特別展「邪馬台国時代の伊予・四国」関連イベント 準備中

きのこ

みなさんこんにちは~!

きのこです。

こども歴史館スタッフは、今日もまた

はに坊に手伝ってもらいながら

次のイベントの準備を頑張っていますよ~。

私は、「ガラス玉ブレスレットをつくろう」を紹介します。

古代においてガラスは、今と違って大変貴重なものでした。

王さまクラスの人の墓から

副葬品(死者と一緒に葬られる品物)として出土することがあります。

材料の中に含まれる不純物を、取り除く技術がなかったため、

出来上がるガラス製品は色つきのものでした。

そんな古代のガラスに思いをはせながら、ブレスレットづくりの練習をしてみました。

はに坊とはに子さんが手伝ってくれました。

このはに子さん、レストラン&ミュージアムショップにいますよ。

(おうちに連れて帰りやすい、良心的な価格です。)

2色のビーズと1色のガラス玉を組み合わせて、

自由にゴムテグスにつないでいきます。

すべてつないだら、テグスのはしっこを縛って完成。

ゴムテグスなので、びよーんと伸びて、手につけることが出来ます。

ワークショップ当日は、用意されたキットのなかから好きなものを選べます。

男の子向けの色もたくさんありますので、お楽しみに。

関連イベントのチェックはこちらから

↓   ↓   ↓   ↓

http://www.i-rekihaku.jp/event/2011/1008/img/1008.pdf

きのこでした。

コメントをどうぞ