お正月遊び♪

どんぐり

今日は、平成23年1月2、3日にれきはくで実施する「お正月遊びめぐり」コーナーの設営を行いました。

遊びやすいコーナーをつくっています。ぜひ遊びに来てくださいね♪

さて、今日はお正月遊びについてちょっと紹介します。

今日、紹介するのは「かるた」です。

かるた」といえば、百人一首をすぐに思い浮かべることが多いと思いと思います。

なので「かるた」は「日本の伝統的な遊びだ!」と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし、「かるた」が日本に伝わったのは、日本の室町時代。おそよ400年くらい前になります。

しかも、今、伝わったと言ったように、日本に昔からあるものではなく、オランダからもたらされたものでした。

どうやらオランダ人が住んでいた長崎で流行った遊びのようです。

ただ、この「かるた」は賭け事として爆発的な人気を博します。

土佐(現高知県)の戦国大名・長宗我部元親が定めた法令には、「かるた」遊びを禁止する項目があります。

どうやら、賭け事として流行ったようで、純粋な遊びではなかったようです…。

今回、お正月遊びを調べて、驚いたことのひとつでした。

オランダからやってきたことなんて、日本人の誰もが忘れていることだと思いますが、

それだけ日本になじんだ遊びだと思うことにしましょう!

以上、お正月遊びの豆知識でした。

コメントをどうぞ