「高虎と嘉明」紀行11 -拝志城-

11月 8日 水曜日

今治城鉄御門前の産業道路を南へ向かい、蒼社川を渡ってさらに頓田川に差し掛かろうとする手前左側、現在ではショッピングセンターで賑わう場所、かつて、この周辺に高虎と嘉明が武力衝突寸前にまでいたった騒動の舞台、拝志城がありました。

拝志城跡付近(西方寺)

関ヶ原合戦の恩賞として伊予を二分した高虎と嘉明でしたが、その領域は西軍大名からの没収地を分割する形で加増されたため、特に東予では2人の領地が複雑に入り組むことになりました。
そうした中で、高虎は越智郡の領地に今治城を築き始めますが、実は嘉明との領地境界を間近に控える立地でした。城から南へわずか約3㎞しかない拝志城ですが、もうここは嘉明の領地でした。

関ヶ原合戦から4年後の慶長9(1604)年、当時今治を預かる藤堂高吉(高虎養子)が駿河の高虎のもとへ立てた使者が殺害されます。犯人は加藤領の拝志へ逃亡、今治からは探索の検使が派遣されますが、検使が拝志領内で犯人関係者(犯人自身もしくは逃亡幇助者、諸説あり)を成敗してしまいます。しかし、これを見た拝志の町衆は、今治(藤堂家)の者が拝志(加藤家)の者を切り捨てたと取り違え騒ぎになってしまいました。そのため、事情説明の使者が拝志へ立てられますが、加藤家家臣が拝志城門前にて使者の口上を聞くことなく問答無用で突き殺してしまいました。これに憤慨した今治藤堂家が派兵、あわや武力衝突かと思われましたが、間一髪のところで「公儀」を重んじて幕府の裁定に委ねる方向へ方針転換が図られ、藤堂勢は撤退していきました。

さて、皆さんならどちらをどう評価しますか?

結局、幕府は加藤家側に非があると決しました。拝志城を預かった加藤忠明(嘉明弟)は出家することになりましたが、お咎めのなかった藤堂家側でも、高虎は幕府沙汰になったことをはばかって高吉を蟄居としました。

騒動の顛末は、当事者高吉の子孫である名張藤堂家の記録にも詳しく記されています。特別展では、高吉の生涯をまとめた伝記「藤堂宮内少輔高吉一代之記」や、江戸時代前期の今治城下を描く中で「拝志古城之跡」も描き込まれた「今治城下絵図」を展示しています。

領地が錯綜する中で、境目の緊張が表面化した場所、それが拝志城だったのです。

特別展の詳細はこちら