愛媛県歴史文化博物館       お問い合わせ
歴博について フロア紹介 利用案内 交通アクセス
展示案内
特別展
テーマ展
常設展
展示スケジュール
トップ
 
テーマ展
「愛媛の近代都市~松山・今治・宇和島を中心に~」
開催期間 平成30年9月15日[土] ~ 平成31年1月27日[日]
開館時間 9:00~17:30(展示室への入室は17:00まで)
会場 文書展示室
休館日 ・月曜日
(ただし第1月曜日は開館、翌火曜日が休館。
祝日及び振替休日にあたる場合は、直後の平日が休館。)
・年末年始
(平成30年12月26日~平成31年1月1日)
観覧料:常設展観覧券が必要
大人(高校生以上) 510円(410円)
65歳以上 260円(210円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

 近世の伊予を描いた絵図を展示する秋の特別展に関連して、県内の都市が近代化した姿を都市地図などから紹介します。明治21(1888)年に制定された市制(人口:25,000人)を近代都市の一つの指標とすると、松山市(明治23)が誕生後、今治市(大正9)と宇和島市(同10)が(市長は内務大臣の選任制度)、終戦までに八幡浜市(昭和10)・新居浜市(同12)・西条市(同16)が市制を施行しました。その背景には産業の発達、交通の発展、軍隊の設置、公共施設の建築など様々な分野における“近代化”が存在しました。例えば、「松山全図」(大正2)には、三津や高浜と道後を結ぶ鉄道、22連隊の兵舎が並ぶ堀ノ内、公園化された松山城、県庁や市役所などの官公庁、松山中学や師範学校が描かれています。また、「松山市職業分布図」(昭和15)には、市内に点在する様々な種類の商店が描かれ、活発な商業活動が行われていたことが窺われます。本展では松山・今治・宇和島を中心に、都市地図のほか吉田初三郎の鳥瞰図・絵葉書の写真パネルなども加え、近代化した県内の都市を視覚的に振り返ります。

主な展示資料
松山市
「愛媛県松山市之図」(明治23頃)
「松山全図」(大正2)
「松山市街図 付道後湯之町」(昭和11)
「松山市街図(松山市職業分布図)」(昭和15)
今治市
「今治港修築計画平面図」(大正12頃)
「今治市街全図」(昭和5)
「織物工場独案内 今治市全図」(昭和4)
「今治市上水道平面図」(昭和12)
宇和島市
「東宮殿下行啓紀念宇和島交通鳥瞰図」(大正12)
「最新 宇和島市街地図」(昭和10)
「大宇和島市街地図」(昭和8)
八幡浜市
「八幡浜大観」(昭和10頃)
「八幡浜市」(昭和14)


「いよの宇和島」
(昭和10年頃 当館蔵)

宇和島追手通り
(明治末~大正 当館蔵)

絵葉書「今治市築港桟橋」
(戦前 当館蔵)

今治港図絵
(昭和9年 当館蔵)

大松山道後湯ノ町立体図
(昭和13 当館蔵)

絵葉書 伊予鉄電本社・松山駅
(大正6年 当館蔵)




「切手・葉書コレクション」
開催期間 平成30年12月22日[土] ~ 平成31年1月27日[日]
開館時間 9:00~17:30(展示室への入室は17:00まで)
会場 企画展示室
開催期間中の休館日 12月26日[水]~1月1日[火]、8日[火]、15日[火]、21日[月]
観覧料:常設展観覧券が必要
大人(高校生以上) 510円(410円)
65歳以上 260円(210円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

 お正月と言えば年賀状。現在ではお年玉付き年賀葉書が一般的ですが、それは昭和24(1949)年から始まったものです。それまでは、官製葉書が年賀状として使用されていました。年賀状から切手や葉書に視点を広げると、様々な絵柄や消印があることに気付きます。本展では、1840年にイギリスで発行された世界初の切手や明治4(1871)年に発行された日本初の切手、昭和10(1935)年に発行された初の年賀切手のほか、来年は改元を予定しているので、消印にも注目します。昭和に改元される際、その繁忙さからか、本来はあり得ない大正16年の消印が押されている葉書なども展示します。これまで当館が収集してきた様々な切手や葉書をご覧ください。

展示構成
(1)世界初の切手
(2)日本発の切手
(3)年賀切手
(4)記念切手
(5)シリーズ切手(国宝・文化人・古典芸能・日本の歌・昔ばなし・近代美術・鉄道・アニメ)
(6)葉書
(7)改元と消印


大正16.1.1の消印が押された葉書
(当館蔵)

日本初のお年玉くじつき年賀はがき
(昭和24年発行 当館蔵)

日本初の年賀切手 渡辺崋山の「富士」
(昭和10年発行 当館蔵)
【日本初の切手 明治4年発行(当館蔵)】

48文切手

100文切手

200文切手

500文切手



「瀬戸内の海人たち」
開催期間 2019年1月19日[土] ~ 6月16日[日]
開館時間 9:00~17:30(展示室への入室は17:00まで)
会場 考古展示室
休館日 月曜日(但し、第一月曜日は開館、翌日休館・春休み期間中は無休) 年間休館日カレンダーはこちら
観覧料:常設展観覧券が必要
大人(高校生以上) 510円(410円)
65歳以上 260円(210円)
※中学生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

 近年の考古学的調査研究成果に基づき、弥生時代から古代の瀬戸内海に生きた人びとの生業及び海上交通について紹介します。芸予諸島を中心とした海人文化について学ぶ機会になれば幸いです。

展示構成
プロローグ 海人の記憶/Ⅰ章 海人の生業 魚を捕る/Ⅱ章 海人の生業 塩を作る/
Ⅲ章 船と海上交通/Ⅳ章 上島町宮ノ浦遺跡発掘調査速報/エピローグ 瀬戸内の海人の再評価にむけて
主な展示資料
四国中央市上分西遺跡出土九州型石錘(愛媛県教育委員会蔵) ※画像1
今治市糸大谷遺跡出土土錘(愛媛県教育委員会蔵)
「漁業旧慣調べ」部分(写真)(愛媛県立図書館蔵)
今治市多々羅遺跡出土製塩土器(愛媛県教育委員会蔵) ※画像2
今治市新谷森ノ前遺跡出土絵画土器((公財)愛媛県埋蔵文化財センター蔵)
今治市火内遺跡出土祭祀遺物(愛媛県教育委員会蔵/当館保管) ※画像3
今治市糸大谷1号墳出土遺物(愛媛県教育委員会蔵)

※画像1 ((公財)愛媛県埋蔵文化財センター提供)

※画像2 ((公財)愛媛県埋蔵文化財センター提供)

※画像3

関連講座
考古講座
開催日時・場所 講座名・講師
平成31年2月16日[
13:30~15:00
第1・2研修室
テーマ展「瀬戸内の海人たち」のみどころ
冨田 尚夫(当館専門学芸員)
※事前申し込みが必要です。詳しくは博物館までご連絡ください。
>>お申し込みはこちら



トップ
このページの先頭へ

このホームページに含まれるデータは愛媛県歴史文化博物館が著作権を保有しています。掲載情報の許可無き転載を禁止します。
All Rights Reserved Copyright © 2009 MUSEUM of EHIME HISTORY and CULTURE. (JAPAN)