2014年10月 のアーカイブ

どんぐり
2014年10月13日 月曜日

よい子のみなさんこんにちは。

歴史大好き!どんぐりです。

今日は、ワークショップではなく、体験イベントのご紹介です。

「縄文人にへんしん☆」

このように、鹿の毛皮でつくられた衣装を着ていただけるイベントです。

縄文時代の人々が、どのような衣服を着ていたのか・・・。

実はよくわかっていないのです。

衣服に用いられるような素材は、長い年月の間に腐って土にかえってしまいます。

漆などの入れ物につかっていたカゴのようなものが、

漆の効果で腐らずに残っていたり、

運よく、布と思われるものの断片がのこったりしていて、

縄文時代にどのような繊維の編み方があったのか?などについては

いくつかわかることもあります。

が、やはり衣服の全体での形や、色彩についてなどは、

やはり想像の域を超えないのです。

しかし、このように古代の人々の生活に密接に関わることは、

われわれ現代人もたいへんに興味の湧く分野ですし、

考古学の研究者のみならず、ファッション関係者など

いろんな方面からのアプローチが盛んな分野でもあります。

今回、われわれこども歴史館スタッフは、

縄文人が着ていたのでは?という衣服として、

常設展示室1のコーナーにある縄文人の模型も着用している

鹿の毛皮を用意しました。

縄文時代は、気温が上昇したり、狩りの技術が進歩した結果、

素早い動きで捕えにくかった鹿やイノシシなどを

捕まえ、食べることができるようになったと考えられています。

せっかく捕えた動物ですから、肉はもちろんのこと、

角や毛皮まで残すところなく利用したと考えられます。

真夏の時期には暑くて大変でしょうが、それ以外の時期であれば、

体温を保つためにもなかなかいい素材だったのではないでしょうか?

そんなことを考えながら、縄文人にへんしん☆してみませんか?

「縄文人にへんしん☆」

日時:特別展開催期間中の土・日・祝日9:00~17:30

場所:企画展示室前

参加費:特別展観覧券もしくは共通観覧券が必要

撮影自由です

はに坊
2014年10月12日 日曜日

よい子のみなさんこんにちは★

今日も元気なはに坊です♪

今日は台風の影響で、風がすごいので、

ボクの大好きなどんぐりの実が、落ちてしまわないかとっても心配なんだ。

でも、れきはくの中は、外の様子がうそのように静かだよ★

今日は作ったあとが、とっても楽しいイベントの紹介だよ♪

「ミニブーメランをつくろう」

見て~!見て~!

手のひらサイズのブーメランなんだ★

厚紙を切り出して、ブーメランの形をつくるよ♪

形は全部で6種類♪ 色もぬれちゃうんだ★

完成したら、こんな風に飛ばすんだって♪

ゆびではじいたり★

ストローではじいたり★

ちいさくても、飛び方は本格的!!!

ブーン♪と飛んでいって、くるっともどってくるよ★

スタッフのおにいさん・おねえさんも大興奮!!!

えっ????でも、ちょっとまっておにいさん・おねえさん!!!

どうしてれきはくで、ブーメランをつくるの~?

愛媛では今のところ事例がないそうだけど、縄文時代の遺跡からは、

狩りに使っていたブーメランが出土することがあるんだって!!!

縄文時代に使われていたブーメランは、鹿の角などで作られているみたい♪

厚紙でつくるブーメランだけど、

狩りをして生活していたころの気持ちがちょっとわかっちゃうかも★

ぜひ作りにきてね★

はに坊でした♪

日時:特別展会期中の土・日・祝日10:00~12:00/13:00~16:00

場所:こども歴史館

材料費:100円(友の会会員は1回無料)

きのこ
2014年10月11日 土曜日

よい子のみなさん、よい子だったみなさんこんにちは!

きのこです。

今日は、11月16日(日)に行われる、

第7回れきはく市・はに坊のどんぐりマルシェについての情報をお知らせいたします。

今年も、南予地方を中心に、たくさんの出展者にお集まりいただきました。

詳しい出展内容はこちらからご覧ください。

↓  ↓  ↓

出展者品名一覧

おいしいものやお気に入りのものを探しにきてくださいね。

お問い合わせ先:愛媛県歴史文化博物館 TEL:0894-62-6222

企画普及グループ れきはく市・はに坊のどんぐりマルシェ担当

ただし、今回の出展申し込みは、締め切られております。

こちらのお問い合わせにて出展の申し込みはお受けいたしかねますので、

ご協力をお願いいたします。

きのこ
2014年10月11日 土曜日

よい子のみなさんこんにちは!

きのこです。

今日は、私たちも大・大・だ~い好きな

キラキラつやつやした小物が作れるワークショップのご紹介です。

「読書の秋!キラつやレジンでしおりをつくろう」

好みの材料をレジンという透明樹脂で固めて、閉じ込め、

紫外線の出るランプで固めます。

そのパーツを組み立てて、ブックマーカー(しおり)をつくります。

自分の作ったキラつやしおりで、

秋の夜長、読書がもっともっと楽しくなっちゃうかも?

ぜひ作りにきてね。

日時:特別展会期中の土・日・祝日13:00~16:00

場所:こども歴史館

材料費:800円/1個(友の会会員は半額)

小さなパーツをたくさん取扱います。

小さなお子様をお持ちの方は、親子でのご参加をおすすめいたします。

どんぐり
2014年10月10日 金曜日

よい子のみなさんこんにちは!

歴史大好きどんぐりです!!!

れきはくでは、次の特別展に向けた準備が最終段階を迎えました。

先日は、ガラスケースに入る前の展示予定品を見て、

縄文時代について色々と想像をめぐらせてみました。

1万年も前の人々が、生活していた証拠の地名地名が、こうして目の前にあるということが、

本当にすごいことだなって思いました。みなさんもぜひ見てみてくださいね。

今日も、関連イベントのご紹介です。

「女神石マグネットをつくろう」

おゆまるという、熱湯で柔らかくなる樹脂を使って、

企画展示室に実際に展示されている展示品と、ほぼ同寸のマグネットを作成します。

上黒岩岩陰遺跡からは、13個の線刻礫(せんこくれき・線のきざまれた石)が出土しています。

長い髪や、腰みの、中には女性の乳房を描いたとされるものもあり、

これらの線刻礫はいつしか“女神石”と呼ばれるようになったのです。

女神石を何に使っていたのかについては、いろんな説があるけれども、

縄文時代の人々の生活の様子がわかる資料としては、石にきざまれた人物像は

全国でも例が少なく、とても貴重なものなんだって!!

小さな石にきざまれた、縄文人たちの思いに触れることができるこのイベント!

ぜひご参加ください!

日時:特別展会期中の土・日・祝日10:00~12:00

場所:こども歴史館

材料費:150円(友の会会員は1回無料)

材料が熱くなりますので、やけどに注意してご参加ください。