片岡愛之助さん見物の駐車場に「歴博」はいかが?

5月 22日 日曜日

5月28日(土)、「歴博」のある西予市に、最近何かと話題の片岡愛之助さんがやってきます。15:30から卯之町の町並みで「お練り」があるそうですが、その駐車場として「歴博」はいかがでしょうか?

歴博から、卯之町の町並みまでは、博物館の裏手を抜けて徒歩10分弱。下りですし、天気が良ければ木もれ日の中をちょうどいい散歩コースかと思います。コジュケイが「チョットコイ、チョットコイ」と啼いているかもしれません。帰りは登りになるので、多少負荷がかかりますが、ミニ四国88か所や「俳句の径」と名付けられた宇和文化の里俳句フォーラム受賞作の句碑などを見ながらゆっくりと。

歴博でも、当日16:30から鹿踊りシンポジウムが開催されます。西予市城川町窪野の八ッ鹿踊りの実演のほか、東北地方から専門家を招いて、東北地方から伝わったとされる南予の鹿踊りの系譜などについてパネルディスカッションが繰り広げられる予定です。

さらにお時間があれば、当日は19:30まで開館時間を延長していますので、開催中の「愛媛・お祭り博覧会2016」をのぞいて帰ってください。獅子の形をした東北の鹿踊りの頭と南予各地の鹿踊りの頭を見比べて体感していただければ幸いです。

ムササビが入ってくる博物館

5月 20日 金曜日

「歴博」は、木々に囲まれた小高い山の中腹にあります。植栽も、春の桜から、サツキ、そして今はシャクナゲが正面玄関左手に紅紫の花をつけています。ただ、広い敷地を手入れするのはたいへん。毎朝スタッフの方が、ブロワーという機械を使って落ち葉を吹き飛ばしながら集めています。集めた落ち葉は良い肥料になるとか。

人の手が入っていない「自然のまま」では、人はきれいとは感じてくれません。昔、双海の若松進一さんがシーサイド公園をつくった後、毎朝5時に起きて海岸清掃をしてから出勤していたという話をふと思い出しました。

自然と言えば、先週、朝事務室に入ると、「レストランが荒らされている」と指定管理者のスタッフの方がバタバタと。しばらくして「犯人がわかりました。ムササビが入っていました」その後、大捕りものとなったようで「なんとか屋外に逃がしました」との報告が。自然の中にあるとは言え、ムササビが入ってくる博物館というのは、そうないのではないでしょうか、こんなことを「売り」にできないかと思った次第です。
昨日は、「ハチが入っている」という話も。自然とのつきあいもたいへんです。

歴史展示室1の銅鏡X線写真パネル追加

5月 13日 金曜日


先日、当館のX線透過撮影装置を確認していたところ、5年前の機器更新時に撮影した画像がありましたので展示パネルとして、この度、歴史展示室1の相の谷1号墳のコーナーに追加しました。
相の谷1号墳出土鏡二面については、過去のブログ12にて紹介しましたが、中国鏡の一種の画像鏡一面と国産の鏡(倭鏡)の一種である獣紋鏡(ダ龍鏡)一面です。

写真パネルでもわかるように、画像鏡は割れて出土し、2003~2004年度の保存処理の際に完形に復元したものです。割れ方を観察すると数箇所に力が加わって割れている状況がわかります。また、銘文の一部も見ることが可能です。
獣紋鏡はX線写真で観察すると、獣の形が簡略化されていることがわかります。このX線写真パネル(拡大)により、銅鏡の文様がより見やすくなったのではないかと思います。
当館では、県内の調査機関や市町教育委員会の依頼を受けて、X線透過写真撮影を行っています。今後も新しい発見があれば、紹介していきたいと思います。

祭りは文化!

5月 10日 火曜日

GW期間中は、ふだんとは違った客層でにぎわった「歴博」。5月3日は、開館前から玄関前に親子連れの行列。忍術集団「黒党」による忍術教室の整理券を求める人たちでした。3~5日は鎧武者に変身コーナーもあり小さなお子さんを連れた家族連れの姿が目立ちました。体験教室にはボランティアで宇和島南中高の女子生徒さんも大勢。5日の文楽公演では、御年90歳とはとても思えぬ張りのある浄瑠璃語りと若手の人形遣いたちとの見事なコラボ。8日には祭礼研究をされている佐藤秀之先生の講演に、西条からいかにも「祭り命」といった御一行が。
そうです。「歴博」では、ただ今特別展「愛媛・お祭り博覧会」を好評開催中。

まず入り口に置かれているのが、吉田秋祭りの練車(人形屋台)。搬入の際に立ち会いましたが、ふだん分解保管しているものを、指揮する方が次々と指示し、1時間ほどで組立て完了。そのつど組み立てることにより、若い人に引き継がれるというのは、まさに文化だと思いました。吉田秋祭りは、毎年11月3日文化の日に開催されます。江戸時代の絵巻に描かれたものと同じ「おねり」が続く様子はなかなか趣深いものです。

私も一昨年、文化庁の調査官と一緒に拝見しましたが、さすが吉田三万石、きちんとした祭り文化が残っています。現在、専門家も交えて調査研究が進められており、近い将来、国の無形文化財の指定を受ける日が来ると思われます。実は、本家の宇和島・宇和津彦神社の祭礼でも戦前までは同じようなお練り行列があったとのこと、今回展示されている祭礼図でご確認ください。

その隣にあるのが、伊方町小中浦の「御車」。中の人形は、牛若丸と弁慶。後ろの彫刻は、牛若丸の鞍馬での修行と凝っています。先日、伊方出身の方にこの話をしたら「伊方の秋祭りも、屋台、牛鬼、鹿踊りと全部そろってるんよ」と言われて、思わず「知らなかった~です」! 伊達文化恐るべし。知られていませんが、南予各地にそれぞれ祭り文化が継承されているのです。

考古展示室に土器パズル大集合!!

5月 1日 日曜日

昨年度のブログで、当館では“土器”や“埴輪”などの立体パズルを数多く持っていることを紹介いたしましたが、今回のテーマ展「発掘 南予の遺跡 Part3-考古収蔵庫に眠る南予の宝-」の会場には、そのうち6つの立体パズルを置いています。
その内訳は、縄文土器2つ、弥生土器1つ、鶏形埴輪1つ、近世陶磁器2つで、縄文時代~江戸時代における多様な立体パズルが一堂に揃っています。このなかには担当者も唸るほどの大変難しいパズルもありますので、ぜひ一度チャレンジしてみて下さい。

常設展示室(中世)の展示替え~村上海賊と現代の創作作品~

4月 30日 土曜日

昨日の記事で紹介したとおり、村上海賊に関するストーリーが「日本遺産」に認定されるなど、近年、村上氏をはじめとする瀬戸内海の海賊衆の歴史が高い注目を集めています。
村上海賊の活動の足跡は、現代の創作物にも影響を与えており、村上氏や瀬戸内海の海賊衆をモチーフにした多くの小説・コミックや映像などの作品が生み出されています。

今回の展示替えでは、いつもの歴史史料とは視点を変えて、展示室内にミニコーナーを設け、当博物館が制作に協力した、または当館に関連する以下の4作品を展示紹介しています。
村上氏と現代の創作作品

尼子騒兵衛氏作『落第忍者乱太郎』(朝日新聞出版)
忍者のタマゴたちが主人公のアニメ「忍たま乱太郎」の原作です。ギャグを基調としつつ、入念な時代考証により室町・戦国時代の世相を反映した世界観に貫かれています。作中に登場する「兵庫水軍」は、村上海賊がモデルで、その活動の実態が色濃く反映されています。乱太郎たちが船道具を持っている、第40巻の表紙を置いてみました。

「船中の四功 山立・鬼蜘蛛丸」(『落第忍者乱太郎』より)
尼子騒兵衛氏作・寄贈
『落第忍者乱太郎』作中に登場する「兵庫水軍」は村上海賊の活動をモデルとしており、本作は兵庫水軍のキャラクターの一人、鬼蜘蛛丸を描いたものです。山立(やまだち)とは航海の責任者を指します。2014年、当博物館での特別展開催を記念して制作・ご寄贈いただきました。
山立 鬼蜘蛛丸

和田竜氏作『村上海賊の娘』(新潮社)
和田竜氏による長編歴史小説。天正4年(1576)第一次木津川口合戦における能島村上氏の村上武吉の娘が描かれています。第35回吉川英治文学新人賞、第11回本屋大賞受賞。瀬戸内海の海賊衆に関する詳細な時代考証が施されており、多くの史料が小説に反映されています。

原作 和田竜氏・漫画 吉田史朗氏 作『村上海賊の娘』(小学館)
和田竜氏による長編歴史小説『村上海賊の娘』の漫画化作品です。当博物館は村上水軍博物館(今治市)とともに取材協力しており、当展示室で常設展示している戦国末期の小早や安宅船模型を資料の一つとし、軍船や船戦に関する緻密な描写がなされています。

本展示室では、戦国期の軍船「小早」「安宅船」模型をはじめ、海賊衆に関する歴史史料が数多く展示されています。
中世展示室(伊予の水軍)
今回新たに設けてみたミニコーナーとあわせてご覧いただくことで、それぞれの作品世界や、戦国期の瀬戸内海で躍動した村上海賊について理解を深めるきっかけとなれば幸いです。

南予の文楽(人形浄瑠璃)公演

4月 29日 金曜日

皆さんは、文楽(人形浄瑠璃)をご覧になったことがありますか?
「歴博」では、5月5日(木)こどもの日の午後、「えひめいやしの南予博2016」の一環として、南予の文楽(人形浄瑠璃)公演があります。

愛媛で文楽と言えば、内子座で毎年行われる文楽公演を思い浮かべられる方が多いかもしれませんが、南予には西予市三瓶町の朝日文楽、西予市明浜町の俵津文楽、大洲市肱川町の大谷文楽、鬼北町の鬼北文楽が今も伝承されており、朝日文楽、俵津文楽、大谷文楽は、昭和52年に県の無形民俗文化財に指定されています。

かく言う私も阿波の人形浄瑠璃のさわりを少し拝見したくらいで、恥ずかしながらきちんとした文楽公演を通しで観たことがないので、今回、文楽デビューをさせていただこうかと思っています。

三味線と太夫の語りに人形遣いが、三位一体となって表現される文楽。今回、実演いただく朝日文楽と俵津文楽は、それぞれ地元で、太夫、三味線、人形遣いの「三業」を演じれる方を育てておられるとのこと。まさに伝統文化の継承です。

下の写真は、お昼に館内のレストランに行った際、雑誌コーナーに何気なく置かれていた一冊。平成21年度に「歴博」で特別展を開催した際の図録でした。

祝!村上海賊に関するストーリー、「日本遺産」認定!

このほど、村上海賊に関するストーリーが、文化庁により「日本遺産」に認定されました。
(申請主体:今治市〔愛媛県〕・尾道市〔広島県〕)

“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-

 戦国時代、宣教師ルイス・フロイスをして“日本最大の海賊”と言わしめた「村上海賊」“MurakamiKAIZOKU”。理不尽に船を襲い、金品を略奪する「海賊」(パイレーツ)とは対照的に、村上海賊は掟に従って航海の安全を保障し、瀬戸内海の交易・流通の秩序を支える海上活動を生業とした。その本拠地「芸予諸島」には、活動拠点として築いた「海城」群など、海賊たちの記憶が色濃く残っている。尾道・今治をつなぐ芸予諸島をゆけば、急流が渦巻くこの地の利を活かし、中世の瀬戸内海航路を支配した村上海賊の生きた姿を現代において体感できる。

日本遺産とは、文化庁が平成27年度から創設した制度で、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(Japan Heritage)」として認定するものです。ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、地域の活性化を図ります。
四国では「四国遍路」についで2件目の認定になります。昨年度は18件、本年度は19件が認定されました。

当館でも、これを記念し、歴史展示室(中世)に記念パネルを展示しました!
日本遺産記念パネル
右は来島村上氏の村上(来島)通総像、左は能島村上氏の村上景親像です(いずれも複製)。

当博物館では、これまでも村上海賊に関する調査研究を行い、現地での展示や普及啓発、文化財の保存に積極的に協力しているところです。

このたびの「日本遺産」認定を心からお祝いするとともに、これからも引き続き関係機関と連携しながら、調査研究の推進や情報発信に取り組み、地域活性化の支援に努めてまいります。

れんげまつりの帰りは「歴博」へ!

4月 28日 木曜日

「歴博」は、西予宇和ICから車で5分。今週末の4月29日(金)昭和の日、西予市では恒例の「れんげまつり」が開催されます。会場のれんげの花も咲きそろい、田んぼの中には稲わらでつくった巨大なマンモス像が立ち、準備も万端の様子。


れんげまつりの帰りには、ぜひ「歴博」にお立ち寄りください。ただ今、特別展「愛媛・お祭り博覧会2016」を開催中。

南予各地の牛鬼の顔の違いや、今も江戸時代の絵巻そのままにお練り行列が繰り広げられる吉田秋祭りの祭礼図と関羽が乗った実物の屋台を見比べたり、伊曾乃神社や別子銅山、松山祭りの江戸時代の祭礼図など、見られたことのない展示が目白押しです。

PS)今回が初ブログです。多忙な学芸員とはちょっと違った素人目線で、「歴博」の時々の様子をお伝えしようと思っています。

テーマ展「発掘 南予の遺跡 Part3-考古収蔵庫に眠る南予の宝-」の開幕!

 先日の4月23日(土)から “えひめいやしの南予博2016”の関連イベントとして「発掘 南予の遺跡 Part3-考古収蔵庫に眠る南予の宝-」と題したテーマ展が開幕いたしました。
 「発掘 南予の遺跡」展は、これまでにも平成18~19年度と同23~24年度に実施しており、本展が3回目の開催となりますが、今回は、当館が収蔵している発掘調査による出土品はもちろんのこと、これまで当館に寄贈・寄託いただいた南予地域関連の貴重な資料も展示しています。こうした考古資料を通して、南予地域の歴史を再発見していただければと思います。
また、昨年度に実施した考古資料相互活用促進事業で、東京国立博物館と奈良国立博物館へ貸出していた考古資料についてもあわせて展示していますので、是非、この機会にご鑑賞下さい。
本展は、考古展示室を会場にして、平成29年2月26日(日)まで開催しております。常設展示室の一部ですので、常設展示観覧料が必要(小中学生は無料)となりますが、ぜひ見にいらして下さい。