特別展「続・上黒岩岩陰遺跡とその時代」関連イベント

どんぐり

よい子のみなさんこんにちは!

歴史大好きどんぐりです!!!

れきはくでは、次の特別展に向けた準備が最終段階を迎えました。

先日は、ガラスケースに入る前の展示予定品を見て、

縄文時代について色々と想像をめぐらせてみました。

1万年も前の人々が、生活していた証拠の地名地名が、こうして目の前にあるということが、

本当にすごいことだなって思いました。みなさんもぜひ見てみてくださいね。

今日も、関連イベントのご紹介です。

「女神石マグネットをつくろう」

おゆまるという、熱湯で柔らかくなる樹脂を使って、

企画展示室に実際に展示されている展示品と、ほぼ同寸のマグネットを作成します。

上黒岩岩陰遺跡からは、13個の線刻礫(せんこくれき・線のきざまれた石)が出土しています。

長い髪や、腰みの、中には女性の乳房を描いたとされるものもあり、

これらの線刻礫はいつしか“女神石”と呼ばれるようになったのです。

女神石を何に使っていたのかについては、いろんな説があるけれども、

縄文時代の人々の生活の様子がわかる資料としては、石にきざまれた人物像は

全国でも例が少なく、とても貴重なものなんだって!!

小さな石にきざまれた、縄文人たちの思いに触れることができるこのイベント!

ぜひご参加ください!

日時:特別展会期中の土・日・祝日10:00~12:00

場所:こども歴史館

材料費:150円(友の会会員は1回無料)

材料が熱くなりますので、やけどに注意してご参加ください。

コメントをどうぞ