特別展「昭和子ども図鑑」の展示作業

7月 8日 金曜日

史料を企画展示室に運びいれて、さあいよいよ展示作業が始まります。

この高い所に取り付けようとしている大きな看板も史料。今回史料をお借りした大阪の菓子卸売業最大手の株式会社山星屋さんが所蔵されているお菓子史料は3万点を超える膨大なもの。ありとあらゆるお菓子に関する史料が揃っていますが、その中でも大型なものの一つ。慎重に作業を進めます。

前回紹介した障子が入っている不思議な建物が、次々とお菓子のホウロウ看板で飾られていきます。この建物がどうなるのか、だんだん見えてきたように思います。

企画展示室の一番いい場所に不二家のアイドル、ペコちゃんを設置します。少しずつ展示室ができあがっていきます。