愛媛県歴史文化博物館       お問い合わせ
歴博について フロア紹介 利用案内 交通アクセス
展示案内
特別展
テーマ展
常設展
展示スケジュール
トップ
 
テーマ展
「祭礼絵巻―描かれた南予の祭り―」
開催期間 平成28年4月23日[土]~6月12日[日]
開館時間 9:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
会場 文書展示室
休館日 4月25日、5月6日、9日、16日、23日、30日、6月7日
観覧料:
大人(高校生以上) 510円(410円)
65歳以上 260円(210円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

 特別展「愛媛・お祭り博覧会2016」関連展示として、常設展(文書展示室)でも祭り資料を公開します。「大洲八幡神社祭礼図」(初公開、江戸時代の大洲秋祭り図)、「八幡宮御祭礼画図」(初公開・県内現存最古の吉田秋祭り絵巻)や県外から借用する「宇和津彦神社祭礼絵巻」(里帰り展示・江戸時代の宇和島の祭礼絵巻)を公開し、江戸時代から戦前の愛媛各地の祭りの歴史・文化を紹介します。
主な展示資料

[初公開]
平成28年に所在確認された吉田秋祭り絵巻「吉田祭礼絵巻」 個人蔵

[里帰り展示]
江戸時代の宇和島の祭礼絵巻「宇和津彦神社絵巻(末広本)」 東京都個人蔵


“えひめいやしの南予博2016”関連テーマ展
「発掘 南予の遺跡Part3 ―考古収蔵庫に眠る南予の宝―」
開催期間 平成28年4月23日[土]~平成29年2月26日[日]
開館時間 9:00~17:30(展示室の入室は17:00まで)
会場 考古展示室
休館日 4月25日、5月6日、9日、16日、23日、30日、6月7日
観覧料:
大人(高校生以上) 510円(410円)
65歳以上 260円(210円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

 このたび、“えひめいやしの南予博2016”に関連して「発掘 南予の遺跡Part3 ―考古収蔵庫に眠る南予の宝―」と題したテーマ展を開催いたします。
 「発掘 南予の遺跡」展は、これまでにも平成18~19年度と23~24年度に2度実施しており、本展が3回目の開催となりますが、今回は、当館が収蔵している発掘調査による出土品はもちろんのこと、これまで当館に寄贈・寄託いただいた南予地域関連の資料も合わせて展示しております。こうした貴重な資料を通して、南予地域の歴史を再発見していただければ幸いです。
 また、一部展示スペースを設けて、昨年度に実施した考古資料相互活用促進事業において、東京国立博物館と奈良国立博物館へと貸出していた考古資料についても展示いたしておりますので、是非、この機会に合わせてご鑑賞下さい。
主な展示資料

東峰遺跡(伊予市)のAT下位出土石器群
後期旧石器時代
愛媛県教育委員会蔵/当館保管

ウラショウジ遺跡(八幡浜市)出土備前焼大甕※八幡浜市指定
16世紀
八幡浜市教育委員会蔵/当館寄託

上井遺跡(西予市)出土弥生土器
弥生時代後期
愛媛県教育委員会蔵/当館保管
(公財)愛媛県埋蔵文化財センター写

平城貝塚(愛南町)出土縄文土器
縄文時代後期
当館蔵
展示構成
導入部:考古収蔵庫に保管されている学芸員おすすめの一品
第1部:発掘 南予の遺跡Part3 ―考古収蔵庫に眠る南予の宝―
第2部:平成27年度相互貸借事業に伴い東京・奈良国立博物館で展示された出土品
主な展示遺跡
水戸森遺跡(内子町)、大洲城三之丸侍屋敷跡(大洲市)、ウラショウジ遺跡(八幡浜市)、上井遺跡(西予市)、板島城跡(宇和島市)、平城貝塚(愛南町)ほか多数
テーマ展関連考古講座
平成28年8月20日(土)
「鬼北町の考古学事情」幡上敬一氏(鬼北町教育委員会)
平成28年9月17日(土)
「縄文時代の祭祀遺構」犬飼徹夫氏(日本考古学協会会員)
※事前申込が必要です。
>> テーマ展関連考古講座のお申し込みはこちら


トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県歴史文化博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 MUSEUM of EHIME HISTORY and CULTURE. (JAPAN)