れきはく 花だより(3月part2)

どんぐり

こんにちは。どんぐりです。

今日は“春分の日”。

れきはくがある宇和町では、雨がふっています。

でも気温は高く、だいぶ過ごしやすくなってきました。

そんな春の陽気に誘われて、れきはくの花たちも咲き始めました。

まずは、菜の花。

昨年種まきをし、ようやく花がひらきました。

この菜の花たちは駐車場右手の斜面で見れますよ!

続きまして、アセビ。

アセビは、漢字で「馬酔木」と書きます。

この名前は『馬がこの木を食べると苦しむ』ということからついたようです。

しかし!!!

その名前の由来とは対照的にとても美しい色の花なのです!

 

 こども歴史館スタッフのお姉さんたちも、あまりの花のキレイさにうっとりしておりました。

きっと、昔、馬もこの花の美しさに酔ってしまったのでしょう・・・・・。

アセビは館の敷地内にある遊歩道沿いに咲いてます。

スタッフのお兄さんに聞いてみると、これから満開を迎えるようです。

是非見に来てくださいね。

コメントをどうぞ