中庭や屋根は真っ白ですが、天気予報によると、この雪も峠は過ぎた模様。歴博は通常どおり営業しています。
テーマ展「松山城下図屏風」と「没後50年永井刀専展」が今週末の1月29日(日)まで。先週の県政広報番組「愛顔のまちかど」(南海放送)でも、寺尾アナから紹介いただいておりましたが、まだご覧になっていない方は、ぜひ足をお運びください。今ならほぼ貸切状態でじっくり観ることができます。
2月11日(土)からの特別展「はに坊と行く! えひめの古墳探訪」は現在、展示資料借受けなどの最終段階。もうしばらくお待ちください。
それから2月21日(火)からは、恒例のテーマ展「おひなさま」が始まります。2月25日(土)・26日(日)には、毎年人気の十二単着付け体験などのイベントもあります。
今年は椿さんも2月の初めで、春が早いのではないかという予測もありますが、ぜひ早春の一日を、ご家族おそろいで歴博へお越しください。スタッフ一同お待ちしております。

れきはく新春公演「伊予万歳」

1月 3日 火曜日

十二の干支豊年踊り

伊予万歳(別府双葉会)

れきはく新春イベントとして、松山市無形民俗文化財「伊予万歳」の公演が行われました。出演団体は別府双葉会のみなさん。11名での上演。

約30分にわたって、会長の平野修さんが解説を交えながら「十二の干支豊年踊」、「花づくし」、「松づくし」の3演目を上演していただきました。

この別府双葉会の伊予万歳は、昭和45年の大阪での万国博覧会に出演したり、平成16年に天皇陛下古稀奉祝行事に招かれ、天皇、皇后両陛下の前で披露したこともあるなど、愛媛県内を代表する民俗芸能として知られています。

万歳はもともと正月の言祝ぎの芸能。観覧された方々の一年の幸せを約束するかのような華麗な舞、踊りでした。