展示案内特別展・テーマ展 詳細

ロビー展「青谷弥生人がやって来た!」

 鳥取県では鳥取市の青谷上寺地遺跡(あおやかみじちいせき)で2000年に発掘された人骨を基に、弥生時代後期(約1800年前)の男性の顔が復元されました。2021年10月に復顔が公開されるやいなや、SNSなどで「誰かに似ている」と話題となり、そっくりさんや名前の募集がおこなわれました。
 そして2022年度、鳥取県の弥生時代・文化の魅力を全国に発信することを目的とした「とっとり弥生の王国プロモーション推進事業」の一環として、「青谷上寺朗(あおやかみじろう)」の復顔像の移動展示(ミュージアムキャラバン)を開催することになり、7月9日(土)から24日(日)まで、愛媛県歴史文化博物館のエントランスホールにやって来ます。この夏、弥生人に会いにきませんか。

展示概要

会場
愛媛県歴史文化博物館 エントランスホール
会期
2022年7月9日()~7月24日(
開館時間
午前9時~17時30分
観覧料
無料
休館日
7月11日(月)、7月19日(火)
開館日カレンダーをご確認ください。
展示資料
青谷弥生人(上寺朗)の復顔像、青谷上寺地遺跡出土品(レプリカ)、他
青谷弥生人復顔像
西暦2世紀頃の青谷上寺地遺跡周辺(CG)
現在の青谷上寺地遺跡周辺

関連講座

2022年7月24日()13:30~15:00

考古講座②
【とっとり弥生の王国プロモーション推進事業】

日本海を望む弥生の村と人々

講師 … 濵田 竜彦氏(鳥取県地域づくり推進部とっとり弥生の王国推進課)

講座の詳細・お申し込みはこちら

※新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、予定や内容に変更が生じる場合があります。

歴史文化講座の詳細はこちら

主催等

催:
鳥取県
催:
愛媛県歴史文化博物館